現在の位置

3歳児~5歳児の障がい児の発達支援の無償化について

  • このページは、令和2年3月末までの期間限定掲載です。
  • このページの内容は、「児童発達支援事務所からのお知らせ」ページに掲載しているものと同じものです。

 

令和元年10月1日から、3歳児から5歳児(いわゆる年少から年長)までの障がいのある子どもたちのための通所支援サービス(児童発達支援、医療型児童発達支援、保育所等訪問支援、居宅訪問型児童発達支援)及び障がい児入所支援の利用者負担が無償化されました。

この無償化については、全国一律で実施されるため、無償化のための手続きは必要ありません。下表のとおり、児童の生年月日により無償化対象と認定されますので、通所受給者証については、現在お持ちのものをそのままご使用ください。(今年度中は、無償化を記載した差替えの通所受給者証の送付はありません。)

なお、利用者負担以外の費用(医療費、食費、おやつ代等の現在実費負担のもの)は、これまでどおりお支払いいただくことになります。

無償化対象となる児童

無償化期間 無償化対象児童の生年月日
令和元(2019)年10月1日から
令和2(2020)年3月31日まで
平成25(2013)年4月2日から
平成28(2016)年4月1日まで
令和2(2020)年4月1日から
令和3(2021)年3月31日まで
平成26(2014)年4月2日から
平成29(2017)年4月1日まで
 
お問い合わせ先
高槻市 子ども未来部 子育て総合支援センター
「カンガルーの森」3階児童発達支援事務所
住所:高槻市北園町6-30 地図
電話番号:072-686-3032

ページの先頭へもどる