現在の位置

平成28年度白ばら講座を開催しました!

テーマは、「選挙に行くってどういうこと?~18歳選挙権を機に、もう一度選挙について考えよう~」

平成28年6月5日(日)に、関西大学高槻ミューズキャンパスで、選挙啓発「白ばら講座」を開催しました。

今夏の参議院選挙から18歳選挙権がスタートするということで、東洋大学助教で模擬選挙推進ネットワーク事務局長の林 大介(はやし だいすけ)さんを講師に招き、選挙に行くとはどういうことなのか、講演をしていただきました。

講義の様子

 

政治学(市民参加、子どもの社会参加)、民主主義教育などを専門とされている林先生。


若い人たちは政治・選挙に興味がない、投票率が低いと言われているが、それはすべて「子ども・若者」に原因があるのか?と問いかけます。

林先生が事務局長を務めている「模擬選挙推進ネットワーク」は、「模擬選挙」(まだ有権者ではない人が実際の選挙にあわせて、立候補者・政党に対して投票すること)を実施していますが、参加した中高生は、体験の前よりも後の方が「政治・選挙」への関心が高まったそうです。

有権者になる前から、政治や選挙について考え、話せる機会があると、政治意識が高まるのです。

林先生は「“子ども”は“有権者”ではなくても、“主権者”であると考え、社会の担い手として主権者を育てる『主権者教育』が大切です。」と話されました。

めいすいくん画像

講座には、大学生からお孫さんのいる世代の方まで、幅広い方々が参加し、皆さん興味をもって聞いておられました。

たくさんのご参加、ありがとうございました!

お問い合わせ先
高槻市 選挙管理委員会 事務局
高槻市役所 総合センター 13階 
電話番号:072-674-7676
ファクス番号:072-674-7674
お問い合わせフォーム(パソコン・スマートフォン用
※内容によっては回答までに日数をいただく場合があります。

ページの先頭へもどる