現在の位置

12月9日 富田地区で伝統の酒造りが本格化

かい入れをする杜氏ら

江戸時代から銘酒の産地として知られる富田地区で12月、伝統の酒造りが本格化しています。

同地区は、地元で取れた良質の米と阿武山山系の地下水に恵まれ、江戸時代から銘醸地の一つに数えられています。

17世紀中ごろには20軒を超えた酒造家は、現在では数が減ったものの、壽酒造株式会社と清鶴酒造株式会社の2軒が富田の伝統の味を守り続けています。

この日、壽酒造では、もろみをかき混ぜる「櫂入れ」などが行われており、杜氏の富田さんは「今年もおいしいお酒が仕上がりました」と話していました。

お問い合わせ先
高槻市 総合戦略部 広報室
高槻市役所 本館3階
電話番号:072-674-7306
ファクス番号:072-674-7301
お問い合わせフォーム(パソコン・スマートフォン用
※内容によっては回答までに日数をいただく場合があります。

ページの先頭へもどる