現在の位置

3.お酒が大好き竹外さん

桃花水暖送軽舟 桃花(とうか)、水暖かにして、軽舟を送る
背指孤鴻欲没頭 背指す、孤鴻(ここう)没せんと欲する頭
雪白比良山一角 雪は白し、比良山の一角
春風猶未到江州 春風、猶(なお)未だ江州に到らず

「花朝下澱江」

「花朝下澱江」藤井竹外書

旧暦2月の別名、花朝をうたいあげた漢詩「花朝下澱江(かちょうでんこうをくだる)」の作者は、藤井竹外(ふじいちくがい、1807~1866)。彼の数多くの作品のなかでも、代表作とされています。

藤井竹外は本名を啓(または啓二郎)といい、幕末の激動期を生きた高槻藩の中堅家臣でした。幼い頃から武士の子弟として厳格に育てられ、藩校・青莪堂(せいがどう)に通うかたわら、当時盛んだった鉄砲術を学び、小姓(こしょう)として武士生活を歩み出しました。

竹外は、20代から漢詩づくりに熱中し、多くの作品を残しています。詩作に取りつかれ、心にかなった句が思い浮かぶと大きな声で「妙」と叫ぶのが、誰知らぬ者はない癖であったとか。

自らを「酔士」(よっぱらいの意)と号すほどの無類の酒好きで、泥酔して路上で眠ったり、素足で野原を歩きまわることもしばしばあったといいます。

竹外の漢詩は、若い人にはなじみが薄いかもしれませんが、節をつけて吟詠する詩吟の世界では人気があり、中でも「花朝下澱江」は多くの詩吟愛好家のレパートリーに加えられ、今も愛され続けています。

「花朝下澱江」
  藤井竹外書
お問い合わせ先
高槻市 教育委員会 教育管理部 文化財課
高槻市役所 総合センター 10階 
電話番号:072-674-7652
お問い合わせフォーム(パソコン・スマートフォン用
お問い合わせフォーム(携帯電話用
※フォームでのお問い合わせは回答までに日数をいただきます。
お急ぎの場合は必ずお電話でお問い合わせください。
  • しろあと歴史館
  • いましろ 大王の杜
大王の国から
  • 調査・研究
  • 歴史・文化のふるさと豆知識 大王の国から