現在の位置

自分を大切にすること  ~性暴力被害にあわないために~

11月12日から25日の2週間は「女性に対する暴力をなくす運動」期間です。近年、「女性に対する暴力」は若年化、さらに多様化しています。なかでも問題となっているのが若年層を対象としたアダルトビデオの出演強要やいわゆる「JKビジネス」と呼ばれる営業です。

「かわいいね!モデルにならない?」などと声をかけられ、気軽に書類に名前を書いたところ「契約だから」といって無理やりアダルトビデオの撮影をさせられた、「お客様の隣りでおしゃべりするだけ!」のアルバイト募集広告を見て面接に行くと、店長から服を脱ぐように言われ、性行為を強要された、などの被害が起きています。

大阪府は平成29年5月から7月にかけて、府内高校生を対象に行った「JKビジネス」に対する意識調査において「JKビジネスで働くことについて、どう思うか(複数回答可)」との質問に対して、回答した女子生徒のうち60%以上が「危険だ」としながらも、「お金のためだから仕方がない(16%)」「本人も客も納得しているのだから問題ない(12%)」と回答しています。

「JK」と聞くと女子高生を連想しがちですが、男子学生も同様の手口で被害者になってしまうケースもあります。「AV出演強要」「JKビジネス」は、決して「仕方がない」仕事でも「問題ない」仕事でもありません。動画や写真が一度インターネット上に出回ってしまうと、広く拡散され、すべてを削除することは困難です。たった一度だけ撮影した動画が、本人の了承もなく、10年以上もインターネット上に出回る場合もあります。自分が少しでも不安に思うことや、イヤだと思うことは断りましょう。「契約してしまったから仕方ない」と一人で悩まず、すぐに相談してください。

女性に対する暴力根絶のためのシンボルマーク

相談窓口一覧

配偶者からの暴力に関する相談

【DV相談予約電話】(対象:市内在住の人)

電話 072-674-7689 

月曜日~金曜日(祝日、年末年始を除く) 9:00~17:15

※電話で予約。相談は面談です。

※女性から男性への、DVの相談も受け付けます。

 

女性の悩み相談

【女性相談】(対象:市内在住・在勤・在学の女性)

電話 072-685-3748

昼間/火曜日

 9:30~16:30(受付は16:00まで。12:00~13:00除く)

夜間/火曜日・金曜日

 17:00~19:30(受付は19:00まで)

※予約不要。相談は電話または面談です。

 

性暴力に関する相談

【ウーマンライン(大阪府警察本部内)】(対象:性別問わず)

電話 06-6941-0110

 9:00~20:00

※相談は電話。
※土曜日、日曜日、祝日および上記以外の時間帯は留守番電話での対応。

 

【性暴力救援センター・大阪(SACHICO)】(対象:女性)

性暴力被害者への診療や治療、心身のケアを行う救急医療施設

電話 072-330-0799(24時間対応)

 

【大阪府公安委員会指定 犯罪被害者等早期援助団体

認定NPO法人 大阪被害者支援アドボカシーセンター】(対象:性別問わず)

電話 06-6774-6365

月曜日~金曜日(祝日、年末年始を除く) 10:00~16:00

※事件・事故の被害にあわれた方への相談、付添いなどの支援を行っています。
※相談・支援は全て無料です。

外部サイトへNPO法人大阪被害者支援アドボカシーセンター ホームページ

 

【内閣府 男女共同参画局】

若年層を対象とした性的な暴力の啓発

内閣府 男女共同参画局ホームページより相談窓口をご確認ください。

若年層を対象とした性的な暴力の啓発

女性に対する暴力防止の啓発を目的とした展示

女性への暴力根絶を訴えるシンボル・パープルリボングッズ等の配布を行います。

・男女共同参画センター(クロスパル高槻 4階)

 日時:平成29年11月1日(水)~30日(木)

・総合センター1階南側通路

 日時:平成29年11月14日(火)~30日(木)

お問い合わせ先
高槻市 市民生活部 人権・男女共同参画課
高槻市役所 総合センター 8階
電話番号:072-674-7575
お問い合わせフォーム(パソコン・スマートフォン用
お問い合わせフォーム(携帯電話用
※フォームでのお問い合わせは回答までに日数をいただきます。
お急ぎの場合は必ずお電話でお問い合わせください。

どっちもたかつき インスタグラムフォトキャンペーン 募集中 定住促進特設ウェルカムサイト

お知らせ

ページの先頭へもどる