現在の位置

一定の規模以上の土地の形質の変更を行う皆様へ

一定の規模以上の土地の形質の変更を行う場合、「土壌汚染対策法」及び「大阪府生活環境の保全等に関する条例」により、土地の形質の変更者は、形質の変更に着手する30日前までに、土地の利用履歴等を調査し高槻市に次の2種類の届出等の提出が必要となります。

 

一定の規模以上の土地の形質の変更届出書(WORD:30.5KB)

大阪府生活環境の保全等に関する条例第81条の5第1項の土地の利用履歴等調査結果報告書(WORD:43.5KB)

 

なお、土地の形質の変更者が土地の所有者ではない場合は、土地所有者の同意書を添付してください。

 

土地の利用履歴等調査とは

その土地において、これまでに有害物質の使用や保管などが行われていたことがあるかについて調査するものです。

調査の結果、有害物質の使用や保管などが確認されますと、土壌汚染の調査(分析等)が必要となり、調査が終了するまで形質の変更に着手することができません。

 

土地の形質の変更とは

土地の形状を変更する行為全般(掘削、盛土等)をいいます。

 

「一定の規模」の考え方

「一定の規模」とは、有害物質使用特定施設がある事業場等の土地は900平方メートル以上、その他の土地は3,000平方メートル以上です。

敷地の面積ではなく、形質の変更部分(掘削、盛土等)の合計面積です。

なお、工期が異なる工事であっても一連のものとみなせる場合には、工事全体を土地の形質の変更の規模としますので、工事全体の面積合計が「一定の規模」を超える場合には、届出が必要となります。

 

 ただし、次のいずれかに該当する場合、届出は不要です。

  1. 形質変更部分の深さが50センチメートル未満であり、土壌の飛散又は流出がなく、区域外へ土壌の搬出を行わない場合
  2. 農業を営むために通常行われる行為であって、区域外へ土壌の搬出を行わない場合
  3. 林業の用に供する作業路網の整備であって、区域外へ土壌の搬出を行わない場合
  4. 鉱山関係の土地において行われる土地の形質の変更
  5. 非常災害のために必要な応急措置として行う行為
  6. すべて盛土の工事
お問い合わせ先
高槻市 市民生活環境部 環境政策課
高槻市役所 本館5階 
電話番号:072-674-7486
ファクス番号:072-661-3198
お問い合わせフォーム(パソコン・スマートフォン用
※内容によっては回答までに日数をいただく場合があります。

ページの先頭へもどる