現在の位置

平成24年第3回高槻市教育委員会臨時会会議録

平成24年2月22日(水曜日)午後6時30分、平成24年第3回高槻市教育委員会臨時会を教育委員会室に招集した。

 出席委員(4人)

1番 勝山 葉子 委員
2番 間石 成人 委員
4番 中村公美子 委員
5番  一瀬  武 委員

説明のために出席した事務局職員の職、氏名

教育管理部長 四宮 明男
教育指導部長 山岡 利夫
地域教育監 上田 昌彦
教育政策室長 角谷 秀文
管理室長 石 正伸
学校教育室長  加藤  剛
学校教育室参事兼教育指導課長  有馬  均
学校教育室参事兼教職員課長 能村 昌人
地域教育室長兼地域教育課長  上田  巌
総務課長 大野 篤史
教育指導課指導主事  桑原  綾
教育指導課主査 佐々木 清

 

議事日程
日程第1 議案第14号 平成23年度教師用指導書購入契約締結について
日程第2 議案第15号 平成17年度教師用指導書購入契約締結について
日程第3 議案第16号 平成14年度教師用教科書及び指導書購入契約締結について

書記

奥  博志

( 午後6時30分開会 )

勝山葉子委員長
 ただいまから、平成24年第3回高槻市教育委員会臨時会を開会いたします。
 本日の本会議の出席委員は、岸本委員が欠席のため、4名でございます。なお、本日の本会議の署名委員は、4番 中村委員 5番 一瀬委員にお願いいたします。

勝山葉子委員長
 それでは、議事に入ります。
 日程第1、議案第14号、「平成23年度教師用指導書購入契約締結について」、
 日程第2、議案第15号、「平成17年度教師用指導書購入契約締結について」、
 日程第3、議案第16号、「平成14年度教師用教科書及び指導書購入契約締結について」は、関連する案件ですので、一括して議題といたします。提案理由の説明を求めます。

教育指導部長(山岡利夫)                           (提案理由説明)
 このたび、本当に申し訳ございません。今委員長からございました件でございますが、日程第1、議案第14号、日程第2、議案第15号、日程第3、議案第16号の小学校教師用指導書等購入契約締結原案につきましては、購入価格が2千万円以上の動産取得に当たりますので、本来は教育委員会の審議、ご可決をいただいたのち、議会の議決を得なければ有効な契約となり得ないものでございます。しかしながら、事務処理におきましてその認識が全く欠如し、進めてしまいました。重ねて深くお詫びを申し上げます。
 つきましては、契約締結日にさかのぼって、契約を有効にさせるため、教育委員会へ提案するものでございます。
 議案第14号は平成23年度の教師用指導書の購入にあたり有限会社長束興文堂の契約額が26,848,920円となっており、2,000万円を超えております。さらに、作成書類の残っております10年間を遡って調べましたところ、今回と同様に小学校教師用指導書の購入契約にあたりまして、教育委員会のご可決及び議会の議決をいただいていないものが2件ございました。議案第15号では平成17年度の教師用指導書の購入にあたりまして、同社の契約額が32,948,580円になっており、さらに、議案第16号、平成14年度は同社の小学校・中学校教師用教科書及び指導書の契約額が49,283,547円になっており、いずれも2,000万円を超えております。
 教師用指導書とは、教員が児童生徒に授業内容を指導する際に使用するものでございまして、おおむね4,5年に1回教科書が改訂されるなど採択替えが行われた際に新たに購入するもので、小学校の教科書が新しくなる今年度、前回の平成17年度、前々回の平成14年度に、各学校ごとの学級数分について、購入の契約をしたものでございます。
 この教師用指導書及び教科書は、各都道府県におおむね1箇所ずつございます教科書・一般書籍供給会社、大阪府では大阪教科書株式会社がその管内の教科書取り扱い書店の選定を行っており、高槻市管内を取扱うのは、平成23年度は有限会社長束興文堂、株式会社堀廣旭堂、有限会社長谷川商店の3書店が教科書取次ぎ供給の契約を結び、その際受持学校の指定もおこなっております。なお、平成14年度、17年度はこの3書店に加えいずみ書店も教科書取り扱い書店となっております。このような仕組みの中で、今回の教師用指導書の購入や児童生徒の教科書も配布される仕組みができております。
 教科書の価格が「教科書の発行に関する臨時措置法」第11条において文部科学大臣が認可し定めている上、教科書取り扱い書店も指定されていることや教師用指導書はその契約の際に覚書で定価と異なる価格で販売できなくなっていることなどによりいずれも随意契約となっております。
 以上、3件の案件について、一括して提案の説明をさせていただきましたが、このような事態を引き起こしまして、教育への市民の信頼を損ねる結果となったことにつきましては、改めまして深くお詫び申し上げるところでございます。申し訳ございません。今後、2度とこのような事態が起こらないよう、チェックリストを作成し、関係法令にのっとりまして、適正に執行してまいりますので、ご審議の上、ご可決賜りますようお願い申し上げ、提案理由の説明とさせていただきます。

勝山葉子委員長
 ただいま、提案理由説明が終わりましたが、それではまず、議案第14号、「平成23年度教師用指導書購入契約締結について」、委員の皆さん何かご質問はございませんでしょうか。

間石成人委員
 議案が3件あって、特に平成23年度においてという質問ではないのですが。まず、なぜ地方自治法あるいは条例に定めている手続きを失念することになったのか。その点をもう1度説明していただけますか。

教育指導課長(有馬均)
 今回、このような状況になった経緯でございますが、教科書関連の図書の取り扱いについては、定価販売されていること、それから取り扱い書店が指定をされ限定もされているということ、それからこの事務作業が4,5年に1回の事務ということなどが重なっておりまして、これまでも議会決議が必要な契約案件であるにもかかわらず、その認識が不足していたものにつきるというふうに考えております。大変申し訳ございません。

間石成人委員
 
今の前提をもう1度確認させていただきたいのですが、まず、教科書というのは、いくらの価格で買うかというのは交渉の余地がなくて、定価で購入しなければならない、そう理解すればいいのですね。

教育指導部長(山岡利夫)
 そのとおりでございます。

間石成人委員
 
それから、どこから購入するのか、あるいはどれだけの冊数を購入するのか、それもそれぞれの年度なり時期によって確定しているものであると、そう理解してよろしいですね。

教育指導部長(山岡利夫)
 そのとおりでございます。

中村公美子委員
 今後2度とこのような事態が起こらないようチェックリストを作成し、とおっしゃっていたのですけれど、今までそういったチェックリストがない中で、どういう体制でチェックされてきたのかを教えていただけますか。

教育指導課長(有馬均)
 教育指導課が起案をいたしまして、総務課に合議をさせていただいて、2千万円を超えるということですので、室長と部長の決裁をいただいた上で、事務処理をさせていただいたということでございます。

教育指導部長(山岡利夫)
 この案件について議会にかける、そういう具体的なチェックを1件ずつしたとまでは言い切れない、不十分であったと思っております。こういう基本的なミスを犯しましたので、そういう基本的なところからチェックをしないといけないと思っております。

間石成人委員
 これは質問というよりも意見ですけれど、この件は教育委員あるいは合議体としての教育委員会でも反省すべき点ではありうると思うのです。
 こういう教師用指導書等の購入契約など、個々のものを教育委員あるいは合議体としての教育委員会がチェックすることは、もちろん実際上できることではないですけれども、それぞれ権限を委ねられている事務局職員が、権限を適正にきちんと行使しているのか。あるいは法令を順守して契約を締結しているのか。そういうことに関して、きちんと確認していくような、内部統制のシステムが構築されているのかどうか。あるいは内部統制のシステムがあっても、有効に機能しているのかどうかということを、きちんとチェックするのが、会社でいいますと取締役あるいは取締役会の機能ですね。
 教育委員会でも同じように教育委員あるいは合議体としての教育委員会は、そういうことを本来は見ておかなければいけなかった。それに関して、我々が十分な意識を持っていたかと言われれば、反省しなければならない点はあると思うのです。
 ただ、今回のような教師用指導書等の購入に関してはミスはもう起こらないと思うのです。皆さんの十分な意識がある。しかし他の件で同様にうっかり意図せずにミスをしてしまうということは常にありうることです。そういうことをどうチェックしていくのかという、内部統制のシステム、あるいはそれを有効に働かせるシステムというのがどうできるのかというのは、今後きちんとやっていただく。また我々もそれがちゃんと働いているということを確認していく、これはこれからの課題だと思います。
 そういう意味でさきほどお詫びということを、おっしゃったけれども、それは我々に対しておっしゃることではなくて、市民なり議会に対してのご趣旨と理解しますけれども、そういうものとして教育委員も受け止めなければならないと思いました。

勝山葉子委員長
 教育委員会としても、私たちもチェックというか、確認していきたいと思います。

勝山葉子委員長
 他に何かございませんでしょうか。それでは、無いようですので、採決に入ります。議案第14号、「平成23年度教師用指導書購入契約締結について」を原案どおり可決してご異議ございませんか。

(異議なし)

勝山葉子委員長
 ご異議が無いようですので、議案第14号は、原案どおり可決されました。
 続きまして、議案第15号、「平成17年度教師用指導書購入契約締結について」、委員の皆さん何かご質問はございませんでしょうか。

勝山葉子委員長
 それでは、無いようですので、採決に入ります。議案第15号、「平成17年度教師用指導書購入契約締結について」を原案どおり可決してご異議ございませんか。

(異議なし)

勝山葉子委員長
 ご異議が無いようですので、議案第15号は、原案どおり可決されました。
 続きまして、議案第16号、「平成14年度教師用教科書及び指導書購入契約締結について」、委員の皆さん何かご質問はございませんでしょうか。

勝山葉子委員長
 それでは、無いようですので、採決に入ります。議案第16号、「平成14年度教師用教科書及び指導書購入契約締結について」を原案どおり可決してご異議ございませんか。

(異議なし)

勝山葉子委員長
 ご異議が無いようですので、議案第16号は、原案どおり可決されました。

一瀬武教育長
 私のほうからは、委員の皆様にお詫びをしたいと思います。教育委員長をはじめとしまして、各委員の皆様からは厳しいご指摘やお叱りをいただいたということでございます。この件につきましては厳粛に受け止めますとともに、教育委員会の事務局を代表しまして深くお詫びを申し上げたいと思っております。
 議案第14号、15号及び16号に供されました小学校教師用指導書等購入契約締結原案につきましては、高槻市の条例にも明記されていますように、購入価格が2千万円以上の動産取得であって、議会の議決を得るべき議案であり、本来、教育委員会の審議・ご可決をいただいた後、議会の議決を得なければ有効な契約にはならないものでございます。しかしながら、事務処理段階でそのことについての認識を欠いて進めてしまいました。事務局を預かる教育長としてその責任を痛感しておるところでございます。また、教育への市民の信頼を著しく損ねたことについて、市民の皆様にも深くお詫びを申し上げたい。
 今後、このようなことが2度と起こらないようにするために、事務局におきましてチェックリストを作成させ、行政手続きを熟知させるために研修を行い、各自の業務はいったい何なのかをきっちりと自覚させて、行政職員としての責任を持って職務に専念するように厳しく指導してまいりたいと思います。どうぞこの度のことにつきましてはお許しを願いたいと思います。本当に申し訳ございませんでした。

勝山葉子委員長
 
今回の事務処理の不手際については、大変遺憾であります。決裁が行われるまでにたくさんの方が関わっています。今回わかったのは3回ですが、その前のことも不透明です。誰かが気づくのが当然ではないかと考えてしまいます。
 皆さんは、行政のプロです。もっとプロ意識を持って、日々の仕事に臨んでほしいと思います。また、今後こういうことがないようにしっかりと組織として取り組んでほしいと思います。よろしくお願いいたします。

一瀬武教育長
 肝に銘じまして取り組んでまいりたいと思います。

総務課長(大野篤史)
 前回、2月14日の教育委員会におきまして、平成24年度教育費当初予算案をご審議いただいている中で、岸本委員のほうから学校園における地震予知対策に関するご質問がございまして、私のほうから現在、学校園にそのような設備は整えていないとお答えさせていただきました。
 その後、まだ決定の段階ではありませんが、現在、大阪府教育委員会では平成24年度当初予算におきまして、国庫委託事業を活用し検討されている実践的防災教育総合支援事業の中に、公立小中学校等への緊急地震速報受信システムの整備が新規事業として掲げられることがわかりましたので、お知らせをいたします。
 この事業は東日本大震災の教訓をふまえ、震災の発生時における迅速な初期行動が取れるよう、モデル校において防災科学技術を活用した避難訓練等を通して、新たな防災教育の指導方法等を開発・普及を行うことを目的とされているもので、モデル校は府内で50校程度とされ、受信システム機器を設置し、防災の専門家による避難計画、訓練のチェックやシステム機器を活用した防災訓練等を実施し、その効果・成果の検証を行うとされているものでございます。
 なお、予算が正式に承認されれば、今後本市にも連絡があるものと考えております。以上でございます。

勝山葉子委員長
 以上で、本日の日程がすべて終了いたしましたので、閉会といたします。

 

( 午後6時52分閉会 )

 

お問い合わせ先
高槻市 教育委員会 教育管理部 総務課
高槻市役所 総合センター 11階 
電話番号:072-674-7612
FAX番号:072-674-7641
お問い合わせフォーム(パソコン・スマートフォン用
※内容によっては回答までに日数をいただく場合があります。

ページの先頭へもどる