現在の位置

若年層の性暴力被害等に関する相談窓口について

性犯罪・性暴力は、被害者の尊厳を著しく踏みにじる行為であり、その心身に長期にわたり重大な悪影響を及ぼします。特に、10代から20代の若年層を狙った性犯罪・性暴力は、その未熟さに付け込んだ許しがたい重大な人権侵害であり、決して許されるものではありません。

いわゆるアダルトビデオ(以下、AV)出演強要問題や「JKビジネス」とよばれる営業により、若年層が性的な被害に遭う問題などに加え、近年ではSNSなどによる性被害、薬物(レイプドラッグ)による問題や、飲酒等による酩酊状態に乗じた性的行為の問題などが起こっています。

相手が抵抗できない状態で、性交やわいせつ行為を行うことは、性別を問わず刑法の処罰の対象となり得ます。

また、同意がない性的行為の強要は、いかなる理由・関係性であってもすべて性暴力です。
 
年度当初の4月は、進学、就職等に伴い若者の生活環境が大きく変わる時期であり、こうした被害に遭うリスクが、特に高まることも予想されます。
 
そのため、内閣府では、平成29年から毎年4月に実施してきた「AV出演強要・『JKビジネス』等被害防止月間」を発展的に継承し、令和3年4月から「若年層の性暴力被害予防月間」と位置づけ、本問題の被害事例等を掲載し、注意を喚起するサイトを設けています。

被害にあった場合は下記相談窓口へ連絡してください。

性犯罪・性暴力被害 相談窓口

全国共通番号 #8891(はやくワンストップ)

※最寄りのワンストップ支援センターにつながります。

※受付時間などは下記のページをご覧ください。

外部サイトへ性犯罪・性暴力ワンストップ支援センター一覧

「若年層の性暴力被害予防月間」リーフレット

令和3年度「若年層の性暴力被害予防月間」リーフレット(PDF:1.2MB)

お問い合わせ先
高槻市 市民生活環境部 人権・男女共同参画課
高槻市役所 本館 5階
電話番号:072-674-7575
ファクス番号:072-674-7577
お問い合わせフォーム(パソコン・スマートフォン用
※内容によっては回答までに日数をいただく場合があります。

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

ページの先頭へもどる