現在の位置

業務精査

簡素で効率的な行財政運営と持続可能な自治体運営の確保を図り、真に必要な市民サービスの提供とその充実を図るため、平成19年度から22年度にかけて、市の全ての業務である784事務事業(当時)に対し、「業務精査」の取組を行いました。

「業務精査」は、事務事業の今後のあり方について、そもそも市が関与する必要性や妥当性があるのか、市が実施主体となる必要があるのかといった評価により、見直しなどの課題を抽出し、検討の方向性を示したものです。その結果は、行財政改革大綱実施計画の取組対象項目とするなど、所管部局による見直しに活用しています。

ページの先頭へもどる