現在の位置

令和2年度エコハウス補助金 (受付終了)

令和2年度の募集は、申請額の合計が予算額に達したため、11月27日で終了しました。

高槻市は、「たかつき新エネルギー戦略」に基づき、新エネルギーの普及促進を進めています。 その一環として、市民が自ら居住する住宅に、市が指定する新エネルギー機器等を設置した場合に、その費用の一部を補助します。

令和2年度エコハウス補助金の概要

対象機器

(1)太陽光発電システム(余剰電力買取制度に限る)と蓄電池の同時設置
(最も早い契約日から最も遅い契約日までの期間が3か月以内、単体の導入は申請不可)
(2)太陽熱利用システム
(3)ペレットストーブ
(4)窓の断熱改修(税抜き費用が20万円以上のものに限る。新築、増築は申請不可)
(5)家庭用燃料電池式コージェネレーション(エネファーム)
(6)雨水貯留タンク(有効容量が80リットル以上)

補助金の額

上記(1)~(3)の機器
設置にかかる費用の3分の1の額(上限10万円)
上記(4)・(5)の機器
設置にかかる費用の3分の1の額(上限5万円)
上記(6)の機器
設置にかかる費用の3分の1の額(上限1万円)

募集件数

210件(予定)

先着順で受け付け、申請額の合計が予算の額に達した場合は受付を終了します。

募集期間

令和2年5月18日~令和3年2月26日

申請期限

エコハウス事業の完了日から1か月以内、または令和3年2月26日のいずれか早く訪れる日までに申請してください。なお、令和2年3月1日~5月17日までにエコハウス事業の完了日を迎えた場合は、令和2年5月18日~6月18日までに申請してください。

※エコハウス事業の完了日・・・申請者が事業者に対して設置機器の代金の支払いを完了した日(領収日)となります。ただし、太陽光発電システムを含む申請については、申請者が事業者に対して設置機器の代金の支払いを完了した日(領収日)又は電力会社と電力受給契約を締結したことを証する書類の発行日のいずれか遅い日となります。

申請方法

必要書類を環境政策課(市役所本館5階)へ提出してください。

必要書類については、「補助金申請兼実績報告書必要書類一覧」をご覧ください。
申請に関するパンフレットや申請書の様式は、環境政策課、各支所で配布しているほか、このページからもダウンロードが可能です。
なお、必要に応じてその他の書類の提出を求めることがあります。

主な要件

  1. エコハウス事業の完了日が令和2年3月1日以降のものでること。
  2. 平成31年4月1日以降に設置等に係る契約を締結していること。
  3. 市内の自ら所有する住宅に、上記対象機器(中古品、自作品を除く)を導入し、設置及び所有権の移転が完了したものであること。
  4. 納期が到来している市税を完納していること。
  5. 補助金を受けようとしている対象機器について、過去に高槻市の補助金の交付を受けていないこと。
  6. 住宅の所有者全員から機器設置について同意が得られていること。

 

詳細は、補助金交付要綱や必要書類一覧をご覧ください。

申請書類

令和2年度エコハウス補助金パンフレット(PDF:839.7KB)

エコハウス補助金交付要綱(PDF:121.7KB)

補助金申請兼実績報告書必要種類一覧(PDF:146.9KB)

エコハウス補助金交付申請兼実績報告書(様式第1号)(PDF:105.7KB)

設置機器等の概要(様式第1号(別紙))(PDF:57.3KB)

同意書(様式第2号)(PDF:59.2KB)

要件確認申立書(様式第3号)(PDF:69KB)

関連リンク

省エネ改修による固定資産税の減額措置

お問い合わせ先
高槻市 市民生活環境部 環境政策課
高槻市役所 本館5階 
電話番号:072-674-7486
ファクス番号:072-661-3198
お問い合わせフォーム(パソコン・スマートフォン用
※内容によっては回答までに日数をいただく場合があります。

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

ページの先頭へもどる