現在の位置

街角ユースLABOを開催しました!

街角ユースLABO 「旅行」をテーマに交流しました!

こんにちは!街角ユースメイトのH.Mです。2月22日(木)に街角ユースLABO「旅行」を開催しました。今回の案内人を担当させていただいたので、その時の様子をリポートします。

 

街角ユースLABOの様子

今回のテーマは「旅行」で、私が行く機会の多かった中国と韓国をメインに話をしました。中国と韓国は日本と同じアジアで似ているところも多く、日本でも日常生活、食生活、様々な部分で触れる機会も多いと思います。

はじめに、日本ではあまり食べる機会のない各国の食べ物について紹介し、実際に私が現地で食べたものの写真を見ながら、食べ方や、調理方法、味、感想などをお話ししました。日本ではなかなか目にする機会のない、韓国の「スンデ」や中国の「臭豆腐」などについてお話ししました。見た目も名前も印象的な食べ物だったため、皆さんも興味津々で話を聞いてくださっていたので、とても嬉しかったです。

街角ユースLABOの様子

次に、中国や韓国以外で行ったことのあるマレーシアの話も少しさせていただきました。お世話になった人々や、現地でのエピソード、食べ物の写真などを見ながら、感じたことをお話ししました。

最後には、私が街角ユースLABOの数日前に行った、韓国で開催されていた平昌オリンピックの様子をお伝えしました。街角ユースLABO当日は、オリンピックが開催中だったので、皆さんにとても新鮮なお話を聞いてもらえたかな、と感じました。

話が終わって、質問コーナーを設けさせていただき、参加者の皆さんからの質問にお答えしました。参加者の方々が疑問に思っていることに対する答えだけでなく、プレゼンテーションでお話しすることのできなかった他のエピソードを交えてお話ししました。

今回の街角ユースLABOでは、予想以上に多くの方が参加してくださり、皆さん真剣に話を聞いてくださったので、とてもいい経験になりました。自分の中では「もう少しうまくできたのではないかな?」「皆さんに楽しんでいただけたかな?」と少し反省点がありましたが、今回の経験をバネにして、またこのような機会をいただいたときに生かせるように、これからも大好きな「韓国・中国」をより一層勉強していきたいなと感じました。

 

今後も街角ユースLABOは様々なテーマで開催予定です。興味を持った方は、ぜひお気軽にご参加ください!

 

平成30年2月22日(木)

リポート 街角ユースメイト H.M

街角ユースLABO 「映画」をテーマに交流しました!

こんにちは!街角ユースメイトのI.Rです。1月9日(火)に街角ユースLABO「映画」を開催しました。今回の案内人を担当したので、その時の様子をリポートします。

街角ユースLABOの様子

私がよく映画館に映画を観に行くので、「映画館の楽しみ方」を主なテーマとして、「映画館の歴史」や「映画館のよいところ」、「映画館で観る際の情報収集」「近年私が観た中で良かったと思った映画」、そして「映画館でのマナーについて」の5つに分けて紹介しました。

最初に、映画館の歴史を簡単に説明しました。エジソンの発明した「キネトスコープ」や、リュミエール兄弟の「シネマトグラフ」、トリック映画監督ジョルジュ・メリエスなどについて、動画を交えながら話しました。

街角ユースLABOの様子

次に、映画館ならではの良いところを紹介しました。特殊なスクリーンや料金システム、様々な内容や配布物などがあります。私が映画館で実際にもらった前売り券得点や入場者得点も持参し、参加者の方々に見ていただきました。また、最近の流行として「発声可能上映」や「爆音上映」などの特殊な上映方法を紹介したところ、「そういうものもあるの?」という驚きの声が上がっていました。

続いて、映画館に行く際の情報収集の仕方について、いくつか説明しました。私がいつも使っている映画専門サイトやレビューサイトの紹介、劇場HPの活用法の説明などを行いました。また、「トレンドになっている作品は、話題合わせのために観たほうがいいのか」という点についても少しだけお話ししました。

「近年私が観た中で良かったと思った作品」のコーナーでは、アニメ部門、邦画部門、海外部門の3つに分け、それぞれ3~4作ほど紹介しました。参加者の方からは「どんな映画が好きなのか分かるチョイスだね」という感想をもらいました。また、今後公開を予定している作品の中で、自分が注目している作品もいくつか紹介しました。

最後に、映画盗撮防止法や、映画館のマナーなどについて、図を用いて説明しました。なるべく映画館内のすべての人が、不快な思いをせずに映画を楽しむために、マナーを守ることが大切だということを伝えました。

今回の街角ユースLABOを通して、参加者の方々が「映画館で映画を観る」ことについて、今まで以上に興味を持っていただけたなら、とてもありがたいです。

今後も街角ユースLABOでは若者に関心のあるテーマで交流をします。途中参加もできるので、みなさんぜひ参加してくださいね!

 

平成30年1月9日(火)

リポート 街角ユースメイト I.R

街角ユースLABOお仕事編 「フォトグラファー」を開催しました!

こんにちは!街角ユースメイトのY.Sです。12月21日(木)に街角ユースLABOお仕事編「フォトグラファー」を開催しました。その時の様子をリポートします。

街角ユースLABOの様子

街角ユースLABOの様子

街角ユースLABOの様子

 雑誌「るるぶ」などの写真を撮影したり、高槻市内のイベントでも多数活躍されている現役フォトグラファーの平野谷雅和さんをお招きし、フォトグラファーのお仕事や自身の職業観など、いろいろなお話をお聞きしました。

 平野谷さんのお話の中で、撮影で特に大事なことは撮影する前の準備であること、また撮影の対象になる人と積極的にコミュニケーションを取ることだとおっしゃっていたことが印象深かったです。そして、普段使用されている撮影器具の紹介や、写真を撮るときに気を付ける配置のコツなどを教えていただきました。

街角ユースLABOの様子

 その後、実際にお菓子やぬいぐるみなどの小道具を撮影対象にして、レフ板とライトを使って、影の具合を調整し、きれいに撮影できる方法を教わりました。その話を聞きながら、参加者の皆さんと一緒に様々なアングルから撮影を行いました。

 また、スマホでアプリなどを使わず、もともと備わっている編集機能でSNSに載っているようなオシャレな加工方法も教えていただきました。

 平野谷さんに教わったことを踏まえて実際に写真を撮ると、普段よりも格段に写真のうつりが良くなった気がします。

 今まではたいして意識をせずに写真を撮っていましたが、今回の講座を体験して、少し工夫をすることで素敵な写真を撮ることができると実感し、とても良い経験になりました。

 今後も街角ユースLABOでは若者に関心のあるテーマで交流をします。途中参加もできるので、気になった方はぜひご参加ください♪

 

平成29年12月21日(木)

リポート 街角ユースメイト Y.S

街角ユースLABO 「射撃」をテーマに交流しました!

こんにちは!街角ユースメイトのY.Sです。11月24日(金)に街角ユースLABO「射撃」を開催しました。今回の案内人を務めたので、その時の様子をリポートします。

街角ユースLABOの様子

「射撃」と聞くと、狩猟やサバイバルゲームなどをイメージされる方が多いと思いますが、私が大学の射撃部に所属しているので、今回はスポーツ競技である射撃を紹介しました。スポーツ競技の中でも、クレー射撃、ライフル射撃など射撃競技の種類は色々あり、初めにその違いを写真を交えながら説明しました。

次に私がライフル射撃をメインにしているので、試合のルールやどのような姿勢で撃つのかを写真で紹介しました。また、写真では分かりづらいところもあるので、動画で試合の様子を見てもらいました。参加者の方が興味深そうに見てくださり嬉しかったです。

街角ユースLABOの様子

その後、ビームライフルという初心者向けのライフル銃の模型を持つ体験をしてもらいました。みなさんの乾燥は、男性の方は「思っていたより軽い。」と言っていましたが、女性の方は「結構重い。」と、対照的な感想で印象に残りました。

また、ライフルに関するクイズをいくつか出しました。「スモールボア・ライフルという火薬銃に使われる弾丸の一弾の値段は何円?」というクイズを出したら、3択問題でしたが、思っていたより参加者の方の解答が分かれて盛り上がりました。

射撃はオリンピック競技ですが、知名度はあまり高くないマイナーなスポーツなので、これをきっかけに少しでも興味を持っていただけたら嬉しいです。

 今後も街角ユースLABOでは若者に関心のあるテーマで交流をします。途中参加もできるので、みなさんぜひ参加してくださいね!

 

平成29年11月24日(金)

リポート 街角ユースメイト Y.S

街角ユースLABO 「歴史」をテーマに交流しました!

こんにちは。街角ユースメイトのIです。10月26日(木)に街角ユースLABO「歴史」を開催し、案内人を担当したので、その時の様子をレポートさせていただきます。

 

街角ユースLABOの様子

 今回私が題材にした人物は、「源頼朝」と「源義経」です。戦乱を治め、幕府を作った兄頼朝と、戦で活躍した弟義経の二人を、逸話を交えつつ紹介させていただきました。

 最初に、平安時代末期の時代背景の説明や、処刑寸前でなんとか免れた二人の始まりから、義経は鞍馬寺で修行を受け成長していく様子を、頼朝は伊豆から兵をまとめていく様子を説明しました。そして、二人の再会、平氏との闘い、義経の転落と頼朝が幕府を作りあげるまでの過程を紹介しました。

街角ユースLABOの様子

 説明の途中で、「壇ノ浦の戦いにて船上で協力な平氏を倒すために義経の行った秘策は何?」というクイズを出し、その答えを聞いた参加者の皆さんが驚いていたところが、いかに義経が型破りな人物かを表していると実感しました。

 その後に、鎌倉時代の人々の服装や、食べていたものといった文化面の紹介もしました。服装が「あったかそう」、「おいしくはないけど栄養はありそう」などの感想がありました。

 今回私が歴史について話すにあたって心配だったのは、「歴史を知らない人に説明が難しくないか?」という点だったのですが、参加者はみなさん真剣に聞いてくださり、分かりやすかったとの声もあったので良かったです。

 これからも街角ユースLABOは開催されます。途中参加もできますので、みなさんの参加をお待ちしています!

 

平成29年10月26日(木)

リポート 街角ユースメイト I

街角ユースLABOお仕事編「漫画家」を開催しました!

こんにちは!街角ユースメイトのTです。9月28日に漫画家のヤスガキさんをお招きして、街角ユースLABOお仕事編「漫画家」を開催しました。今日はその様子をリポートします!

街角ユースLABOの様子

ヤスガキさんはcomico(コミコ)で連載されていて、海外アニメ風の絵柄と独特の色使いが評判の漫画家さんです。はじめに、comicoで連載するまでの経緯や、漫画が出来上がるまでの過程など仕事の内容についてお話ししていただきました。ヤスガキさんの絵の練習方法や、イラストと向き合った高校・大学時代の話はとても興味深かったです。質問タイムでは、多くの質問を通して交流ができました。

街角ユースLABOの様子

次に、ヤスガキさんに、参加者3人の似顔絵を描いてもらいました。書き出しの速さや、みるみる完成させていく様子に大きな歓声が上がっていました。完成した似顔絵はまるで漫画に出てくるキャラクターのようで、今にも動き出しそうでした!

似顔絵の後には街角ユースフロアをイメージしたイラストを大きな紙に描いていただきました。完成したイラストからは、にぎやかな雰囲気が伝わってきて、フロアにぴったりの絵に仕上がりました!近日中にフロアに飾る予定ですので、みなさん、街角ユースフロアに見に来てくださいね!

今後も街角ユースLABOでは、若者の関心のあるテーマで交流や紹介を行っていきます。途中参加もできますので、お気軽にご参加ください!

 

平成29年9月28日(木)

リポート 街角ユースメイト T

街角ユースLABOで「アロマ」をテーマに交流しました!

こんにちは!街角ユースメイトのT.Mです。2月13日にAEAJ認定アロマセラピスト・アロマテラピーインストラクターの笠松さんをお招きして、街角ユースLABO「アロマ」を開催しました。今日はその様子をリポートします。

街角ユースLABOの様子

今回のテーマは「アロマ」で、まずはアロマの種類別に、体・心・肌への働き方の違いを教えていただきました。たとえば、イランイランという花は甘い香りでストレスを和らげる効果があり、レモンは爽やかな香りで頭をすっきりさせる効果があるなど、実際に精油の香りを嗅いで体験しました。参加者の皆さんは「私はこの香りが好き」「これは苦手だな」などの感想を言い合いながら、和気あいあいと交流されていました。

街角ユースLABOの様子

様々な香りを体験した後は、バスボム作りに挑戦!自分の好きな香りを自由に組み合わせて、まるで理科の実験のように楽しみながら作りました。材料を混ぜて水をスプレーして固める!という簡単な工程なのですが、やってみると意外に難しい!精油を入れすぎてしまったり、固めている最中に割れてしまって固めなおしたり…。皆さん苦戦しながらも、オリジナルのバスボムを完成させました。

私は香水やお店のアロマコーナーなどが苦手だったのですが、今回参加者のみなさんと色んな香りを試して、感じたことを共有することは本当に楽しかったです。とても良い経験でした。近いうちに自分で作ったバスボムを使ってみようと思います。

今後も街角ユースLABOでは、若者の関心のあるテーマで交流や紹介を行っていきます。リポートを読んで気になった方は、お気軽にご参加ください!

 

平成29年2月13日(月)

リポート 街角ユースメイト T.M

街角ユースLABO「建築士ってどんなお仕事?」を開催しました!

こんにちは!街角ユースメイトのTです。3月17日に街角ユースLABO「建築士ってどんなお仕事?」を開催し、建築士の今宮潤さん(お茶の間設計株式会社代表取締役)にお仕事についてお話しいただきました。参加した感想をリポートします!

街角ユースLABO

これまで私の中で、建築士とは「家の設計をする人」という漠然としたイメージしかありませんでした。

しかし、実際にお話を聞くと、ただ「家を設計する」だけでなく、その家に住む人のこれからの生活設計もサポートする責任重大なお仕事なのだと分かりました。

今宮さんが家を設計するときには、家を建てる予定の土地の気象情報やハザードマップ、歴史までを徹底的に調べられます。それらの情報を元に設計することで、例えば季節ごとの風向きを考えて窓の配置を工夫し、真夏にもクーラーを使わずに涼しく過ごせる快適な家を建てられるそうです。

また、設計図を完成させるまでに1年以上を費やすこともあるそうで、お客様自身が本当に求めているものは何かをじっくり考えて、最善の選択をしてもらえるよう、何回でも納得のいくまで設計図を提案し、検討を重ねられるそうです。設計図が完成するまでにそれほど手間と時間がかかるとは思っていなかったので、とても驚きました。

建築士は、家を建てるという人生の一大イベントに関わる大変大きな責任を負うお仕事ですが、同時にとてもやりがいのあるお仕事だと感じました。いつか、私が家を建てるときには今宮さんのようなお客様思いの建築士さんにお願いしたいです。

 

平成28年3月17日(木)

リポート 街角ユースメイト T

街角ユースLABO「雑貨屋さんってどんなお仕事?」を開催しました!

こんにちは!街角ユースメイトのS.Yです。

青少年センターでは15歳~概ね29歳の青少年が、普段の生活や社会的課題をテーマに自由に語り合い、交流する「街角ユースLABO」を実施しています。今日は2月18日に実施した「街角ユースLABO」の様子をリポートします。

街角ユースLABOの様子

今回のテーマは「雑貨屋さんってどんなお仕事?」。茨木市にある雑貨屋YogiYogi店主のリリィさんに、お仕事についてお話しいただきました。

まずは参加者が持っている雑貨屋さんのイメージを出し合い、大型チェーン店から個人のお店まで、それぞれに特色のあるお店があることを共有しました。そんな中でもひときわ個性的なお店であるYogiYogiについて、外観や店内の様子を写真付きで紹介してもらいました。実際にお店で取り扱っている商品も持ってきていただき、手作りの絵本やニット帽等、作り手の思いのこもった商品のあたたかさを感じました。

街角ユースLABOの様子

次に、雑貨屋を開くためには何が必要かをお話しいただきました。立地条件や建物を借りるにあたっての条件、仕入れ方法、お店の顔となる店名やロゴについてなど、多岐に渡ってわかりやすくお話ししていただきました。参加者からもたくさん質問が出て、ひとつひとつ丁寧に答えてくださりました。

最後に、お店をやっていて大変なこと、よかったこと、プレゼントを選ぶ時のコツなどをお話ししていただきました。プレゼント選びの相談は歓迎だそうですので、迷ったときは遠慮せず相談してみましょう!

街角ユースフロアの様子

インターネットで何でも買える便利な時代ですが、お店があることで共有できる時間や人のつながりがあるのだなということをリリィさんのお話を聞いて感じました。また、リリィさんのお仕事への熱い思いや、お客さんとの信頼関係をとても大切にされていることが印象的で、こんなふうに仕事に向き合えるって素敵だな!と思いました。

 

今後も続いていく「街角ユースLABO」!案内人たちは毎回面白い話を様々な手法を用いて語ってくれます。新しいことを知りたい方や知識を深めたい方は、ぜひご参加ください。

平成28年2月18日

リポート 街角ユースメイト S.Y

街角ユースLABOで「香港旅行」をテーマに交流しました!

1月14日に、街角ユースLABOで「香港旅行」をテーマに交流しました。

案内人の毎床さんは、お母さんに誘われて行った香港旅行をきっかけに香港が大好きになり、何回も旅行に行っているということで、香港の魅力や、旅の楽しみ方を話してくれました。

高層ビルが立ち並ぶ西洋的な都会と、看板が立ち並ぶ東洋的な街並みの両方が楽しめること、「百万ドルの夜景」、飲茶などについて写真を交えて紹介され、参加者は興味津々で聞いていました。

街角ユースLABOの様子

参加者のMさんの感想を紹介します。

「今まで、香港は全く未知の世界でイメージがわかなかったけれど、毎床さんが香港の魅力やおすすめのスポット、どういった場所でどのようなことに気をつければよいのかを詳しく説明してくれたので、香港に興味がわいてきました。毎床さんが何回も行くほど魅力的な場所なので、機会があれば一度訪れてみたいと思いました。」

毎床さんの話を聞いてMさんの関心がひろがったようで、嬉しいです!

みなさんも街角ユースLABOで知らなかった世界に触れてみませんか?

平成28年1月14日(木)

リポート 青少年センター I

街角ユースLABOで「キャストパズル」をテーマに交流しました!

こんにちは!街角ユースメイトのS.Yです。

青少年センターでは15歳~概ね29歳の青少年が、普段の生活や社会的課題をテーマに自由に語り合い、交流する「街角ユースLABO」を実施しています。今日は11月19日に実施した「街角ユースLABO」の様子をリポートします。

街角ユースLABOの様子

今回のテーマは「キャストパズルにチャレンジ」で、キャストパズルにはまった私が、現在学んでいる心理学を交えて紹介しました。キャストパズルは知っているけれども解けたことがない方、キャストパズル自体を知らない方など多くの方に参加していただきました。

まずはキャストパズルとは何か、というお話から。キャストパズルは知恵の輪の一種であることから、知恵の輪の歴史の話をしたり、いろいろと調べていく中で私が「面白い」と思ったことをお伝えしました。

街角ユースLABOの様子

次にキャストパズルの魅力についてお話しし、解けた瞬間だけでなく、触っている感触や音、見た目も楽しめるものだということを実際に体験していただきました。

解けた瞬間、参加者のみなさんの顔がぱっと明るくなるのは見ているこちらも嬉しくなりました。

そしてこの「キャストパズルを解く」という行為と心理学を結び付けたお話と、日常生活でも使える心理学のテクニックを少しだけお話ししました。少しでもみなさんの生活に活用していただければ嬉しいです。

今回このような機会をいただけてとても良かったです。自分の好きなことを話せる楽しさと難しさ、そして何よりそれが伝わって「面白い」と言っていただけたときの幸せを経験することができました。

 

今後も続いていく「街角ユースLABO」。毎回案内人たちが興味あること、面白いことを様々な手法を用いて語ってくれます。興味ある方もない方も是非!新しい世界が広がるかもしれませんよ。

 

平成27年11月19日(木)

リポート 青少年センター S.Y

街角ユースLABOで「マジック」をテーマに交流しました!

9月17日に、街角ユースLABOで「マジック」をテーマに交流しました。

今回の案内人、マジック愛好家の森田さんは、高校生の頃からマジックが趣味で、一時はプロを目指していたという本格派。

街角ユースLABOの様子

まずはマジックの実演をしていただき、参加者一同「何が起きたの?」と驚きの表情に!

それから、森田さんが尊敬するマジシャンの映像を観ながら、マジックの魅力を語り合いました。「技術の難易度ではなく、いかに観客を楽しませるかが重要」という意見に、マジックの奥深さを感じました。

街角ユースLABOの様子

最後に、参加者がトランプのマジックに挑戦!簡単そうに見えて、なかなか難しいものですね。
実際に挑戦してみて、練習を重ね、観客を驚かせることが出来たときの喜びの大きさを想像できました。

森田さんのお話を聞いて、人を楽しませることが出来る趣味を持っているのは素敵だなと感じました。私も教えてもらったマジックで友達を驚かせてみようと思います!

平成27年9月17日(木)
リポート 青少年センター I

過去の街角ユースLABO

平成27年5月、7月の街角ユースLABOの様子は、「スタッフリポート」に掲載しています。こちらもご覧ください。

地域教育青少年課『スタッフリポート』(5月)

地域教育青少年課『スタッフリポート』(7月)

お問い合わせ先
高槻市 教育委員会 教育管理部 地域教育青少年課
高槻市役所 総合センター 10階 
電話番号:072-674-7654
お問い合わせフォーム(パソコン・スマートフォン用
※フォームでのお問い合わせは回答までに日数をいただく場合があります。
お急ぎの場合は必ずお電話でお問い合わせください。

ページの先頭へもどる