現在の位置

母子父子寡婦福祉資金貸付金の生活資金の貸付及び償還金の支払猶予(新型コロナウイルス関連)

新型コロナウイルス感染症の影響を受けた場合に、以下の制度があります。

母子父子寡婦福祉資金貸付金の生活資金

新型コロナウイルス感染症の影響により、日常生活に支障をきたすひとり親家庭等の方は母子父子寡婦福祉資金貸付金の生活資金の貸付が活用できる場合があります。
詳しくは、子ども育成課までお問い合わせ下さい。

貸付対象者

  • 新型コロナウイルス感染症の発生に伴い、子どもが在籍する保育所や学校等の臨時休業、事業所等の休業などにより、一時的に就労収入が減少したひとり親家庭(ひとり親家庭となって7年未満に限る)
  • 新型コロナウイルス感染症の発生に伴い、失業したひとり親家庭等

貸付額

直近3か月の平均月収に就労できない期間を掛けた金額(貸付限度額105,000円)

貸付期間

令和2年3月(期間延長の場合は、その都度申請)

母子父子寡婦福祉資金貸付金の支払猶予

母子父子寡婦福祉資金貸付金の貸付を受けた方が、新型コロナウイルス感染症の影響により、支払期日に償還を行うことが著しく困難になった場合には、その支払を猶予します。詳しくは、子ども育成課までお問い合わせ下さい。

お問い合わせ先
高槻市 子ども未来部 子ども育成課
高槻市役所 総合センター 7階
電話番号:072-674-7174
ファクス番号:072-675-8648
お問い合わせフォーム(パソコン・スマートフォン用
※内容によっては回答までに日数をいただく場合があります。

ページの先頭へもどる