現在の位置

不活化ポリオ

不活化ポリオワクチンの導入について

平成24年9月1日からポリオの定期予防接種のワクチンが生ワクチンから不活化ワクチンに切り替わりました。

それにともない、保健センターでの集団接種から委託医療機関での個別接種に切り替わっています。

また、接種回数は接種歴によって異なりますので、母子健康手帳等を確認の上、正しい回数を接種してください。

対象者

 生後3か月から90か月(7歳半)に至るまでのお子さま

接種回数・間隔

接種回数

初回接種3回と追加接種1回の合計4回
(下記「これまでにポリオの予防接種を受けたことがある場合の接種方法」参照。)

標準的な接種時期・接種間隔

初回接種:生後3か月から12か月の間に20日から56日の間隔で接種

追加接種:初回接種が終了してから12か月から18か月に接種
     ※初回接種が終了してから、6か月以上あければ接種は可能です。

 

これまでにポリオの予防接種を受けたことがある場合の接種方法

・生ポリオワクチンを1回接種している場合

 不活化ポリオワクチンの4回の接種のうち、初回接種の1回が終わっていると考え、20日から56日の間隔をあけて2回接種し、その後6か月以上あけて1回接種

・不活化ポリオワクチンを1~3回接種している場合

過去に接種した回数を含めて合計4回になるように残りの回数を接種する。

・生ポリオワクチンを2回または不活化ポリオワクチンを4回接種している場合

 接種の必要はありません。

接種フローチャート

 

 

持ち物

・母子健康手帳

・不活化ポリオワクチン予防接種予診票

接種場所

定期予防接種委託医療機関一覧

接種費用

対象年齢内であれば無料

接種の前に必ずお読みください。

説明書「不活化ポリオワクチンの接種を希望される方へ」(PDF:54.1KB)

関連リンク

外部サイトへ厚生労働省ホームページ「ポリオワクチンに関するQ&A」

お問い合わせ先
高槻市 子ども未来部 子ども保健課
(保健センター) 
〒569-0052 高槻市城東町5-1 地図
電話番号:072-661-1108
お問い合わせフォーム(パソコン・スマートフォン用
※フォームでのお問い合わせは回答までに日数をいただく場合があります。
お急ぎの場合は必ずお電話でお問い合わせください。

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

ページの先頭へもどる