現在の位置

農薬に関する大切なお知らせ

農薬の使用方法が変更されました

平成26年度に農薬の安全性に関する評価方法が新しくなり、農薬の安全基準、使用方法が見直されました。

 

変更された項目 

適用作物削除、使用時期・使用回数・希釈倍率の変更

 

使用方法が変更された農薬(一例)

1.アセフェートを成分とする農薬の例

 オルトラン粒剤・水和剤、スミフェート粒剤、ジェイエース粒剤 ほか

2.カルボスルファンを成分とする農薬の例

 ガゼット粒剤、アドバンテージ粒剤 ほか

 3.ベンフラカルブを成分とする農薬の例

 オンコル粒剤 ほか

 

   

(注意1)お手元の商品が使用期限内であっても、ラベルに記載されている方法ではなく、最新の使用方法に従って使用してください。

(注意2)最新の使用方法については、各農薬メーカーのHP等により確認してください。

 

 

農薬チラシ(PDF:47.2KB)

関連リンク

農薬を使用するにあたって(令和元年6月11日更新)

外部サイトへ大阪府環境農林水産部農政室推進課病害虫防除グループ

お問い合わせ先
高槻市 市民生活環境部 環境政策課
高槻市役所 本館5階 
電話番号:072-674-7486
ファクス番号:072-661-3198
お問い合わせフォーム(パソコン・スマートフォン用
※内容によっては回答までに日数をいただく場合があります。

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

ページの先頭へもどる