現在の位置

五領公民館 人権映画鑑賞会「父と暮せば」

イベント詳細
概要 井上ひさしの同名戯曲を名匠黒木和雄が映画化した感動作。原爆投下によって死別した親子の4日間の再開を通して生命の尊さを問いかける。
分野 講座・教室,ボランティア・市民活動・人権,文化・芸術
日時 2018年11月22日(木曜日)

午前10時から正午まで

場所 五領公民館

2階 大集会室

対象

高槻市内在住または通勤、通学の方

定員

60人(申込順)

内容

あらすじ

人類史上初の原爆が投下されてから3年後の広島。図書館に勤める美津江の前に、一人の青年が現れた。その青年に好意を示され、美津江も一目で彼に魅かれていく。しかし愛する人々を原爆で失い、自分が生き残ったことへの負い目を感じている美津江は、自分の恋心を押さえつけようとしていた。そんなとき、父の竹造(幽霊)が現れる。

関連ファイル

人権映画「父と暮せば」チラシ(PDF:200KB)

費用

無料

共催・協力

共催 高槻市教育委員会地域教育青少年課

協力 ほな行こか、町のちっちゃな映画館

保育

あり

6人(2歳から未就学児)

締切 2018年11月9日(金曜日)まで

 

申込 必要

11月5日(月曜日)午前9時から電話または直接公民館窓口へ

(受付時間:平日午前9時~午後5時15分)

問い合わせ先 高槻市 教育委員会 教育管理部 五領公民館
五領町11-6 地図
電話番号:072-669-6169

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

ページの先頭へもどる