現在の位置

13.富田の酒づくり

富田は池田、伊丹とならぶ「北摂三銘酒」のひとつに数えられるお酒の名産地です。酒造りに適した良質なお米、阿武山系から流れ下る良質な水、丹波・丹後からの農閑期の労働力など、昔から酒造りに必要な条件を備えていました。

今に伝わる酒蔵

江戸時代の初めに、富田の酒造りは隆盛をきわめ、最盛期には24軒もの造り酒屋があったと伝えられています。その中心に位置したのが、清水市郎右衛門(屋号・紅屋)でした。清水家は、関ヶ原の戦いのとき徳川軍に協力した功績で、凶作の時でも酒作りが許されるなどの特権的な酒造りの免許(由緒株)を与えられたといわれ、将軍御目見えも許される家柄となりました。

今に伝わる酒蔵

江戸の町にも知られた銘酒「富田酒」。芭蕉の弟子、宝井其角(たからい きかく、1661~1707)の作と伝えられる、前後どちらから読んでも同じ回文(かいぶん)俳句がのこっています。

けさたんと のめやあやめの とんたさけ

この句にある「あやめ」とは、紅屋の酒の銘柄で、当時、江戸にまで知られた銘酒でした。江戸時代中期以降、灘の酒造業の勃興に伴って、生産量は次第に縮小され、さすがの紅屋も幕末頃には酒造りをやめてしまいました。しかし、酒造りの伝統は、現在も受け継がれ、今も2軒の造り酒屋が富田の地酒を守り続けています。また、富田は大阪で初めて「地ビール」がつくられた地でもあり、シーズンには芳醇な香りがあたりに漂っています。

関連ページ

町家・酒造コース

お問い合わせ先
高槻市 教育委員会 教育管理部 文化財課
高槻市役所 総合センター 10階 
電話番号:072-674-7652
お問い合わせフォーム(パソコン・スマートフォン用
お問い合わせフォーム(携帯電話用
※フォームでのお問い合わせは回答までに日数をいただきます。
お急ぎの場合は必ずお電話でお問い合わせください。
  • しろあと歴史館
  • いましろ 大王の杜
大王の国から
  • 調査・研究
  • 歴史・文化のふるさと豆知識 大王の国から