現在の位置

平成24年第13回高槻市教育委員会定例会会議録

平成24年9月18日(火曜日)午前10時00分、平成24年第13回高槻市教育委員会定例会を教育委員会室に招集した。

出席委員(5人)

1番 勝山 葉子 委員
2番 間石 成人 委員
3番 岸本 一男 委員
4番 中村公美子 委員
5番  一瀬  武 委員

説明のために出席した事務局職員の職、氏名

教育管理部長 上田 昌彦
教育指導部長 山岡 利夫
教育管理部部長代理 石 正伸
教育管理部部長代理 鐘ヶ江一朗
教育管理部参事兼中央図書館長 堀江 公夫
教育指導部部長代理 能村 昌人
教育指導部参事兼教育指導課長  福井  弘
総務課長 田中 宏和
総務課主幹 四宮 明男
学務課長 小阪 智啓
学務課主幹  仲  靖之
保健給食課長 中村 秀行
地域教育青少年課長 川口 隆志
文化財課長兼しろあと歴史館長 宮崎 康雄
文化財課主幹兼今城塚古代歴史館事務長 易永 一義
城内公民館長 木田喜八郎
教育指導課主幹 小澤 康信
教育指導課主幹 安田 信彦
教職員課長  横山  寛
教職員課主幹 水野 雅友
教育センター所長 中西 浩一
教育センター主幹 松本ちよみ
総務課副主幹 丹羽 正裕
総務課副主幹 田口 裕之
地域教育青少年課副主幹  亀井  学
しろあと歴史館事務長 中西 裕樹
教育指導課副主幹  原  綾
教職員課副主幹 吉川 智之
 

議事日程

日程第1 承認第11号   高槻市立学校の府費負担教職員の勤務時間、休日、休暇等に関する規則中一部改正について

書記

奥  博志

( 午前10時00分開会 )

勝山葉子委員長
 ただいまから、平成24年第13回高槻市教育委員会定例会を開会いたします。
 本日の本会議の出席委員は、5名でございます。なお、本日の本会議の署名委員は、2番 間石委員 3番 岸本委員にお願いいたします。

勝山葉子委員長
 ここで、会議録の承認をお願いいたします。本日は、平成24年第12回定例会会議録の承認をお願いいたします。会議録の朗読を省略してご異議ございませんか。

(異議なし)

(署名委員 会議録署名)

勝山葉子委員長
 それでは、議事に入ります。
 日程第1、承認第11号、「高槻市立学校の府費負担教職員の勤務時間、休日、休暇等に関する規則中一部改正について」を議題といたします。提案理由の説明を求めます。

教育指導部長(山岡利夫)                           (提案理由説明)
 ただいま上程されました日程第1、承認第11号、高槻市立学校の府費負担教職員の勤務時間、休日、休暇等に関する規則中一部改正について、提案理由のご説明を申し上げます。
 本件は、大阪府が市町村立学校の府費負担教職員の勤務時間、休日、休暇等に関する規則の一部改正について、8月29日に正式に準則を示された中で、放課後児童健全育成事業を行う施設等の送迎を行う職員等の福祉の増進、公務能率の向上を図るため、当該職員の早出遅出勤務を導入することとなり、今回この部分について緊急に規則の改正が必要となったものでございます。したがいまして、9月1日の施行期日に間に合わせるため、教育長に対する事務委任等に関する規則第3条第2項により、教育長の臨時代理により決裁を行ったものでございます。
 それでは、お手元の新旧対照表をご覧ください。第4条の2を改正し、これまでの育児を行う職員が保育所等への送迎を行う場合、負傷、疾病又は老齢により日常生活を営むのに支障がある被介護人の介護を行う場合に加えまして、小学校の第1学年から第3学年までの子のある職員が放課後児童健全育成事業を行う施設等の送迎を行うために、始業及び終業の時刻を変更する必要があると認められる場合、勤務時間の割振り及び休憩時間の変更を認めるものでございます。
 実際の取扱いにおきましては、早出遅出勤務について、15分単位で設定でき、15分の早出、15分、30分または45分の遅出の4つの形態のいずれかが認められることとなりますが、一日の勤務時間7時間45分については、従来と変更はございません。
 以上まことに簡単な説明でございますが、ご報告申し上げますとともに、よろしくご審議の上、ご承認いただきますようお願いいたします。

勝山葉子委員長
 ただいま、提案理由の説明が終わりましたが、委員の皆さん何かご質問はございませんでしょうか。

間石成人委員
 一日の勤務時間7時間45分は変更がない中で、早出遅出を設定することで、どういう形でそれを利用できるのですか。例えば保育所の場合は、通常より遅出でないと保育所に送ってから出勤できない、あるいは終業時間を早めにしないと迎えにいけない、そういうのはよくわかるのですが、放課後児童健全育成事業の場合には、勤務時間に変更がない中でどういう形で利用していくことになるのですか。

教職員課副主幹吉川智之
 勤務時間が8時30分から5時までとしますと、これを8時15分から4時45分までという形に勤務時間を変更しまして、学童保育の終了が6時であれば、6時に迎えにいけるような形に勤務時間を変更するということでございます。

間石成人委員
 送迎とありますが、今の場合は送るほうは入らないですね。子どもを迎えに行くために勤務時間の変更が役立つ、こう理解していいわけですか。

教職員課副主幹吉川智之
 学童保育の開室時間につきましては、高槻市の場合、平日は1時から6時という形になっておりますが、土曜日については、8時45分から5時という形ですので、土曜日等の場合については送りについても、想定されているのではないかと思っております。

岸本一男委員
 一日の労働時間を定めた中で、週の労働時間がありますが、これをフレックスに運用するということは考えておられないのですか。例えば、子どもの行事等があるので今日は5時間で、不足の2時間45分を翌日にプラスして労働時間をとるとか、そういうフレックスタイムの導入は全然考えておられないのですか。

教職員課主幹(水野雅友)
 現在のところ、府費負担教職員につきましては、そのようなシステムは導入されておりません。

岸本一男委員
 ということは一日の労働時間は定められているということですね。

教職員課主幹(水野雅友)
 一部宿泊行事等の場合を除きまして、一日の勤務時間は7時間45分というふうに定められております。

勝山葉子委員長
 それが教職員と一般のサラリーマンの違いですね。子どもたちがいるので休みたくてもなかなか休めないというのがあると思います。

一瀬武委員
 確認だけですが、早出遅出勤務は15分単位で設定でき、15分の早出ということは朝15分早く来るわけですので、夕方15分早く帰れるということですね。それから遅出の15分・30分・45分というのは夕方遅くなるということですね。

教職員課主幹(水野雅友)
 教育長のご指摘のとおりでございまして、15分早く8時15分に勤務が始まりましたら、16時45分まで通常より15分早く、勤務開始時間を早くすれば勤務終了時刻も早くなります。15分・30分・45分遅くなりましたら、それぞれ勤務終了時刻も15分・30分・45分遅くなるという形でございます。

一瀬武委員
 もう1つ、これも確認だけですが、放課後児童健全育成事業というのは学童保育のことですね。

教職員課主幹(水野雅友)
 学童保育と理解していただいて結構かと思います。

中村公美子委員
 参考までに教えていただきたいのですけど、今回のこれは府費負担教職員ですが、高槻市立の幼稚園は市費負担の教職員になると思うのですが、その場合も同じような形になっているのかどうか教えていただけますか。

総務課副主幹(田口裕之)
 高槻市で勤務するいわゆる市費の職員につきましては、現状この早出遅出勤務を導入しておりません。したがいまして、休暇制度や育児休業、育児時間等の制度で対応しておりますので、よろしくお願いいたします。

中村公美子委員
 関連して、小中学校に市費負担の教職員はどの程度いらっしゃるのか教えていただけますか。

総務課副主幹(田口裕之)
 学校で勤務している市費職員と申しますと、校務員、給食調理員が市費の職員になってございますので、よろしくお願いいたします。

勝山葉子委員長
 他に何かございませんでしょうか。それでは、無いようですので、採決に入ります。承認第11号、「高槻市立学校の府費負担教職員の勤務時間、休日、休暇等に関する規則中一部改正について」を原案どおり承認してご異議ございませんか。

(異議なし)

勝山葉子委員長
 ご異議が無いようですので、本件は原案どおり承認されました。
 以上で、本日の日程がすべて終了いたしましたので、閉会といたします。

 

( 午前10時14分閉会 )

 

お問い合わせ先
高槻市 教育委員会 教育管理部 総務課
高槻市役所 総合センター 11階 
電話番号:072-674-7612
FAX番号:072-674-7641
お問い合わせフォーム(パソコン・スマートフォン用
※内容によっては回答までに日数をいただく場合があります。

ページの先頭へもどる