現在の位置

新しい「限度額適用認定証」「限度額適用・標準負担額減額認定証」「高齢受給者証」「特定疾病療養受療証」を送付(国保)

「国民健康保険限度額適用認定証」と「国民健康保険限度額適用・標準負担額減額認定証」を更新します

70歳から74歳までの現役並み所得者世帯(住民税課税所得額(各種所得控除後の所得額)が145万円以上690万円未満の被保険者及びこの人と同一世帯に属する被保険者)、住民税非課税世帯及び70歳未満の国民健康保険被保険者が、高額な診療を受けるときに保険医療機関等の窓口で提示すると、保険診療分の支払いが自己負担限度額までとなる「国民健康保険限度額適用認定証」と「国民健康保険限度額適用・標準負担額減額認定証」(以下「認定証」という。)の有効期限は令和2年7月31日(金曜日)です。

今年度は、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、有効期限が令和2年7月31日までの認定証をお持ちであり、かつ更新できる人全員に、令和2年8月1日(土曜日)から使用していただける新しい認定証を7月中に送付します。(更新手続きは必要ありません。)

なお、新しく認定証の交付を希望する人は、国民健康保険課給付チーム及び支所の窓口でも受け付けておりますが、なるべく郵送での手続きにご協力をお願いします。来庁して手続きされる場合は、国民健康保険被保険者証をご持参ください。

 

令和2年8月1日からの「国民健康保険高齢受給者証」を送付

高槻市国民健康保険に加入している70歳から74歳の人に、令和2年8月1日(土曜日)から使用していただく新しい「国民健康保険高齢受給者証」(以下「高齢受給者証」という。)を7月中に送付します。

なお、令和2年7月31日(金曜日)までに保険医療機関等を受診するときは今までの高齢受給者証を提示してください。

 

「国民健康保険特定疾病療養受療証」も更新

69歳までの人で有効期限入りの「国民健康保険特定疾病療養受療証」(以下「受療証」という。)をお持ちの人に、令和2年8月1日(土曜日)から使用していただく新しい受療証を7月中に送付します。

なお、令和2年7月31日(金曜日)までに保険医療機関等を受診するときは今までの受療証を提示してください。

70歳から74歳の人で有効期限の入っていない受療証をお持ちの人は、更新の必要がありませんので今の受療証を引き続きお使いください。

 

関連リンク

本館1階

お問い合わせ先
高槻市 健康福祉部 国民健康保険課 給付チーム
高槻市役所 本館1階 11番窓口
電話番号:072-674-7079
ファクス番号:072-674-7779
お問い合わせフォーム(パソコン・スマートフォン用
※内容によっては回答までに日数をいただく場合があります。

ページの先頭へもどる