現在の位置

高額医療・高額介護合算療養費制度

高額医療・高額介護合算療養費制度

世帯内で医療保険・介護保険の両方に自己負担がある場合で、自己負担額の合計額が高額となった場合は、両方の自己負担額の合算額について、自己負担限度額(毎年8月~翌年7月までの年額)が適用されます。なお、同じ健康保険の同じ世帯でないと合算できません。また、医療保険・介護保険の両方に自己負担額があり、下記の自己負担限度額を超えている人のみ申請できます。(医療保険・介護保険のどちらかの自己負担額のみで、下記の自己負担限度額を超えている方は申請できません。)

該当する人については、毎年2月下旬ころに高槻市からお知らせを送付します。

 

69歳までの国民健康保険被保険者

所得区分

自己負担限度額

(国民健康保険+介護保険)

旧ただし書き所得

901万円超

212万円

旧ただし書き所得

600万円超~901万円以下

141万円

旧ただし書き所得

210万円超~600万円以下

67万円

旧ただし書き所得

210万円以下

60万円

住民税非課税

34万円

※ 旧ただし書き所得とは、基礎控除後の総所得金額等のことをいいます。

 

70歳から74歳までの国民健康保険被保険者

(平成29年度分まで)

所得区分

自己負担限度額

(国民健康保険+介護保険)

現役並み所得者

67万円

一般

56万円

低所得2

31万円

低所得1

19万円

 
(平成30年度分から) 
所得区分

自己負担限度額

(国民健康保険+介護保険)

現役並み3

課税所得690万円以上

212万円

現役並み2

課税所得380万円以上

141万円

現役並み1

課税所得145万円以上

67万円

 

一般

 

56万円

 

低所得2 31万円
低所得1 19万円

 

お問い合わせ先
高槻市 健康福祉部 国民健康保険課 給付チーム
高槻市役所 本館1階 11番窓口
電話番号:072-674-7079
ファクス番号:072-674-7779
お問い合わせフォーム(パソコン・スマートフォン用
※内容によっては回答までに日数をいただく場合があります。

ページの先頭へもどる