現在の位置

子宮頸がん予防ワクチンの接種を積極的には勧奨していません

子宮頸がん予防ワクチンについては、平成25年4月1日から定期予防接種として実施しておりますが、現在、子宮頸がん予防ワクチンの接種を積極的にはお勧めしていません。
定期予防接種の対象の方は、無料で接種を受けることはできますが、ワクチンの有効性と副反応が起こるリスクを十分に理解したうえで、接種を決定してください。

積極的勧奨見合わせの経過

平成25年6月14日に厚生労働省において開催された、平成25年度第2回厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会副反応検討部会、平成25年度第2回薬事・食品衛生審議会医薬品等安全対策部会安全対策調査会(合同開催)において、ワクチンとの因果関係を否定できない持続的な疼痛が接種後に特異的に見られたことから、同副反応の発生頻度等がより明らかになり、国民に適切な情報提供ができるまでの間、定期予防接種を積極的に勧奨すべきではないとされました。
 
子宮頸がん予防ワクチンの有効性とリスクについては以下のリーフレットを参考にしてください。
今後国の新たな動きがありましたら、速やかにこちらのページへ最新の情報を掲載いたしますのでご確認ください。

厚生労働省リーフレット

子宮頸がん予防ワクチンの接種を受ける皆さまへ(PDF:1.4MB)

子宮けいがん予防ワクチンを受けるみなさんへ(PDF:2.7MB)

子宮頸がん予防ワクチンを接種するお子様の保護者の方へ(PDF:2.1MB)

関連リンク

子宮頸がん予防ワクチン

外部サイトへ子宮頸がん予防ワクチンに関するQ&A等(厚生労働省ホームページ)

お問い合わせ先
高槻市 子ども未来部 子ども保健課
(保健センター) 
〒569-0052 高槻市城東町5-1 地図
電話番号:072-661-1108
お問い合わせフォーム(パソコン・スマートフォン用
お問い合わせフォーム(携帯電話用
※フォームでのお問い合わせは回答までに日数をいただきます。
お急ぎの場合は必ずお電話でお問い合わせください。

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

ページの先頭へもどる