現在の位置

子宮頸がん予防ワクチン(HPVワクチン)

平成25年4月1日から定期予防接種として実施していますが、現在、子宮頸がん予防ワクチン(HPVワクチン)の接種は積極的にはお勧めしていません。

定期予防接種の対象の方は、無料で接種を受けることができますが、ワクチンによる有効性と副反応のリスクを十分に理解したうえで接種を決定してください。

詳しくは以下のリンクをご覧ください。

子宮頸がん予防ワクチン(HPVワクチン)の接種を積極的には勧奨していません

対象者(平成30年度実施分)

小学校6年生~高校1年生相当の年齢(平成14年4月2日~平成19年4月1日生まれ)の女子

子宮頸がん予防ワクチンの種類

定期予防接種の対象となる子宮頸がん予防ワクチンは「サーバリックス」と「ガーダシル」の2種類です。それぞれに効果と副反応が異なりますので、医療機関ともご相談の上、決定してください。

サーバリックスとガーダシルの違いは?

 

サーバリックスとガーダシルの違い一覧
ワクチン名 特徴 接種回数 標準的な間隔 予防接種法で定められている接種間隔
サーバリックス HPV16型・18型の感染を防ぐ2価ワクチン 3回 2回目は1回目接種後1か月、
3回目は1回目接種後6か月

2回目は1回目接種後1か月以上

3回目は1回目接種後5か月以上で2回目の接種から2か月半以上

ガーダシル HPV16型・18型・6型・11型の感染を防ぐ4価ワクチン 3回 2回目は1回目接種後2か月、
3回目は1回目接種後6か月

2回目は1回目接種後1か月以上、

3回目は2回目接種後3か月以上

 

サーバリックスとガーダシルどちらを選べばいいの?

サーバリックスとガーダシルはいずれも子宮頸がんの予防効果があります。医療機関とも相談した上で、接種してください。
ただし、1回目または1、2回目を「サーバリックス」または「ガーダシル」で接種した後に、続きの接種を異なるワクチンで行うことはできません。初めに接種したワクチンで3回接種を終えてください。

接種に当たっては、こちらもご覧ください。

厚生労働省リーフレット「子宮頸がん予防ワクチンの接種を受ける皆さまへ」(PDF:1.4MB)

厚生労働省リーフレット「HPVワクチンの接種を検討しているお子様と保護者の方へ」(PDF:496.2KB)

厚生労働省リーフレット「HPVワクチンを受けるお子様と保護者の方へ」(PDF:482.7KB)

接種回数

3回

(平成25年3月31日以前に接種を受けている接種対象者は、残りの回数分が定期接種の対象となります。)

接種費用

対象年齢内であれば無料

持ち物

・母子健康手帳
 ※13歳以上の方は、ワクチンの接種日、種類などの記録が確認できる接種済証、接種記録カードでも可

・子宮頸がん予防ワクチン予防接種予診票(各委託医療機関にも置いています)

接種場所

市内委託医療機関(要事前予約)

定期予防接種委託医療機関一覧

お問い合わせ先
高槻市 子ども未来部 子ども保健課
(保健センター) 
〒569-0052 高槻市城東町5-1 地図
電話番号:072-661-1108
お問い合わせフォーム(パソコン・スマートフォン用
※フォームでのお問い合わせは回答までに日数をいただく場合があります。
お急ぎの場合は必ずお電話でお問い合わせください。

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

ページの先頭へもどる