現在の位置

平成25年12月定例会閉会に当たってのあいさつ

平成25年12月19日、平成25年12月高槻市議会定例会の閉会に当たって、濱田市長が本会議場で述べた内容です

 

閉会に当たりまして、一言、ご挨拶を申し上げます。

本定例会は、11月29日の開会以来、本日に至るまで21日間にわたり開催されてまいりました。

 

議員各位におかれましては、ご提案申し上げました各議案に対しまして、審議を経て、それぞれに適切なご決定をいただきました。

また、平成24年度各会計の決算等につきましても、それぞれご認定をいただき、誠にありがとうございました。

 

今議会や、先の決算審査特別委員会の審議において、議員各位から頂戴しましたご意見、ご指摘等につきましては、今後、その対応に十分に留意しながら、市政運営に取り組んでまいります。

 

ここで高槻クリーンセンター第一工場を更新する「高槻市ごみ処理施設建設工事」の入札について、ご報告をいたします。

 

当該工事の入札につきましては、本年7月5日に、総合評価一般競争入札の公告を行い、進めてまいりましたが、今月11日までに、すべての入札参加者から辞退届が提出されたことにより、当該入札は中止となりました。

今後につきましては、状況把握に努めるとともに、国・府とも協議しながら再度の入札実施について検討してまいります。

 

以上で行政報告を終わらせていただきます。

 

さて、本年は、本市にとりましては市制施行70周年、中核市移行10周年という節目の年であり、私にとりましては、市長就任後3年目という折り返しの年でもありました。私は、本市の良き伝統を守りつつ、高槻の更なる発展の礎を築かなくてはならないとの強い思いで、「関西中央都市」と呼ぶにふさわしいまちづくりを一層推進するべく、全力で取り組んでまいりました。

今年も残り少なくなりましたが、ここで、本市における印象的な出来事を振り返ってみたいと思います。

 

市制施行70周年、中核市移行10周年の記念すべき年にあたる本年は、記念セレモニーを開催したほか、本市出身のミュージシャン、槙原敬之さんのコンサートやOSK日本歌劇団による公演「義の人~高山右近伝」、今月22日に開催予定の歴史シンポジウム「中臣(藤原)鎌足と阿武山古墳」、今月23日まで、今城塚古代歴史館で開催されている文化庁・宮内庁・本市など主催の「発掘された日本列島2013」展など、1年を通じて、本市の文化・芸術に縁のある多種多様な記念事業を実施してまいりました。

 

特に、10月13日に開催しました記念セレモニーでは、第1部で、これまで本市市政に功労のあった個人・団体の皆さまに感謝状を贈呈させていただくとともに、第2部の「安満遺跡青銅祭」では、約400人の市民の皆さまにご参加いただき、映像とダンスで弥生時代の高槻を表現した舞台で、記念すべき市制施行70周年の節目のセレモニーを、大いに盛り上げていただきました。

 

このほか、50CC以下の原動機付自転車のオリジナルナンバープレート、日本郵便株式会社とのタイアップによる記念切手の発行など、記念事業ならではの取組も実施しました。

 

また、同じく記念事業の一つとして、今夏()8月に予定しておりました本市で初めてとなる、全市域・全市民を対象とした高槻市全域大防災訓練は、気象警報の発令により、市民参加の避難所訓練などは中止いたしましたが、庁舎内で災害対応の図上訓練を実施しました。

 

加えて、市民の皆さまの自助の力を高めていただくために、市内全戸へ「たかつき防災ノート」を配布したほか、災害時の危機管理体制の強化を図るため、本年は姉妹都市の島根県益田市・福井県若狭町、近隣4市1町と災害時相互応援協定を締結したことをはじめ、医師会・歯科医師会・薬剤師会とは、災害時の医療救護協定を、さらには市内の3つの企業等とは、防災協定を締結しました。

 

これらの取組により、安全・安心なまちづくりのための着実な体制の強化を図っており、今後も防災・減災に向けて引き続き全力をあげて取り組んでまいります。

 

なお、大防災訓練につきましては、来月26日(日)午前10時から再実施する予定としております。この訓練を契機として、改めて自助、共助、公助それぞれの役割を認識し、いざという時に備え、防災意識を高めていただくためにも、市民の皆様方におかれましては、積極的にご参加いただきますようお願い申し上げます。

 

最後に、本年は、本市の持つ優位性や魅力を市内外に積極的に発信することにより、定住人口などを増加させることを目的とした、高槻営業戦略を一層推進した年でもありました。

 

本年1月には、「あれもこれもが叶う街、高槻に住もう! どっちもたかつき」をキャッチフレーズとして、市内外へPRするため、阪急電鉄に中刷り広告を掲出するとともに、市ホームページ上に定住促進特設サイト「たかつきウェルカムサイト」をオープンさせました。

また、本市の住みやすさを表現するプロモーションムービーを制作し、市ホームページや近隣市の映画館にて公開するなど、都市と自然など、二面性の魅力をバランス良く合わせ持つ、本市の暮らしやすさを、広くPRするための取組を進めています。

 

併せて、定住人口を増加させるための取組として、3世代同居・近居を支援するための「3世代ファミリー定住支援事業」や市内に社宅を新たに整備する企業に対して、その費用の一部を補助する制度を創設するなど、新たな取組も進めながら、定住人口の増加に努めてまいりました。

 

以上、私の印象に残りました、本市における主な事項をいくつか述べてまいりました。

来年は、私にとりまして市長就任4年目となります。来年も引き続き「住みやすさナンバーワン」を実感していただけるまちづくりを目指し、市政運営を行ってまいりますので、よろしくお願いいたします。

 

最後になりましたが、議員の皆さま方におかれましては、この1年、市政発展のため、大変お世話になり、誠にありがとうございました。

健康には十分ご留意いただき、引き続き、ご活躍いただきますとともに、ご指導、ご支援を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

あわせて、議員の皆さま、市民の皆さまにおかれましては、ご家族ともども良き新年を迎えられますよう、ご祈念申し上げまして、閉会に当たりましての、ご挨拶とさせていただきます。

お問い合わせ先
高槻市 総合戦略部 政策経営室
高槻市役所 本館3階
電話番号:072-674-7392
FAX番号:072-674-7384
お問い合わせフォーム(パソコン・スマートフォン用
※フォームでのお問い合わせは回答までに日数をいただく場合があります。
お急ぎの場合は必ずお電話でお問い合わせください。

高槻に住もう!たかつき ウェルカムサイト 定住促進特設サイト

議会でのあいさつ

ページの先頭へもどる