現在の位置

旧姓併記の請求

旧姓併記の請求について

住民票やマイナンバーカード等に旧姓併記することで、旧姓で本人確認ができます。

なお、一度旧姓を併記した後、旧姓併記を削除すると再記載には条件がありますので注意事項を必ずお読みください。

 

請求場所

市役所4番窓口または各支所

請求者

原則本人

本人の来庁が困難な場合は代理人でも可

必要なもの

  1. 併記したい旧姓が記載された戸籍から、現在の氏が記載された戸籍に至る、全ての戸籍謄本等
  2. 窓口に来られる方の本人確認書類(マイナンバーカード、運転免許証、パスポート、健康保険証、年金手帳など)
  3. マイナンバーカードまたは通知カード

※全て原本が必要(複写の提示は不可)

《代理人が申請する場合》

4. 委任状

委任状

 

請求書

旧氏の記載・変更・削除請求書(PDF:166.9KB)

注意事項

  1. 旧姓併記できる旧姓は1人1つのみです。初めて請求する時は、生まれた時点から現在の直前の姓までどれでも旧姓として併記できます。
  2. 現在の姓と同じ姓を旧姓として併記することはできません。
  3. 旧姓併記は、戸籍上の姓の記載の変更があった場合に限りますので、外国人の方は旧姓併記できません。
  4. 一度併記した旧姓は、婚姻等により氏が変更されてもそのまま併記されます。
  5. 旧姓併記した場合、住民票、住民票記載事項証明、印鑑登録証明書、マイナンバーカード(または通知カード)、署名用電子証明書の全てに旧姓が併記されます。証明書等の種別によって記載の有無は選べません。旧姓は省略できません。
  6. 削除した旧姓に関しては、再度、旧姓として併記することはできません。旧姓削除後に、再度旧姓併記する場合は、削除したとき時点以降に称していた姓に限り登録することができます。
  7. 旧姓併記した後、姓に変更があった場合に限り、直前に称していた姓に変更することができます。
  8. 旧姓併記後、戸籍の届出に伴い姓が旧姓と同じとなった場合でも自動で削除されませんので、削除の手続きを行ってください。
  9. 旧姓は、他の市区町村に転入しても引き続き併記されます。ただし、国外転出後、再度転入された場合、引き続き旧姓を併記するには国外転出時点の除票が必要となります。
  10. 婚姻等の戸籍届出後に旧姓併記の請求をする場合、戸籍変更後の戸籍謄本等が必要となりますので、原則、戸籍の届出と同日に旧姓併記の請求はできません。
  11. 旧姓での印鑑登録もできます。以前に旧姓で印鑑登録をしていた場合、戸籍の届出に伴う姓の変更時に消除されていますので、改めて印鑑登録を行う必要があります。
  12. 成年被後見人または15歳未満の者が旧姓併記の請求を行う場合は、法定代理人が行ってください(委任状に代わり登記事項証明や戸籍謄本等の代理権を確認できる書類の提出が必要)。
  13. 実際の公的手続きや契約などで旧姓の併記の使用が認めらるかについては各制度を所管する省庁や民間企業等へご確認ください。

関連リンク

外部サイトへ住民票、マイナンバーカード等への旧氏の併記について(総務省)

旧姓併記の変更・削除

住民票・戸籍などの証明書

印鑑登録

お問い合わせ先
高槻市 市民生活環境部 市民課 住民記録チーム
高槻市役所 本館1階 4番窓口
電話番号:072-674-7064
お問い合わせフォーム(パソコン・スマートフォン用
※内容によっては回答までに日数をいただく場合があります。

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

ページの先頭へもどる