現在の位置

高槻市児童発達支援等通所支援利用者負担給付金(5歳児無償化)について

高槻市児童発達支援等通所支援利用者負担給付金(5歳児無償化)について

1 概要

高槻市では、幼児教育の重要性に鑑み、平成30年4月から5歳児の教育費が無償化されました。児童発達支援等(注1)においても、個々の障がい特性等に応じて就学前期間に療育を行い、保育所・幼稚園等と同様の支援を実施していることから、その利用者負担について教育費とみなし、償還払いにより無償化します。

なお、令和元年10月1日より全国一律で3歳児~5歳児の発達支援の利用者負担が無償化となるため、本制度は令和元年9月利用分までで終了となります。

(注1)対象となるのは、児童発達支援、医療型児童発達支援、居宅訪問型児童発達支援。

 

2 給付内容

対象

高槻市で通所給付決定を受けている保護者で、児童発達支援等を利用する児童が5歳児(注2)であり、利用者負担の支払いをした方(注3)。ただし、対象児童が保育所・幼稚園等に通い、無償化されている場合は、重複支給になるため対象になりません。

高槻市立療育園及び高槻市立うの花療育園に通園している対象児童には、10月中旬に個別にお知らせを配布します。

(注2)年度の初日の前日に5歳である児童。平成31年度は、平成25年4月2日~平成26年4月1日生まれの方。いわゆる「年長児」のこと。
(注3)世帯の上限額が0円の方及び対象児童が多子軽減措置で「第3子以降軽減対象児童」である方は、利用者負担が無料のため対象外です。

給付額(償還額)等

児童発達支援等の利用者負担額(注4)を、申請内容を確認した上で、保護者の方の口座に振込みます。
ただし、同月に兄弟姉妹が通所支援サービス(注5)を利用しており、上限管理により利用者負担額の調整がされている場合は、当該対象児童の利用者負担額から兄弟姉妹の調整前の利用者負担額を差し引いた額となります。

(注4)医療費や食費・おやつ代等の事業者に支払う実費は給付の対象ではありません。
(注5)児童発達支援、医療型児童発達支援、放課後等デイサービス、保育所等訪問支援、居宅訪問型児童発達支援のこと。

申請方法

(1)申請場所及び受付時間
子育て総合支援センター3階 児童発達支援事務所

月~金曜日の午前8時45分から午後5時15分まで(祝祭日を除く)

(2)申請受付期間

  • 前期(4~9月)利用分は、サービス利用年度の10月1日から12月28日まで。
  • 後期(10~3月)利用分は、サービス利用年度翌年度の4月1日から6月30日まで。

前期または後期の支払いがすべて終わった後、6か月分まとめての申請となります。(市外転出される場合を除く)

ただし、災害等特別の事情がある場合は、上記期間以外でも申請を受け付けます。

(3)持ち物

  • 通所受給者証
  • 振込口座を確認できるもの(通帳等。コピー可。確実に振り込みできるよう、確認するためです。)
  • 児童発達支援等の利用者負担の支払を証する領収証の原本
    (おやつ代等の実費も支払額に含まれている場合は、内訳がわかる明細書等も必要です。なお、高槻市立療育園及び高槻市立うの花療育園通園児童の場合は、市で納付確認できるため領収証は不要です。)

 

 
お問い合わせ先
高槻市 子ども未来部 子育て総合支援センター
「カンガルーの森」3階児童発達支援事務所
住所:高槻市北園町6-30 地図
電話番号:072-686-3032

ページの先頭へもどる