現在の位置

高齢者の命を守る!高槻市新型コロナ防衛アクション

本市は、重症化のリスクが高い高齢者を感染から守る「高槻市新型コロナ防衛アクション」を実施しています。

目的

新型コロナウイルス感染症については、効果的なワクチンの開発や治療法が確立するまで、感染拡大の脅威が続くと予測されます。

重症化リスクの高い高齢者や基礎疾患のある方への感染を最優先に防ぎ、大切な命を徹底的に守ることが重要です。

このアクションはオール高槻で高齢者の命を守る行動を実践することで、市民全体の感染を予防し、ひいては医療崩壊の防止や社会経済活動の維持につなげるものです。

なお、大阪府における緊急事態宣言は解除されましたが、今後、緊急事態宣言の解除による意識の変化や、年度末に向けて行われる行事による、感染の再拡大が懸念されることから、新型コロナ防衛アクションの強化対策を継続中です。

高槻市新型コロナ防衛アクション強化対策中!ポスター(PDF:384.8KB)

高槻市新型コロナ防衛アクションポスター(PDF:305.3KB)

基本方針

「うつらない行動」「うつさない思いやり」で、高齢者の命を徹底的に守る!

「新しい生活様式」を踏まえ、一人ひとりができる感染対策をオール高槻で実践

高槻市の全景写真

高齢者の命を守る3つのアクション

次の3つのアクションを市民のみなさんで取り組みましょう

1 うつらない行動

  • 「マスクの着用」と「手洗いの徹底」を
  • 「目」「鼻」「口」を触らない
  • 栄養バランスの良い食事、適度な運動、十分な睡眠で免疫力のアップを

2 うつさない思いやり

  • 毎日の健康観察(体温測定、体調管理)は確実に
  • 室内の保湿と換気はこまめに、飲食中の会話は控えめに
  • 特に若い世代が高齢者と接するときは、感染対策の徹底を

3 ”オール”高槻で実践

  • 市民、事業者、行政が高齢者への思いやりで感染対策を徹底

市民と事業者と市が協力するイメージ図

新型コロナ防衛アクション キャンペーン事業

  • 高齢者施設等における新型コロナウイルス感染症の蔓延を防止するため、同施設の従事者に対して集中的に検査を実施します
  • 高齢者が市の様々な情報に即座に触れられる機会の創出を目指して、市内5か所の老人福祉センターで「高齢者ICT推進事業」を実施します

高齢者ICT推進事業~インターネット環境などを高齢者の身近に~

  • 公共施設に、高齢者の方々が安心して利用できる優先時間帯を導入しています(優先タイム)

市有施設の利用状況(新型コロナウイルス関連)

  • 新型コロナ受診相談センターに高齢者等優先ダイヤルを設置しています

新型コロナウイルス感染症対策について(相談窓口・予防法など)

  • 介護予防や健康増進に取り組んでいただけるように健幸パスポートの更なる普及に取り組んでいます

高槻市ますます元気!健幸ポイントに参加しましょう!

  • 一人でもみんなでも毎日取り組めるように「ますます元気体操」等の更なる普及に取り組んでいます

高槻市ますます元気大作戦

  • 高槻市営バスにおいて、若い世代が高齢者へ席をゆずる、高齢者への思いやり運動を進めています

外部サイトへ高齢者の命を守る!「新型コロナ防衛アクション」にご協力を(高槻市営バスホームページ)

  • 市庁舎をはじめとする公共施設を安心してご利用いただけるよう、消毒液の設置などの感染防止対策や混雑緩和に向けた取組みを実施しています

市役所(庁舎)の感染拡大防止の取り組み(新型コロナウイルス関連)

郵送や電子申請を活用ください(新型コロナウイルス関連)

  • 市民が安心してコミュニティ活動を継続できるよう、感染症拡大防止対策に係る給付金を支給します

新型コロナ防衛アクションラッピングバス

参考 新型コロナウイルス感染症の状況

  • 大阪府の資料では、陽性者のうち重症者に限ると60代以上が約8割となっています。(第36回大阪府新型コロナウイルス対策本部会議資料中「重症者のまとめ(1月27日時点)」より)

重症者のまとめ(1月27日時点)(第36回大阪府新型コロナウイルス対策本部会議資料より抜粋)(PDF:389.6KB)

  • 市内の感染動向の詳細につきましては、下記ページをご覧ください。

新型コロナウイルス 市内の感染状況

関連リンク

新型コロナウイルス感染症関連情報(トップページ)

「新しい生活様式」を取り入れましょう

お問い合わせ先
高槻市 危機管理室
高槻市役所 本館4階
電話番号:072-674-7314
ファクス番号:072-675-8184
お問い合わせフォーム(パソコン・スマートフォン用
※内容によっては回答までに日数をいただく場合があります。

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

ページの先頭へもどる