現在の位置

平成30年度版☆ゴ育て日記☆(9月)

施設紹介第7弾~如是小学校編~

「猛残暑」が続く9月。

施設巡りを終え、帰路につくO河原隊員とN川隊員。その足取りは心なしか軽そうです♪

 

O河原:今日も暑かったね~。

N川:はいっ!でも、こうしてO河原先輩と施設巡りをするのも、きっとあと少しですねっ!?

O河原:なんだか少し寂しくなってきちゃった。・・・今年もお世話になりまし・・・

N川:早い、早いっ!!

 

特別暑かった今年の夏。

自転車で、助け合いながら施設を巡った2人の間には、先輩と後輩以上の何かがうまれたのかもしれません♪

 

(ゴロゴロゴロ…)

O河原:ん?

N川:ヤバイ音がしましたよっ、先輩っ!空も暗くなってきましたっ!!

O河原:濡れる前に急ぎましょう。

 

隊長:おかえり~♪

安D:雨が降る前に帰って来れてよかったね・・・って、N川隊員だけどうしてそんなに濡れてるのっ!?

隊長:ほんとだっ!N川隊員だけ、雨に降られたみたいになってる!

N川:汗っかきなもので、すみません・・・

 

隊長:ところで、今日はどこに行ってきたの?

O河原:如是小学校です。今年はいろいろな施設を巡りましたが、こちらは水やりの方法が独特でした!

N川:教頭先生に話を聞いてきましたっ!緑のカーテンを理科室の窓側でやっている、というのは他の小中学校でもよくあることですが、毎日の水やりを外に出ず、理科室の窓から直接ホースでしているそうですっ!

安D:それはおもしろいね!

隊長:今年の夏は特に暑かったから。涼しい部屋から水やりなんて、考えたものだね。ところで、肝心の緑のカーテンは育っていたの?

O河原:工事の関係で日当たりが心配だと教頭先生はおっしゃっていましたが、地植えで育てているためか、ご覧の通りよく育っていました。実の収穫も去年と同様、何度もできているそうです。

nyoze01

nyoze02

gosodateasagao

O河原:立派な緑のカーテンですが、実はよく見てみると、ところどころにアサガオがの花が咲いているんです。どこかから運ばれてきたアサガオの種が、ゴーヤと一緒に育ったようです。

隊長:ほんとだ~。

安D:、アサガオで、緑のカーテンをつくる人もいるからね。だいたい20℃ぐらいで発芽するし、ゴーヤと同じで栽培が簡単だから、水と肥料さえあれば発芽する可能性は十分考えられるよ。なんでも元々は、奈良時代の終わりに遣唐使によって「薬用」としてもたらされたって聞いたことがあるけど。

隊長:いつもながら、安Dの知識には感心させられるね。

N川:安D先輩っ、ハンパないっスッ!ゴーヤだけじゃなく、アサガオにも精通しているなんてっ!

 

夏の風物詩、「ゴ育て日記」。今年もそろそろ、終わりの予感!?

次回もお楽しみに♪

施設紹介第6弾~如是公民館編~

今日もせっせと施設巡りに励む、O河原隊員とN川隊員。

隊長がお出迎えです。

 

隊長:おかえり~。

O河原:あっ、隊長!

安D:暑い中、ご苦労様。今日はどこの施設に行ってきたの?

N川:本日は、如是公民館に行って参りましたっ!こちらをご覧くださいっ!

gosodate17

隊長:お~っ、立派に茂っているね。

安D:まさに、緑のカーテン!

O河原:今年施設巡りをしたなかでも、ダントツに育ちがいいですよ。

隊長:どんな感じでゴ育てしているのか、気になるところだね。

 

gosodate18

N川:館長さんにお話を聞いてきましたっ!如是公民館では西日がきつく、夕方にかけての日よけのため公民館西側の窓に緑のカーテンを作ったそうですっ!

安D:誰がお世話をしているの?

O河原:清掃の方や警備員さんなど、皆さん総出でお世話をされているそうですよ。

N川:ゴーヤの実もすでに20個程度、収穫済みだそうで、利用者の皆さんも、次の収穫を楽しみにしているそうですっ!

隊長:まだたくさんの花がついているから、これからも実の収穫が期待できそうだね。ゴ―ヤの実を通してのコミュニケーション、素晴らしいね。

N川:それと隊長、もうひとつっ!緑のゴーヤはもちろん、収穫の時期を逃したオレンジのゴーヤも収穫後、捨てずにジュースにして使っているそうですっ!

安D:それは嬉しい情報だね。ところで2人とも、たくさん汗をかいて疲れたんじゃない?冷蔵庫で冷やしておいたオレンジのゴーヤがあるから、休憩がてら味見しておいでよ。

O河原・N川:ヤッターッ!

 

ということで、市庁舎の某スペースにてさっそく味見。

 

N川:楽しみですねっ、先輩っ!?なんでも「メロンみたいな味」「苦味が消えて美味しい」って巷ではウワサだとかっ!?

O河原:よく冷えて、おいしそうですね。では、早速・・・

(パクリ…)

O河原・N川:ッッ!!??

N川:はびほれ・・・(なにこれ)

O河原:ひばいね・・・(にがいね)

N川:へんはいっ!ろこがべろんらんでふかっ!ふぎはふぎはっ!(先輩っ!どこがメロンなんですかっ!麦茶麦茶っ!)

O河原:ほんふはらはんりーへんはいりひっへほ!ふぎはふぎはっ!(文句なら安D先輩に言ってよ!麦茶麦茶っ!)

ということで、ゴ育て隊の身体を張った「冷やしオレンジゴーヤ」の味見リポート。

結論:やわらかいけど苦い。メロンにはほど遠い。

(※収穫時期や固体によって差が生じ、また、感じ方には個人差があります:ゴ育て隊調査)

 

今回の初めての体験はゴーヤだけに苦い経験となりましたが、我々ゴ育て隊、これからも身体を張ったリポートを続けていきます!

ちょっぴり休憩編~ごはんのお供をレッツクッキング編~

皆さんはご存知でしょうか。不定期に開かれているゴ育てトップ3会談を。

今月も秘密裏に行われているこの会談。

どんな話し合いがなされているのでしょうか。

 

BOY特別隊長:天高く馬肥ゆ…、はぁ、秋はいい季節ですね。

隊長:少しづつですが、朝晩涼しくなってきましたね。我々ゴ育て隊も、そろそろ潮時でしょうか。

安D:今年も、みんなよく頑張りましたね~。

隊長:ここらで、今年のゴ育て隊MVPでも決めちゃいますかっ!?

BOY特別隊長:いいね~。

 

まったりと過ごすトップ3とは異なり、何やら大忙しのO河原隊員とN川隊員。

何やら「誰でも簡単においしく作れる」という魔法のようなレシピを手に入れたそうで、さっそくレッツクッキングです。

 

O河原:N川隊員っ!そろそろお湯が沸いてきましたよっ!

N川:はいっ!もうすぐゴーヤが切り終わりますっ!

O河原:!?・・・ちょっと分厚すぎない??

N川:今更どうしようもありませんっっ!ええいっ!このまま、お湯に投入ですっ!!

O河原:ギャーッ!危ないっ!もっとゆっくり入れなきゃっ!!

N川:それより、ご飯の準備は順調ですかっ!?

O河原:あっ、炊飯器のスイッチ押すの忘れてた・・・。

 

料理経験ほぼゼロの2人が力をあわせて作ったのは、「ゴーヤの佃煮」。

まずまずの出来に、2人とも大満足♪さっそく味見です。

O河原:では、いただきま・・・

N川:おかわりっ!

O河原:気を取り直して、いただきま・・・

N川:おかわりっ!

O河原:・・・。

N川:おかわりっ!

 

少し味見のつもりが、ご飯が進む、進む。

とってもおいしくできました。

皆さんも、ぜひ、作ってみてください♪

 

ゴーヤの佃煮レシピ(PDF:61.3KB)

「ゴ育て隊」メンバー紹介

「ゴ育て隊」メンバー紹介

関連リンク

「たかつき緑のカーテン大作戦」

お問い合わせ先
高槻市 産業環境部 環境緑政課
高槻市役所 本館5階 
電話番号:072-674-7483
FAX番号:072-661-3198
お問い合わせフォーム(パソコン・スマートフォン用
※フォームでのお問い合わせは回答までに日数をいただく場合があります。
お急ぎの場合は必ずお電話でお問い合わせください。

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

ページの先頭へもどる