現在の位置

平成24年第7回高槻市教育委員会定例会会議録

平成24年5月23日(水曜日)午後2時00分、平成24年第7回高槻市教育委員会定例会を教育委員会室に招集した。

出席委員(5人)

1番 勝山 葉子 委員
2番 間石 成人 委員
3番 岸本 一男 委員
4番 中村公美子 委員
5番  一瀬  武 委員

説明のために出席した事務局職員の職、氏名

教育管理部長 上田 昌彦
教育指導部長 山岡 利夫
教育管理部部長代理 石 正伸
教育管理部部長代理 鐘ヶ江一朗
教育管理部参事兼中央図書館長 堀江 公夫
教育指導部部長代理 能村 昌人
教育指導部参事兼教育指導課長  福井  弘
総務課長 田中 宏和
総務課主幹 四宮 明男
学務課長 小阪 智啓
学務課主幹 小原 和郎
学務課主幹  仲  靖之
保健給食課長 中村 秀行
地域教育青少年課長 川口 隆志
文化財課長兼しろあと歴史館長 宮崎 康雄
中央図書館主幹 角谷 秀文
教育指導課主幹 小澤 康信
教育指導課主幹 安田 信彦
教職員課長  横山  寛
教職員課主幹 水野 雅友
教育センター所長 中西 浩一
教育センター主幹 松本ちよみ
総務課副主幹 丹羽 正裕
総務課副主幹 田口 裕之
保健給食課副主幹 橋長 忠司
地域教育青少年課副主幹 田中 英夫
地域教育青少年課副主幹  亀井  学
しろあと歴史館事務長 中西 裕樹
城内公民館副主幹 大塩 由美
中央図書館副主幹 藤岡 敏文
教育指導課副主幹 佐藤 美恵
教育指導課副主幹  原  綾
教職員課副主幹 吉川 智之

議事日程
日程第1 議案第23号 高槻市社会教育委員の解嘱及び委嘱について
日程第2 議案第24号 高槻市教育委員会公印規則中一部改正について

書記

奥  博志

( 午後2時00分開会 )

勝山葉子委員長
 ただいまから、平成24年第7回高槻市教育委員会定例会を開会いたします。
 なお、本日の本会議に傍聴の希望がございましたので、許可を致しております。
 本日の本会議の出席委員は、5名でございます。なお、本日の本会議の署名委員は、2番 間石委員 3番 岸本委員にお願いいたします。
勝山葉子委員長
 ここで、会議録の承認をお願いいたします。本日は、平成24年第6回定例会会議録の承認をお願いいたします。会議録の朗読を省略してご異議ございませんか。

(異議なし)
(署名委員 会議録署名)

勝山葉子委員長
 それでは、議事に入ります。
 日程第1、議案第23号、「高槻市社会教育委員の解嘱及び委嘱について」を議題といたします。提案理由の説明を求めます。
教育管理部長(上田昌彦) (提案理由説明)
 ただいま上程されました、日程第1 議案第23号 高槻市社会教育委員の解嘱及び委嘱につきまして、提案理由のご説明を申しあげます。
 社会教育委員は、社会教育法第15条及び高槻市社会教育委員条例に基づきまして、平成24年5月1日現在、8名の委員を委嘱いたしております。また、同条例第3条第1項で任期は2年と規定されております。
 今回、山本幸生委員から辞任届が提出されましたことを受けまして、高槻市PTA協議会から推薦がありました川人隆文会長を新委員として委嘱しようとするものでございます。なお、新委員の委嘱期間は、同条例第3条第2項において前任者の残任期間とされておりますので、平成25年6月30日までとするものでございます。
 以上、誠に簡単な説明ではございますが、よろしくご審議のうえ、ご可決賜りますようお願い申しあげます。
勝山葉子委員長
 ただいま、提案理由の説明が終わりましたが、委員の皆さん何かご質問はございませんでしょうか。
勝山葉子委員長
 それでは、無いようですので、採決に入ります。議案第23号、「高槻市社会教育委員の解嘱及び委嘱について」を原案どおり可決してご異議ございませんか。

(異議なし)

勝山葉子委員長
 ご異議が無いようですので、議案第23号は、原案どおり可決されました。
 続きまして、日程第2、議案第24号、「高槻市教育委員会公印規則中一部改正について」を議題といたします。提案理由の説明を求めます。
教育管理部長(上田昌彦) (提案理由説明)
 ただいま上程されました、日程第2 議案第24号、高槻市教育委員会公印規則中一部改正について、提案理由をご説明いたします。
 さる4月1日の機構改革におきまして、幼稚園と保育所を所管する組織を一元化することにより就学前の子育て支援の充実を図る観点から、教育委員会の職務権限である幼稚園に関する事務を、地方自治法第180条の7の規定に基づき市長部局の職員に補助執行させることにつきまして、前回の委員会において、教育委員会の権限に関する事務の一部の「補助執行に関する規則」の制定をご承認いただいたところでございます。
 そして、4月からこども未来部の「保育幼稚園総務課」と「保育幼稚園事業課」において、保育所に関する事務と幼稚園に関する事務が一元化されて行われているところでございます。
 また、幼稚園の職員に関する人事管理についても同様に、この4月から市長部局の総務部人事課の職員によって処理されておりますが、その中で給与所得の源泉徴収票や、住民税の特別徴収の届出書など給与・税務に関する事務、あるいは各種社会保険に関する事務、さらに福利厚生に関する事務などの手続書類に公印を押すことが多くございます。
 その際、補助執行による業務では、対外的には教育委員会名、もしくは事務局の長である教育長名の押印をして、文書を発することになり、その都度、人事課の職員が人事課のあります本館3階から、教育委員会の公印がございます総合センター11階まで公印を押すために移動しており、事務手続きが煩雑となっております。
 そこで、押印する機会が多く、書類の内容が定例的・定型的な場合につきまして、人事課に用途を特定した専用公印を置き、簡便かつ効率的な事務処理を行おうとするものでございます。
 こうした専用公印は、教育委員会としては初めてのことでございますので、従来の第2条に、新たに第2項を追加するのでございますが、市長の公印の場合は、住民票や戸籍のため、あるいは税の証明用をはじめ、60を超える専用公印が使用されております。なお、先ほど具体例として挙げました市長部局の人事管理の手続書類につきましては、人事課に市長の専用公印を置き、対応しているところでございます。
 以上、誠に簡単な説明ではございますが、よろしくご審議の上、ご可決いただきますようお願い申し上げます。
勝山葉子委員長
 ただいま、提案理由の説明が終わりましたが、委員の皆さん何かご質問はございませんでしょうか。
間石成人委員
 専用公印を置くのはハンコの問題ですけれども、それぞれの事務に関して決裁する、専決する権限は、その専用公印を置くところの部署の長などが持っているのですか。ハンコはそこの部署にあるけれど、何か人事関係の決裁のために11階の教育委員会に上がってこなければならないのなら、事務の煩雑を避けるということでは同じことになるので、どうなっているのかなと思ったのですが。
総務課副主幹(田口裕之)
 先ほどのお尋ねでございますけれども、総務部人事課に専用公印を置くということでございますが、総務部人事課におきましては、幼稚園職員の人事管理を行うということで、特に採用・退職が頻繁に起きる3月・4月につきましては、大量の手続きが必要になるということで、件数としましては多いときでだいたい数百件程度公印を押さないといけないということで、その都度往復しなければならないということになりますので、そういった事務に対応するために、今回用途を限定した形で専用公印を置きたいと考えておりますので、よろしくお願いいたします。
総務課長(田中宏和)
 少し補足させていただきますけれど、今申し上げたような用途で限定してということでございますけれど、権限につきましては、先般ご審議いただきました「教育委員会の権限に属する事務の一部の補助執行に関する規則」等におきまして、どういう部分についてどこに決裁権限があるのか定めてございますので、そこに沿って判断されるという形でございます。市長部局のほうで専決できるという形でとられているものにつきましては、その規則にしたがって決裁された上で専用公印を使用して証明等の事務を行う、そのような流れになりますので、よろしくお願いいたします。
勝山葉子委員長
 他に何かございませんでしょうか。それでは、無いようですので、採決に入ります。議案第24号、「高槻市教育委員会公印規則中一部改正について」を原案どおり可決してご異議ございませんか。

(異議なし)

勝山葉子委員長
 ご異議が無いようですので、議案第24号は、原案どおり可決されました。
 以上で、本日の日程がすべて終了いたしましたので、閉会といたします。

 

( 午後2時12分閉会 )

 

お問い合わせ先
高槻市 教育委員会 教育管理部 総務課
高槻市役所 総合センター 11階 
電話番号:072-674-7612
FAX番号:072-674-7641
お問い合わせフォーム(パソコン・スマートフォン用
※内容によっては回答までに日数をいただく場合があります。

ページの先頭へもどる