現在の位置

インターネットショッピング・インターネットオークションのトラブル

相談している様子のイラスト画像

インターネットの普及に伴い、ショッピングやオークションなど、インターネットを利用した取引についてのトラブルが急増しています。
 

相談事例1

インターネットで業者から中古バイクを購入したが、届いたバイクが全く動かない。

業者に問い合わせようとしたが、ホームページはすでに閉鎖され、電話もつながらない。

どうすればよいか。

相談事例2

インターネットオークションでイベントチケットを落札した。

出品者からメールが届き、指定された口座に料金を振り込んだが、1ヶ月たってもチケットが送られてこない。

相手にメールを送っても返信がなく、電話もつながらない。
 

アドバイス

トラブルが発生して取引相手を訴えるにも、相手の連絡先がわからず、ホームページも閉じられてしまうと有効な対処方法がありません。

詐欺の立証が非常に困難なので、警察の被害届も受理されにくく、解決が非常に困難です。

取引相手が見えないということは、リスクが大きいという認識を持つことが必要です。

  • インターネットでの取引は「通信販売」にあたるので、クーリング・オフ制度は適用されず、簡単に解約はできません。契約は慎重に!
  • 取引相手の住所、氏名、電話番号を確認して、記録を残しておきましょう
  • オークションで出品者と落札者双方が個人の場合は個人間売買なので、トラブルが発生しても自己責任となります。
  • 個人間売買の場合は、できるだけ代金の前払いはせずに、代金引換やエスクローサービス(注釈)を利用した方がより安全です。

(注釈)エスクローサービスとは

出品者と落札者を仲介する有料サービス。落札者が仲介業者に代金を代金を送金してから商品が発送されます。商品未着や破損などのトラブルがあれば、それらが解決しない限り、仲介業者から出品者に代金は送金されません。 

ご相談があれば、消費生活センター(電話 682-0999)まで。 

お問い合わせ先
高槻市 市民生活部 市民生活相談課 消費生活センター
住所:高槻市紺屋町1-2(クロスパル高槻2階) 地図  
電話番号:072-682-0999
FAX番号:072-683-5616
お問い合わせフォーム(パソコン・スマートフォン用
※内容によっては回答までに日数をいただく場合があります。

ページの先頭へもどる