現在の位置

環境モニタリングの結果

津之江公園自然再生エリアとその周辺では、平成21年度から平成25年度にかけて、どんな動物や植物がどんな場所にいるのか、また、年々どのように移り変わっているのかを把握するための調査を行いました。

5年間の調査では、1,296種の動植物が確認されました。
また、津之江公園では自然再生の目標として目標種を49種(動物25種・植物24種)選定しています。そのうち、5年間でメダカやギンヤンマ、アカメヤナギなど40種(動物22種・植物18種)が確認されました。一方で、ヌートリアやミズヒマワリなどの特定外来生物(注釈:1)に指定されている種は、11種(動物5種・植物6種)確認されました。

■平成21~25年度に確認された種数
哺乳類 4種
鳥類 63種
爬虫類 6種
両生類 4種
魚類 29種
底生動物 101種
貝類 22種
昆虫類 690種
植物 377種

 

■平成21~25年度に確認された目標種
哺乳類(1種) カヤネズミ
鳥類(3種) カルガモ、バン、カイツブリ
魚類(4種) メダカ、フナ、ドジョウ、オイカワ
貝類(7種) イシガイ、サカマキガイ、ヒメタニシ、トクサオカチョウジガイ、ホソオカチョウジガイ、オカチョウジガイ、ナミコギセル
昆虫類(7種) ヒメボタル、ギンヤンマ、シオカラトンボ、ハグロトンボ、クロイトトンボ、アオモンイトトンボ、キイトトンボ
植物(18種) アカメヤナギ、タチヤナギ、カワヤナギ、エノキ、コナラ、クヌギ、ヤマグワ、アキニレ、ネコヤナギ、ヨシ、マコモ、ウキヤガラ、オギ、ツルヨシ、ヒシ、トチカガミ、エビモ、ウキクサ

 

シオカラトンボ

▲シオカラトンボ

メダカ

▲メダカ

(注釈:1)特定外来生物

海外起源の外来種で、生態系等へ被害を及ぼすもの、又は及ぼすおそれがあるとして「特定外来生物における生態系等に係る被害の防止に関する法律」において指定された種を言い、飼養・栽培・保管・運搬等が規制されています。

これまでのモニタリング調査で確認した自然再生の目標種(PDF:124.9KB)

関連リンク

津之江公園

お問い合わせ先
高槻市 街にぎわい部 農林緑政課
高槻市役所 総合センター 9階 
電話番号:072-674-7402
ファクス番号:072-675-3133
お問い合わせフォーム(パソコン・スマートフォン用
※内容によっては回答までに日数をいただく場合があります。

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

ページの先頭へもどる