現在の位置

パスワード(暗証番号)の管理、大丈夫ですか。

パソコンやスマートフォンなどでインターネットを楽しむ方が増えています。ネットでサービスを受けるにはIDとパスワードの登録が必要になります。銀行の取引で例えると、IDは銀行口座でパスワードは暗証番号ということになります。パスワード(暗証番号)を知られてしまうとトラブルに巻き込まれることになりますので管理をしっかりしましょう。

 

事例1

銀行からセキュリティのアップグレードをするための登録を促すメールが届いた。いつものメールと違う。

対処法





これはIDとパスワードを盗むためのフィッシングと言われるものです。銀行からメールが届いた場合はメールにあるURLをクリックするのではなく、銀行の公式HPから情報を得るようにしてください。

 

事例2

登録済みのサイトから「あなたのIDとパスワードが漏えいしたのでパスワードを変更するように」というメールが届いた。すぐにパスワードは変更したが他にすることはあるか。

対処法



同じIDとパスワードを他のサイトでも使っていた場合、他のサイトでなりすましによる被害が出る可能性があります。同じIDパスワードを使っているサイトのパスワードも変更しましょう。

 

パスワードを管理するためのポイントは次のとおりです。

  • わかりにくいパスワードにする。
     123456などの数字の羅列や誕生日、名前や単語など推測されやすいものをさける。
     具体的には8文字以上で英文字や数字をくみあわせることが大切。
  • 他人に見られない場所に保管する。
     紙にメモするときはIDとパスワードは別々に保管する。

利用していないサービスは登録解除する。
信頼できるパスワード管理アプリを利用する。

  • 適切に利用する。

 複数サイトでの同じパスワードは使わない。

 不特定多数が利用するパソコンではIDパスワードは入力しない。

 ワンタイムパスワードなどのサービスを積極的に利用する

 

できる対策はきちんとして、ネットライフを楽しみましょう。

 





お問い合わせ先
高槻市 市民生活部 市民生活相談課 消費生活センター
住所:高槻市紺屋町1-2(クロスパル高槻2階) 地図  
電話番号:072-682-0999
FAX番号:072-683-5616
お問い合わせフォーム(パソコン・スマートフォン用
※内容によっては回答までに日数をいただく場合があります。

ページの先頭へもどる