現在の位置

第四中学校区施設一体型小中一貫校構想について

今後の方針について【令和3年9月24日更新】

第四中学校区への施設一体型小中一貫校の設置については、『富田地区まちづくり基本構想』の柱となる取組として検討を進めてまいりましたが、この度、同構想から外し、十分な時間をかけ、慎重に検討を行っていくこととしました。

教育長から皆さまへ

本市では、子どもたちにこれからの社会を生き抜く力をつけることを目的に、平成28年度より全中学校区において、連携型小中一貫教育を実施してきました。これにより、小・中学校の教職員間の連携が深まり、教育活動の質が高まった結果、児童生徒の学力の向上や生徒指導上の課題が減少するといった成果が見られました。

これまでの成果を踏まえ、令和2年度からは『富田地区まちづくり基本構想』の策定に着手し、施設一体型小中一貫校の設置に向けて、検討を進めてまいりました。

この間、『小中一貫校だより』の発刊や説明会の実施など様々な形で、基本構想の検討状況をお伝えしてまいりました。その中で、皆様からはご期待の声をいただく一方、通学路における安全確保など様々なご意見やご要望を頂戴したところです。

こうしたお声を受け、第四中学校区における施設一体型小中一貫校の設置については、『富田地区まちづくり基本構想』から切り離した上で、今一度立ち止まって、慎重に検討を行ってまいることといたしました。

これまで、基本構想をより良いものとするため、貴重なご意見を頂いてまいりましたことに深く感謝申し上げます。

なお、施設一体型小中一貫校の設置は、教育の質を更に高めるため、『第2期高槻市教育振興基本計画』における重点取組の一つとして位置付けています。今後も子どもたちの学力向上、地域参画力の育成を第一に考え、小中一貫教育を始め、様々な教育施策を推進してまいりますので、引き続き、本市教育へのご理解ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

令和3年9月24日

高槻市教育委員会 教育長 樽井 弘三

これまでの取組経過

本市における小中一貫教育

4つの力

高槻市では、子どもたちにこれからの社会を生き抜く力をつけ、市全体の教育の質を向上させることを目指し、小中一貫教育の研究を進めてきました。

平成28年度からは市内全ての中学校区で「連携型(施設分離型)小中一貫校」を導入し、様々な課題の解決に取り組んできました。

そして、平成28年に「高槻市小中一貫教育学校検討委員会」を設置し、今後の在り方についての意見を求めた結果、「高槻市の小中一貫教育の効果をさらに高めるため、施設一体型小中一貫校を設置することが望ましい。」との答申が出されました。

小中一貫教育学校の在り方について 答申

また、令和3年4月に策定した「教育振興基本計画」においては、高槻の教育が今後10年間で目指す方向性を示し、重点取組の一つとして「施設一体型小中一貫校の設置」を掲げています。

第2期高槻市教育振興基本計画

第四中学校区の取組

第四中学校区は、市内でもいち早く小中一貫教育の研究に取り組み、平成22年度から平成25年度にかけて、文部科学省の研究開発学校の指定を受け、小中学校9年間のカリキュラム開発を行うなど、本市の小中一貫教育をけん引してきました。

こうした取組は、文部科学省の小中一貫教育に関する事例集に取り上げられるなど、国からも高い評価を受けています。

外部サイトへ【大阪府】高槻市立第四中学校区ゆめみらい学園 (文部科学省事例集)

これらのことから検討委員会の答申においても、「第四中学校区が施設一体型小中一貫校を設置する校区として効果的である」と示されています。

富田地区まちづくり基本構想について

第四中学校区外観写真

高槻市ではこれまでの成果と課題を踏まえて、第四中学校区での施設一体型小中一貫校の設置に向け、「施設一体型小中一貫校の設置」と「公共施設の再構築」を軸とした富田地区まちづくり基本構想の策定を令和2年度から令和3年度にかけて行っています。

基本構想の検討状況や今後の予定等については、下記のページをご覧ください。

富田地区まちづくり基本構想の検討状況について

本構想について

計画を進めるにあたっては、『構想』で大きな枠組みとしての考え方を定め、その後、『基本計画』などにより、個々の課題に取り組んでいくことになります。本構想では、学校づくりの基本方針や行政案としての候補地などをお示しするべく、令和2年度と令和3年度の2か年での策定に向け検討を進めているところです。保護者や地域住民をはじめ、第四中学校区に関わる方々のお声を丁寧にお聞きしながら取り組みを進めてまいります。

施設一体型小中一貫校だより

施設一体型小中一貫校に関する内容を掲載し、第四中学校区の保護者の方々等を対象として配布しています。

第1号(発行月:令和3年4月) ~「施設一体型小中一貫校だより」について~ 他

施設一体型小中一貫校だより 第1号(PDF:1.2MB)

第2号(発行月:令和3年6月) ~本市における小中一貫教育の推進~

施設一体型小中一貫校だより 第2号(PDF:1.1MB)

第3号(発行月:令和3年9月)  ~ワークショップ報告(1)~

施設一体型小中一貫校だより 第3号(PDF:1.6MB)

第4号(発行月:令和3年9月)  ~ワークショップ報告(2)~

施設一体型小中一貫校だより 第4号(PDF:1.6MB)

第5号(発行月:令和3年9月)  ~今後の方針に関する大事なお知らせ~

施設一体型小中一貫校だより 第5号(PDF:591.4KB)

ワークショップの実施について

7月31日と8月7日にワークショップを実施しました。
今回は学校関係者や地域の様々な団体の代表の方を参加者として迎え、終始活発なご議論をいただきました。「新しい学校づくり」をテーマとしたワークでは、様々なご意見やアイデアを頂戴することができました。ワークショップの様子、参加者からいただいたご意見やアイデアなどは、『施設一体型小中一貫校だより』第3号、第4号に掲載しております。

保護者向け説明会の実施について

下記のとおり、第四中学校区保護者向けの説明会を開催しました。

対象

現在、富田小学校・赤大路小学校・第四中学校に通う児童生徒の保護者

内容

以下の項目について、資料を用いてご説明し、質疑応答、意見交換を行った後、アンケート記入にご協力いただきました。

1.これまでの検討状況

配布資料「富田地区まちづくり基本構想【検討概要】」(PDF:1.9MB)

2.本市における小中一貫教育の推進

説明資料「高槻のめざす施設一体型小中一貫校」(PDF:1.4MB)

3.質疑応答・意見交換

4.アンケート記入

※意見交換やアンケートで頂戴しました様々なご意見につきましては、上記【今後の方針について】を踏まえ、今後の検討の中で生かしてまいります。ご協力ありがとうございました。

日程等

開催期間:令和3年8月19日から令和3年9月3日まで

開催回数:全26回(各回1時間15分程度)※同一内容

会場:富田小学校及び赤大路小学校の視聴覚室

構想に関するご意見及びお問い合わせについて

令和3年4月以降に頂戴しました、ご意見やお問い合わせについて掲載しています。

ご意見及びお問い合わせ(PDF:638.6KB)

関連リンク

富田地区まちづくり基本構想の検討状況について

お問い合わせ先
高槻市 教育委員会事務局 教育総務課
高槻市役所 総合センター 11階 
電話番号:072-674-7612
ファクス番号:072-674-7641
お問い合わせフォーム(パソコン・スマートフォン用
※内容によっては回答までに日数をいただく場合があります。

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記のボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

ページの先頭へもどる