現在の位置

令和2年3月定例会開会に当たってのあいさつ

令和2年2月27日、令和2年3月高槻市議会定例会の開会に当たって、濱田市長が本会議場で述べた内容です

開会に当たりまして、一言、御挨拶を申し上げます。

今議会において、後ほど私の施政方針につきまして、御説明させていただくお時間を頂戴いたしますが、これに先立ちまして、閉会中における行政上の主要な事項につきまして、御報告をいたします。

 

まず始めに、新型コロナウイルス感染症への対応について、御報告いたします。

先月28日、新型コロナウイルス関連肺炎を指定感染症に指定する閣議決定が行われたことを受け、同日、市民への正確な情報提供や今後の総合的対策を行うため、健康危機管理対策本部を設置しました。

翌29日には電話相談窓口を、今月4日には帰国者・接触者相談センターを、それぞれ保健所内に設置し、新型コロナウイルス感染症についての相談対応などを行っています。

また、今月19日、大阪府から3月20日までの1か月間、原則として、府主催イベントの開催を中止するとの方針が示され、府内市町村に対しても同様の対応依頼がありました。府からの依頼を受け、本市におきましても主催事業を原則中止または延期とするなどの対応方針を決定し、ホームページなどで周知を図るとともに、関係団体にも方針の趣旨について理解を求めているところです。

今後も引き続き、国や大阪府、医療機関等と連携し、感染拡大防止や市民の不安軽減を図ってまいります。

 

次に、今月1日、福岡県八女市と包括連携協定を締結いたしましたので、御報告いたします。

協定は、約1,500年前からつながりを有している両市の歴史文化を通じた交流に加え、観光振興、災害時の相互応援などを目的としたもので、今後、それぞれの地域資源をいかした交流を進め、地域文化や観光の振興などを図るとともに、災害時により強固な応援協力ができるよう連携を深めてまいります。

 

次に、今月21日、高槻警察署と「防災行政無線を活用した犯罪発生情報の提供に関する覚書」を締結いたしましたので、御報告いたします。

覚書は、緊急かつ重大な事件が発生した場合に、防災行政無線を利用し、市民に対し犯罪発生情報の提供と注意喚起を行うことを目的としたもので、今回の締結を契機として、同警察署との連携を深め、安全・安心なまちづくりに努めてまいります。

次に、今月25日、株式会社建設技術研究所と「自動運転技術等の先進技術を踏まえた交通まちづくりの在り方研究に係る連携協定」を締結いたしましたので、御報告いたします。

協定は、近年、自動運転などの先進技術の開発が進んでいることを踏まえ、市営バスにおける自動運転等先進技術の導入可能性などを含め、本市における交通まちづくりの在り方について、共同で研究することを目的としたもので、今後、本協定に基づき、自動運転等の実用化に向けて研究を進めます。

 

次に、高槻警察署の建て替えに向けた取組について、御報告いたします。

同警察署の建て替えの候補地として、昨年6月、大阪府に川西南住宅跡地を提案しておりましたが、その後、三島救命救急センター及び高槻島本夜間休日応急診療所の敷地について、市として活用が可能となったことから、先日、より利便性の高い当該地を大阪府に提案し、早期の建て替えを検討いただくよう要望したところです。

本市といたしましては、今後、大阪府における検討状況を注視してまいります。

 

次に、訴訟事件について、御報告いたします。

沢良木町地内にある里道に係る地代相当額を徴収していないことの違法確認等を求めた住民訴訟について、昨年12月19日、大阪地方裁判所において判決の言渡しがあり、判決は、原告の請求をいずれも棄却するもので、本市の全面勝訴でありました。

 

次に、消防長が行った救助活動等に関する公文書の部分公開決定処分の取消しを求める訴訟については、先月23日、大阪地方裁判所において判決の言渡しがあり、判決は、本市の主張をほぼ全面的に認めるものでございました。

 

次に、富田町財産区が保有する土地の売却に伴う住民訴訟については、本市の全面勝訴とした大阪地方裁判所の判決を不服とし、相手方が控訴しておりましたが、今月13日、大阪高等裁判所において判決の言渡しがあり、判決は、控訴人の請求を棄却するもので、控訴審においても、本市の全面勝訴となりました。

 

次に、平成27年度に小学校の英語指導助手を指導するスーパーバイザーと契約をしなかったことが不当労働行為に該当するという大阪府労働委員会の救済命令の取消しを求めていた訴訟については、本市の全面勝訴とした大阪地方裁判所の判決を不服として相手方が控訴しておりました。今月14日、大阪高等裁判所において判決の言渡しがあり、判決は、控訴人の請求を認めるものであったため、本市といたしましては、判決に不服があることから、今月25日、最高裁判所へ上告受理の申し立てをいたしました。

 

最後に、新たに提起された2件の訴訟事件について、御報告いたします。

1件目は、郡家新町の市道上の鉄蓋が跳ね上がり、走行中の自動車が損傷したとして、国家賠償法に基づく損害賠償を求める訴訟が提起され、先月28日、訴状及び呼出状が大阪地方裁判所から本市へ送達されました。

 

2件目は、固定資産課税台帳に登録された平成30年度及び平成31年度の土地の価格に係る本市固定資産評価審査委員会が行った決定の取消しを求める訴訟が提起され、今月6日、訴状及び呼出状が大阪地方裁判所から本市へ送達されました。

本市といたしましては、いずれにつきましても、訴訟代理人を選任の上、適切に対応してまいります。

 

以上で、行政報告を終わり、引き続き、今議会に提案いたしております、56議案の概要を説明させていただきます。

 

まず始めに、契約案件として、「高槻市新文化施設新築機械設備工事請負契約締結について」など、3件を提案しております。

 

次に、財産取得案件といたしまして、「高槻市立小学校教師用指導書の購入契約締結について」として、2件を提案しております。

 

次に、予算案件といたしまして、「令和元年度高槻市一般会計補正予算(第6号)」のほか、5特別会計、財産区会計、3企業会計の計10件につきまして、所要の補正をいたそうとするものです。

 

次に、条例案件は、制定が4件、一部改正が22件、合わせて26件を提案しております。

 

次に、その他案件といたしまして、「損害賠償請求の訴えの提起について」など、4件を提案しております。

 

最後に、令和2年度の当初予算関係ですが、高槻市一般会計予算を始め、6特別会計、財産区会計、3企業会計の計11件につきまして、それぞれ予算案件として付議しております。

 

以上が、今議会に当初提案しております案件の概要ですが、詳細につきましては、この後、それぞれ説明をしてまいりますので、宜しくお願い申し上げまして、簡単ではございますが、開会に当たりましての御挨拶とさせていただきます。

お問い合わせ先
高槻市 総合戦略部 みらい創生室
高槻市役所 本館3階
電話番号:072-674-7392
ファクス番号:072-674-7384
お問い合わせフォーム(パソコン・スマートフォン用
※内容によっては回答までに日数をいただく場合があります。

高槻に住もう!たかつき ウェルカムサイト 定住促進特設サイト

議会でのあいさつ

ページの先頭へもどる