現在の位置

国民年金制度

国民年金とは

国民年金は、国の社会保障制度のひとつで、国が運営する年金制度です。
日本に住所のある20歳以上60歳未満のすべての人は、国民年金に加入することになっています。

国民年金に加入する人

加入者の種別は3種類あります。

第1号被保険者

職業

自営業者、農林業者、学生、アルバイトなど

保険料

毎月定額の保険料を納めなければなりません。希望により、付加保険料を納めることもできます。

届出が必要な時

  • 会社などに勤めていない方が20歳になったとき
  • 会社を退職したとき
  • 配偶者が会社を退職したとき

第2号被保険者

職業

厚生年金保険の被保険者、共済組合の組合員など

保険料

厚生年金・共済組合などからまとめて納入されます。

届出が必要な時

原則、国民年金の手続きは不要。

第3号被保険者

職業

厚生年金保険や共済組合などの加入者[第2号被保険者]に扶養されている配偶者(サラリーマンの妻など)

保険料

自分で納入する必要はありません。(扶養している人の年金制度から納入されています。)

届出が必要な時

  • 配偶者が就職し厚生年金保険や共済組合に加入したとき
  • 厚生年金保険や共済組合加入中の配偶者の扶養に入ったとき
  • 配偶者が転職して厚生年金保険から共済組合、または共済組合から厚生年金保険に加入したとき

【配偶者の勤務先へ届出】

第3号被保険者の特例届出

第3号被保険者の届出が遅れた場合、届出日から2年以上前の期間は「保険料未納期間」として扱われていましたが、平成17年4月からは特例届出をすることにより、「保険料未納期間」が「保険料納付済期間」として取り扱われます。届出がまだの方は手続きをしてください。
詳しくは、吹田年金事務所(06-6821-2401)へお問い合わせください。

希望により国民年金に加入できる人(任意加入)

  1. 日本国内に住所を有する60歳以上65歳未満の人
  2. 日本国内に住所を有する20歳以上60歳未満の老齢(退職)年金の受給者
  3. 海外に住む20歳以上65歳未満の日本人

第1号被保険者の独自給付「付加年金」(任意加入)

第1号被保険者 ・ 任意加入被保険者が希望によって、定額保険料に付加保険料(月額400円)をプラスして納付すると、老齢基礎年金に付加年金が上乗せされます。
付加年金の年金額は、「200円×付加保険料納付月数」です。
付加保険料は申し込んだ月分から納付することができます。お申し込みは、市役所本館1階6番窓口または各支所です。
なお、国民年金基金加入者は付加保険料を納付できません

国民年金基金

少しでもゆとりのある老後を過ごすことができるように国民年金法に基づき、老齢基礎年金の上乗せとして給付をする公的な個人年金制度です。
詳しくは、全国国民年金基金大阪支部(フリーダイヤル 0120-65-4192)へお問い合わせください。

外部サイトへ全国国民年金基金

吹田年金事務所・街角の年金相談センター

吹田年金事務所付近の地図(PDF:7.2KB)

お問い合わせ先
高槻市 市民生活環境部 市民課 国民年金チーム
高槻市役所 本館1階 1番窓口
電話番号:072-674-7073
お問い合わせフォーム(パソコン・スマートフォン用
※内容によっては回答までに日数をいただく場合があります。

吹田年金事務所
〒564-8564 吹田市片山町2-1-18
電話番号:06-6821-2401(代表)

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

ページの先頭へもどる