現在の位置

児童手当に関するお知らせ

新型コロナウイルス感染症予防のため児童手当の認定の請求ができない場合等の対応について

児童手当の認定請求書等の提出について、新型コロナウイルス感染症予防のために外出を控えるなどの理由から、手続きが遅れる場合はご相談ください。

なお、児童手当については、郵送による申請手続きも可能です。

(例)認定請求:出生により、児童手当をはじめて請求するとき

額改定届:既に手当を受給されていて、「第2子」以降の出生により届け出るとき

申請書ダウンロード

子育てワンストップサービスに係る電子申請について

平成29年11月13日以降、児童手当・特例給付認定請求書、児童手当・特例給付額改定請求書、児童手当・特例給付住所・氏名等変更届をマイナンバーを利用した、電子申請が可能になりました。パソコンでの電子申請にはマイナンバーカード、カードリーダーが必要です。詳しくは下記の「子育てワンストップサービスに係る電子申請について」をご覧ください。(平成29年11月13日)

児童手当における寡婦(夫)控除のみなし適用について

児童手当法施行令の一部改正に伴い、平成30年10月支給(6月分~9月分)から、寡婦(夫)控除のみなし適用をうけることができるようになりました。

対象

  1. 婚姻によらないで母となり、現在婚姻(届出をしていないが、事実上婚姻関係と同様の事情にある場合を含む。)をしていないもののうち、扶養親族又は生計を一にする子(※)を有するもの
  2. 上記1.に該当し、合計所得金額が500万円以下であるもの
  3. 婚姻によらないで父となり、現在婚姻(届出をしていないが事実上婚姻関係と同様の事情にある場合を含む。)をしていないもののうち、生計を一にする子(※)がおり、合計所得金額が500万円以下であるもの

※ 上記の「子」は、総所得金額等が38万円以下であり、他の人の控除対象配偶者や、扶養親族となっていない場合に限ります。

提出書類

  1. 児童手当における寡婦(夫)控除のみなし適用申請書
  2. 申請者の戸籍全部事項証明書
  3. 申請者の属する世帯の全員の住民票の写し
  4. 申請者の所得証明書(合計所得金額等が分かるもの)
  5. 上記の「子」の所得証明書(総所得金額等が分かるもの)

注1)児童手当(特例給付でなく)の支給対象の方は、申請いただいても支給額は変わりません。

注2)寡婦(夫)控除のみなし適用をうけても、支給額が変わらない場合があります。

 

詳細につきましては、下記、高槻市子ども育成課までご連絡ください。

お問い合わせ先
高槻市 子ども未来部 子ども育成課
高槻市役所 総合センター 7階
電話番号:072-674-7174
ファクス番号:072-675-8648
お問い合わせフォーム(パソコン・スマートフォン用
※内容によっては回答までに日数をいただく場合があります。

ページの先頭へもどる