現在の位置

平成28年度版 ☆ゴ育て日記☆ (8月)

高槻市役所の緑のカーテン成長日記「ゴ育て日記」のタイトル

緑のカーテンのイラスト

高槻市は、ヒートアイランド対策や地球温暖化対策、節電対策の一環として「たかつき緑のカーテン大作戦」に取り組んでいます。

このゴ育て日記は、環境緑政課の職員が、市役所の「緑のカーテン」の成長の様子、施設や市民の皆さんからいただいた情報などをお知らせします。
 

ぜひご覧くださいね!!

平成28年8月29日(月) 「種の選別」

種の選別

こんにちは、安Dです。

毎日たくさんの実が収穫でき、種も次々と採れています。

よい種はこんがりと茶色くてふくらみもありますが、中には未熟な種もあります。よい種は中が詰まって硬さもあります。一方未熟な種は見た目が白く、中が空洞なものが多いため、指で押すとペコッとつぶれてしまいます。

種が未熟だと植えても発芽しないので、種を洗う時に良い種だけを集めています。

毎日熟した実が収穫できているので、種もどんどん増えています。最終的にはどれ位の数になるのか楽しみです。

平成28年8月22日(月) 「熟した実の中は・・・」

熟した実の中

こんにちは、HDです。

先日、熟してオレンジ色になったゴーヤの実を紹介しました。

その実の中がどうなっているかというと、なにやら赤いゼリー状のようなものが入っています。赤いゼリー状の膜を取り除くと2~3センチほどの小粒のものが出てきました。これがゴーヤの種です。

赤い膜を水できれいに洗い流し、乾燥させて保存します。

市役所では毎日オレンジ色に熟した実が収穫できます。多い時では一日に200個以上もの種が採れるんですよ。

みなさんのご家庭でも熟した実が収穫できたら、ぜひ種を採ってみてくださいね!

平成28年8月19日(金) 「ゴーヤの他にも・・・ミニメロン編その2」

ミニメロンの実

みなさん、こんにちは。相Zです。

スタートから病気になったり、虫に食べられ葉が1枚になったり…と不安いっぱいのミニメロンでしたが、その後驚くような成長ぶりを見せてくれています。

植えつけた時には葉が1枚だったことがウソみたいにネットの端から端までツルを伸ばして葉をたくさん繁らせています。そして先日、その中にピンポン玉ほどに膨らんだ実を見つけました!

ミニメロンには雄花と雌花があり、花の下に膨らみがあるのが雌花です。確実に着果させるには雌花が咲いたら、午前中のなるべく早い時間に人工授粉をするとよい。と知り何度かチャレンジしてみたのですが、なかなか成功せずどうしたものかな…と思う日が続いていたので、少し膨らんだ実を見つけた時は大喜びしました。

受粉してから収穫まで約1ヶ月程かかるそうです。近くに寄ってみると微かにメロンのよい香りがします。どんな大きさになるのか。これからの成長が楽しみです。

平成28年8月15日(月) 「緑のカーテンにやってくる虫たち」

こんにちは。安Dです。

毎日ゴーヤのお世話をしていると色々な虫たちを見かけます。

以前に紹介した虫たちは葉を食べたり、茎の液を吸ったりとゴーヤに悪さをする虫でしたが、今回は受粉を手伝ってくれる虫を見つけたので紹介します。

ゴーヤの実は雄花の花粉を雌花が受粉することでできます。この花粉を運んでくれるのが昆虫たちです。

市役所のゴーヤもたくさん実をつけていますが、この虫さんたちのおかげですね。

受粉にやってきた虫を見つけたら暖かく見守りたいと思います。

暑い中一生懸命鳴くセミもちょっと一休み…と影で休憩している姿も見かけました。こちらもそっとしておいてあげましょう。

みなさんも、ゴーヤのお世話の合い間に昆虫観察してみてくださいね。

虫

平成28年8月8日(月) 「黄色くなった実」

黄色い実

こんにちは、HDです。

毎日暑い日が続いていますね。市役所のゴーヤは暑さに負けず、順調に実をつけています。

普段よく目にする緑色のゴーヤとは違い、完熟した実はオレンジ色に変化します。市役所では種を採るのが目的なので緑色のゴーヤは収穫しません。大きく育った緑色のゴーヤを見つけると、ついつい収穫したくなりますがそこは我慢です。先日「カーテン完成宣言」も出たので、これからは実がオレンジ色になるのを待ってから収穫したいと思います。

ゴーヤは熟すとオレンジ色になることを初めて知った方は驚かれたのではないでしょうか?順調に熟している証拠なので安心してくださいね。

平成28年8月5日(金) 「大きな実ができました」

こんにちは。相Zです。

植えつけてから約2ヶ月、へちまの大きな実が収穫できました。

成熟したへちまは繊維質の多い果実になります。

今回はこの実を使って、へちまたわしを作ったので紹介します。

まず、鍋にたっぷりのお湯を沸かします。その中に2~3等分にしたへちまを入れ15~20分ほど茹でます。茶色っぽくなってきたら鍋から出し水にさらします。熱いので気をつけながら、皮をむきます。中に入っている種は振ると次々と出てきます。振っても出てこない種はお箸などでつついてみてください。乾燥させたら「へちまたわし」の完成です!

へちまたわしは硬いので、お鍋の焦げ取りやシンクの汚れ落しの他にも、水分をたっぷり含ませ柔らかくしたらお風呂の体洗いにも使えるそうです。いろいろな所で重宝しそうですね!ゴ育て隊では、プランター洗いに利用する予定です。

へちまたわし

平成28年8月1日(月) 「カーテン完成!?特別隊長の総回診」

ゴーヤ全体

久しぶりの全員集合バージョンです。今年度から特別隊長となったBOYさんが初出演!

 

隊長:(コソコソ)ゴ育て日記はキャラクターが大事ですからね。皆さんユーモアにお願いしますよ。

どうすれば・・・。では、BOY特別隊長の総回診始まります。

BOY:あ~ら、いいじゃない!葉はびっしり茂り、花もたくさん咲いて綺麗ね。
あなたたち何でこんな元気に育ったのかユーモアたっぷりに言ってみなさい。

隊員:なんと!!

HD:今年はオリンピック開催の熱気により、6・7月の気温が高く近年では一番早く完成しました。

  (オリンピックの熱気かは定かではないですが、平年より気温が高かったことが影響しています)

リーダー:水遣りをサボっていたら、根性を出して元気に育ちました。

  (気温が高くない時期は水遣りの回数を減らし、しっかりと水分管理しました)

相Z:カーテンの番人として、ビームを出して虫を退治しました。

  (ゴーヤは虫が付きにくいため、適度に対策をしていれば問題なく育ちます)

隊長:隊員の皆さんをお風呂のように暖かく見守りました。

BOY:なるほどね。あの葉っぱ顔色が悪いけど注射しなくて大丈夫かしら。

相Z:注射??肥料のことですね。新しいツルや実が育つことで、栄養が吸い取られ黄色い葉になります。1・2週間に1回は注射しているのですが、プランターだと多少黄色くなるのはやむを得ないかと思います。

隊長:これからは実がたくさんでき黄色い葉も増えてくるので、カーテンは今が一番綺麗な時期です。

BOY:カーテンが完成したからと言ってもまだまだゴ育ては終わらないわよ!
暑い夏を少しでも涼しく乗り切るためにも、びっしりと繁った緑のカーテンを維持してね!

全員:はい!!

「ゴ育て隊」メンバー紹介

ゴ育て隊の紹介

関連リンク

「たかつき緑のカーテン大作戦」

お問い合わせ先
高槻市 産業環境部 環境緑政課
高槻市役所 本館5階 
電話番号:072-674-7483
FAX番号:072-661-3198
お問い合わせフォーム(パソコン・スマートフォン用
お問い合わせフォーム(携帯電話用
※フォームでのお問い合わせは回答までに日数をいただきます。
お急ぎの場合は必ずお電話でお問い合わせください。

ページの先頭へもどる