現在の位置

35.野見神社と永井神社

野身神社 当(高槻)城内にあり。延喜式内。今牛頭天王と称す。此処の生土神とす。
例祭九月十四日。摂社八幡宮、八幡町にあり。若宮永井氏の祖神なり。
        

『摂津名所図会』より

野見神社

野見神社は、高槻市の中心部にある阪急高槻市駅の南口をでて、南に10分くらい歩いた樹木におおわれたところにあります。付近には、高槻現代劇場や高槻カトリック教会、しろあと歴史館などが並び、文化の香りをかもしだしています。かつて、このあたりは高槻城・三の丸で、城をまもる家臣の屋敷が軒を連ねていたところでした。

同神社は奈良時代、濃味(のみ)郷の鎮守で『延喜式』(927年成立)の式内社として、大変古い歴史をもっています。

戦国の時代には、高山右近が高槻城主となり、一時、天主教会堂やセミナリオなどが建てられたとも伝えられています。また、江戸時代には牛頭(ごず)天王や八幡神などが祭神でしたが、明治時代に入り、政府の神仏分離令に従って、スサノオノミコトと野見宿祢命(のみのすくねのみこと)が祭神として祀られました。

永井神社

永井神社は、野見神社の摂社で、本社本殿の東側に社殿があり、寛政5年(1793)、永井直進(なおのぶ:永井家第9代・高槻城主)によって初代直清の霊神を祭神に勧請し、創建されました。

その後、嘉永元年(1848)に永井家第11代城主永井直輝が直清の高槻城入城二百年を記念して社殿を修復し、新たに唐門と拝所を造立しました。特に、社殿の構成やその技法に江戸時代の藩政期の特色が見られます。また、唐門の彫刻は拝殿の拝所彫刻とあわせて、建築における彫刻装飾の優品ということができます。

拝殿には三層の天守閣がそびえる、かつての高槻城の姿が描れた絵馬が、明治11年に旧高槻藩士によって奉納されています。高槻城は明治時代の初めにすべてが破却されたため、今日では往時の姿を知りえませんが、この絵馬はありし日の高槻城の様子を伝える大変貴重な史料といえます。

毎年初詣や十日戎、七五三でにぎわう野見神社と直清が祀られている永井神社。今も昔も変わらず、多くの人々が詣でる姿がみられます。

野見神社・永井神社の問い合わせ先

野見神社(高槻市野見町6-6)
電話:072-675-1316 FAX:072-673-5128

(外部リンク)野見神社

関連ページ

野見神社

しろあと歴史館

高槻城跡

高山右近高槻天主教会堂跡

  • しろあと歴史館
  • いましろ 大王の杜
大王の国から
  • 調査・研究
  • 歴史・文化のふるさと豆知識 大王の国から