現在の位置

小児慢性特定疾病医療費助成制度(医療機関の方へ)

新型コロナウイルス感染症を踏まえた医療意見書及び受給者証等の取扱いについて(指定医及び指定医療機関の方へ)

現在のコロナウイルス感染拡⼤を踏まえて、厚⽣労働省より、治療の観点からは急を要さない医療意⾒書の取得等のみを目的とした受診を回避するため、受給者証の有効期間を1年間延⻑すると通知がありました。
医療意見書及び受給者証等の取扱いについて下記のとおりといたしますのでご確認ください。

医療意見書の取扱いについて

現在受給者証をお持ちの方で、令和2年3月1日から令和3年2月28日までに有効期間が終了する方については、継続申請のための医療意見書の作成が不要となりますのでご注意ください。
なお、新規申請については従来通り医療意見書の作成が必要となりますので、対象者がいる場合は、認定基準等をご確認の上作成の程よろしくお願いいたします。

医療受給者証の取扱いについて

令和2年3月1日から令和3年2月28日までに受給者証の有効期間が終了する方については、現在お持ちの受給者証の有効期間に1年を加えた期間といたしますので、現在の受給者証をそのまま使用していただくこととなります。
また、令和3年2月28日までに20歳になる方、延長した1年の間に20歳を迎える方や、令和2年3月1日から現在までの間に認定基準を満たしていないため制度の対象外となった方等についても、一律1年間の延長の対象となりますのでご留意ください。

つきましては、上記期間内で有効期間が終了している対象者が受診した際は、有効期間を読み替えてご対応をお願いします。

(例)受給者証の有効期間が令和2年6月30日で終了する方については、令和3年6月30日まで、現在の受給者証が使用できます。

変更申請の取扱いについて

医療機関の追加や住所、健康保険等の変更については、申請が必要となりますが、現在のコロナウイルスの流行状況を鑑みて郵送での申請受付も行います。
窓口への来所が困難な方がおられる場合は、子ども保健課へ連絡するようご案内ください。

医療機関(診療所・病院・薬局・訪問看護事業者)の方へ

指定医療機関制度について

対象患者が助成を受けるためには、医療機関(診療所・病院・薬局・訪問看護ステーションを含む)の所在地を管轄する都道府県知事等(政令・中核市においては当該市長)から指定を受けた「指定医療機関」で医療を受けることが必要となります。

指定を受けるためには、申請の手続きが必要です。手続きについては、以下をご覧ください。

指定小児慢性特定疾病医療機関の要件・責務

要件

1 高槻市に所在し、以下の要件を満たす医療機関等であること

  • 病院及び診療所にあっては健康保険法第63条第3項第1号に規定する保険医療機関であり、標榜科が示されていること。また、専門医師の配置、設備の状況からみて、小児慢性特定疾病医療支援の実施に当たり、十分な能力を有する医療機関であること。
  • 健康保険法第63条第3項1号に規定する保険薬局
  • 健康保険法第88条第1項に規定する指定訪問看護事業者

2 児童福祉法第19条の9第2項で定める欠格事項(指定申請書裏面参照)に該当していないこと

責務等

1 指定小児慢性特定疾病医療機関は、厚生労働大臣の定めるところにより、良質かつ適切な小児慢性特定疾病医療支援を行わなければならない。

2 指定小児慢性特定疾病医療機関は、小児慢性特定疾病医療支援の実施に関し、都道府県知事等の指導を受けなければならない。

申請手続き

以下の該当する申請書を記入の上、高槻市子ども保健課に郵送してください。

高槻市内の医療機関のみ、高槻市の指定の対象となります。

高槻市外の医療機関につきましては、所在地を管轄する自治体への申請手続きが必要です。申請手続きの詳細については、当該自治体の小児慢性特定疾病医療費助成制度の担当部局にご確認ください。

申請書類

新たに指定の申請を行う場合

【病院・診療所】指定申請書(WORD:46.5KB)

【病院・診療所】指定申請書(PDF:82.4KB)

【薬局】指定申請書(WORD:45.5KB)

【薬局】指定申請書(PDF:81.3KB)

【訪問看護ステーション】指定申請書(WORD:47.5KB)

【訪問看護ステーション】指定申請書(PDF:82.3KB)

申請内容が変更になった場合

【病院・診療所】変更届出書(WORD:71KB)

【病院・診療所】変更届出書(PDF:64.8KB)

【薬局】変更届出書(WORD:67KB)

【薬局】変更届出書(PDF:63.6KB)

【訪問看護ステーション】変更届出書(WORD:76.5KB)

【訪問看護ステーション】変更届出書(PDF:54.9KB)

業務を休止・廃止・再開又は処分を受けた場合

休止等届出書(WORD:36.5KB)

休止等届出書(PDF:56KB)

指定の辞退をする場合

辞退申出書(WORD:32.5KB)

辞退申出書(PDF:51.9KB)

提出先

〒569-0096
高槻市八丁畷町12番5号

高槻市子ども未来部子ども保健課 (高槻市立子ども保健センター)

※2019年4月より、保健センター(城東町)から、子ども保健センター(八丁畷町)へ移転しましたので、ご注意ください。

その他

  • 指定後、高槻市から医療機関へ、指定の有効期間等を記載した指定通知を送付します。
  • 指定日は、原則として申請のあった日の属する月の翌月の初日からとなります。
  • 指定を行った医療機関の名称及び所在地等につきましては、高槻市ホームページ等で公示します。
  • 有効期間後も引き続き指定を受けるためには、更新の手続が必要です。更新に必要な書類等は追ってこのページに掲載いたします。

自己負担上限額管理票の記載について

受給者のひと月の自己負担額が自己負担上限月額を超えないよう、自己負担上限額管理票を用いて自己負担額の累積を管理します。

受給者には医療受給者証と一緒に管理票を送付しておりますので、受診の際に提示があった場合には、内容を確認の上、記入していただきますよう、お願いします。

なお、この記入内容につきましては、受給者が重症患者の要件の一つである「高額かつ長期」の申請をする際に必要な情報となりますので、自己負担の上限に達した後も、管理票への記載をお願いいたします。

※「高額かつ長期」の対象となるのは、公費負担者番号52278041の方となります。公費負担者番号52277043の方は対象となりませんのでご注意ください。

管理票の記載方法等はこちらをご覧ください。

小児慢性特定疾病に係る自己負担上限額管理票等の記載方法等について(PDF:416.8KB)

医療意見書を作成する医師の方へ

指定医制度について

小児慢性特定疾病医療費助成制度の申請には、医師の作成した医療意見書が必要ですが、この医療意見書を作成できるのは、勤務先の医療機関の所在地を管轄する都道府県知事等(政令・中核市においては当該市長)から指定を受けた「指定医」のみとなります。

指定を受けるためには、申請の手続きが必要です。手続きについては、以下をご覧ください。

指定医の要件・役割

要件

以下の(1)(2)の要件を満たし、かつ(3)又は(4)のどちらかを満たすこと。

(1)診断又は治療に5年以上従事した経験を有すること。

(2)診断書を作成するのに必要な知識と経験を有すること。

(3)厚生労働大臣が定める学会が認定する専門医の資格を有すること。

  (令和元年5月1日より消化器内視鏡専門医が追加されています。) 

専門医資格一覧(PDF:60.9KB)

(4)自治体が行う小児慢性特定疾病指定医育成研修を修了していること。

 (高槻市の小児慢性特定疾病指定医育成研修は「小児慢性特定疾病指定医研修サイト」にて、WEB研修として実施しています。下記リンク先の手順に従い本研修を受講してください。)

小児慢性特定疾病指定医育成研修について

役割

  • 小児慢性特定疾病医療費助成の支給認定に必要な医療意見書を作成すること。
  • 患者データ(医療意見書の内容)を登録管理システムに登録すること。

申請手続き

以下の申請書類を記入の上、高槻市子ども保健課に郵送してください。

上記「指定医の要件」における(3)の「厚生労働大臣が定める学会が認定する専門医の資格を有すること」に基づき申請をする場合

  • 指定申請書
  • 経歴書
  • 医師免許証の写し(裏面に書換等の記載がある場合は、裏面の写しも必要)
  • 専門医に認定されていることを証明する書類の写し

 

上記「指定医の要件」における(4)の「自治体が行う小児慢性特定疾病指定医育成研修を修了していること」に基づき申請をする場合

 

  • 指定申請書
  • 経歴書
  • 医師免許証の写し(裏面に書換等の記載がある場合は、裏面の写しも必要)
  • 小児慢性特定疾病指定医研修サイトにて発行した修了証

※ 高槻市外の医療機関に勤務し、医療意見書を作成する場合は、その医療機関の所在地を管轄する自治体に対し、申請が必要です。申請手続き等に関しては、当該自治体へお問合せください。

※ 高槻市以外の自治体から指定を受けている医師であっても、高槻市内の医療機関において、医療意見書を作成する場合は、高槻市への指定の申請が必要となります。

※令和元年9月1日から12月31日までに新規申請する場合で、令和2年1月1日以降も継続して指定を希望する場合は、新規申請の際にあわせて更新申請書も提出してください。

申請書類

新たに指定の申請をする場合

指定申請書(EXCEL:19.4KB)

指定申請書(PDF:57.6KB)

経歴書(EXCEL:14.3KB)

経歴書(PDF:31.2KB)

指定通知書を紛失した場合

再交付申請書(EXCEL:13.2KB)

再交付申請書(PDF:30.9KB)

申請内容が変更になった場合

変更届出書(EXCEL:37.5KB)

変更届出書(PDF:52.4KB)

指定の辞退をする場合

辞退届(EXCEL:31KB)

辞退届(PDF:27.6KB)

提出先

〒569-0096
高槻市八丁畷町12番5号

高槻市子ども未来部子ども保健課 (高槻市立子ども保健センター)

※2019年4月より、保健センター(城東町)から、子ども保健センター(八丁畷町)へ移転しましたので、ご注意ください。

その他

  • 指定後、高槻市から申請者へ指定通知を送付します。
  • 指定を行った医師の氏名及び勤務先医療機関につきましては、高槻市ホームページ等で公示します。
  • 指定医については、勤務先医療機関、氏名等を高槻市が公表します。
  • 指定の有効期間は、最大で5年間です。有効期間後も引き続き指定を受けるためには、更新の手続が必要です。

注意事項

  • 指定医が指定を受けた勤務先で医療意見書を作成する場合は、対象者の居住地は指定を行った自治体でなくても可能です。
  • 指定に必要な研修は、「小児慢性特定疾病医療費助成制度」に基づくもののみであり、「難病の患者に対する医療等に関する法律」に基づくもの等、別制度による研修は該当しません。

対象疾病等について

対象疾病、認定基準及び対象者が申請時に必要となる医療意見書の様式等は、「小児慢性特定疾病情報センター」に掲載されています。

なお、対象疾病であっても、その状態が認定基準を満たしていない場合は認定されませんので、必ず認定基準のご確認をお願いいたします。

外部サイトへ小児慢性特定疾病情報センター

お問い合わせ先
高槻市 子ども未来部 子ども保健課
(子ども保健センター) 
〒569-0096 高槻市八丁畷町12-5(高槻子ども未来館2階)
電話番号:072-648-3272
ファクス番号:072-648-3274
お問い合わせフォーム(パソコン・スマートフォン用
※内容によっては回答までに日数をいただく場合があります。

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

ページの先頭へもどる