現在の位置

通信販売でお試しのつもりで買ったのに高額請求がきた!

スマートな女性や筋肉質な男性、真っ白な歯の広告写真に惹かれて、安価なお試しのつもりで注文したダイエット食品や歯磨き粉が、実際は複数回の定期購入になっており、高額な請求を受けたという相談が多く寄せられています。

事例

インターネットの広告を見て「お試し価格100円」という健康食品を注文した。1回限りのつもりだったが、後日、同じ商品と8,300円の請求書が送られてきた。事業者にお試し分しか注文していないと連絡しようとしたが、電話がつながらない。

消費生活センターで、この健康食品の広告を確認すると、100で購入できるのは初回分のみで、2回目以降は8,300円になるうえに、4回以上定期購入することが条件で、総額が25,000円になる商品でした。さらに、これらの情報は、広告下部に非常に小さい文字で記載されていました。

対処法

  • お試しの価格が適用される条件をしっかり確認しましょう。
  • 解約保証付きと記載されていても、複数回購入後にしか解約ができない場合もあるので注意しましょう。
  • 電話が繋がらない場合は、電話する曜日や時間帯を変えてみましょう。それでも繋がらない場合は、電話した日時を控えておくとともに、業者にメールや文書で解約の旨を通知しましょう。

 

「お試し」というのは、少量である代わりに、無料、または、安価であることが一般的ですが、特に、インターネット通販では、複数回以上の定期購入が条件になっていたり、解約保証が付いていても、複数回購入後にしか解約できなかったりする場合が多々あります。総額は高額になるにも関わらず、一見、安価であるような広告で販売されているのが現状です。

インターネットなどの通信販売は便利ですが、契約条件は必ず確認しましょう。また、トラブルを防ぐために、店頭で、説明を聞いたり商品を試したりして、購入することも大切です。

お問い合わせ先
高槻市 市民生活環境部 市民生活相談課 消費生活センター
住所:高槻市紺屋町1-2(クロスパル高槻2階) 地図  
電話番号:072-682-0999
ファクス番号:072-683-5616
お問い合わせフォーム(パソコン・スマートフォン用
※内容によっては回答までに日数をいただく場合があります。

ページの先頭へもどる