現在の位置

4.阿武山古墳の被葬者は?

茨木市との境にある阿武山の中腹(標高約200メートル)にそびえる、少し目立つ白い塔は京都大学阿武山地震観測所。昭和9年(1934)に、この観測所の拡張工事が行われたとき、「貴人の墓発見」として大々的に報道されたのが、阿武山古墳です。埋葬された人物は、大化元年(645)の「大化の改新」の立役者の一人であり、藤原氏繁栄の基礎を築いた中臣(藤原)鎌足(614~669)だといわれています。

その根拠は、『多武峯略記』(とうのみねりゃくき)などが記す、鎌足は山階(山科)に埋葬された後、安威山を経て、大和(奈良)の多武峯へ葬られたという記事にあります。

夾紵棺

また、夾紵棺(きょうちょかん:漆で固めた棺)内からは、美しい錦の残片や玉枕、金糸などの豪華な品々が発見され、金糸から復元された冠帽(かんぼう)の立派さやX線写真の解析で判明した被葬者の死亡状況などから、鎌足説が強くなってきています。

しかし、古墳から出土した土器は、七世紀の中ごろのものといわれており、鎌足の没年よりも古い時代の人物だったとも想定できます。まさに、謎につつまれた古墳です。

夾紵棺

関連ページ

史跡阿武山古墳

お問い合わせ先
高槻市 教育委員会 教育管理部 文化財課
高槻市役所 総合センター 10階 
電話番号:072-674-7652
お問い合わせフォーム(パソコン・スマートフォン用
お問い合わせフォーム(携帯電話用
※フォームでのお問い合わせは回答までに日数をいただきます。
お急ぎの場合は必ずお電話でお問い合わせください。
  • しろあと歴史館
  • いましろ 大王の杜
大王の国から
  • 調査・研究
  • 歴史・文化のふるさと豆知識 大王の国から