現在の位置

平成29年度中学生ピロリ菌対策事業について<中学2年生対象>

中学2年生は検査・除菌が無料

胃がんは日本人に最も多く発症するがんですが、WHO(世界保健機関)は胃がんの原因のほとんどがピロリ菌によるものだと発表しました。

ピロリ菌を除菌することで胃がんの発症を大幅に減らすことができるといわれています。

また、日本でピロリ菌に感染している人は少なくとも3000万人以上といわれていますが、下記のグラフで示すように年齢が高くなる人ほど感染している割合が高いとわかっています。

 

ピロリ菌の感染率に関するグラフ

市は、平成26年度から胃がん対策充実のため、中学2年生を対象にピロリ菌の抗体検査と除菌を無料で行っています。

ピロリ菌はほとんどが5歳以下の乳幼児期に家族などから感染し、長い時間をかけて徐々に胃を荒らし、胃炎や胃がんを引き起こすため、感染している場合、なるべく若い時期に除菌治療をすることで胃がんなどの病気を予防する効果があると考えられています。

平成27年度に高槻市のピロリ菌検査を受けた中学2年生は2111人でその内49人の方が感染していましたが、市の制度を利用して除菌をした人のほとんどが、除菌に成功しています。

高槻市では平成29年度も中学2年生に無料でピロリ菌の抗体検査と除菌を行います。

受診方法

市立中学2年生の受診方法

市立中学2年生は6月中に学校から案内があります。

手順1.各学校で配布される説明書の内容を確認する。

手順2.検査申込書を記入し、検査容器に尿を入れる。

手順3.各学校の指定日時に検査申込書と検査容器を各学校に提出する。

手順4.結果が7月中旬に健康づくり推進課から自宅に直接郵送されるので確認する。

<第2次受付の内容>

事情があって、各学校の指定日時に提出できなかった場合、7月6日(木)までに電話等で健康づくり推進課(072-674-8800)にご連絡ください。下記、私立中学校などの2年生に準じた対応をさせていただきます。

市内在住の私立中学校などの2年生の受診方法

第1次受付は6月16日(金)をもって終了しました。第1次受付に申込された方には順次、説明書、検査申込書、検査容器を発送いたします。

<第2次受付の内容>

検査希望者は7月6日(木)までに電話等で健康づくり推進課(072-674‐8800)に受診者氏名・保護者氏名・生年月日・学校名・クラス・住所・電話番号を伝え、申込みしてください。

手順1.上記期限までに申込みのあった方に健康づくり推進課から説明書と検査申込書、検査容器が郵送されるので確認する。

手順2.検査申込書を記入し、検査容器に尿を入れる。

手順3.回収日の7月13日(木)午前7時30分から午後7時までに健康づくり推進課に検査申込書と尿を提出する。

手順4.結果が8月上旬に健康づくり推進課から郵送されるので確認する。

ピロリ菌検査ってどんなもの?

Q.中学生で検査をするのはなぜ?

A.将来の子どもへの感染も防げる

将来の胃がんや胃炎を予防でき、さらに将来の自分の子どもへの感染が予防できるためです。ピロリ菌がいた場合は、胃の健康のため、早めに除菌しましょう。

 

Q.どんな検査をするの?

A.市が実施するのは尿検査

中学2年生対象の検査の流れは次のとおりです。

1.配布する検査容器で尿を提出

2.尿中のピロリ菌抗体が陽性であれば、指定医療機関での感染確定検査(尿素呼気検査)の受診が無料で受けられます。

3.2次検査(尿素呼気検査)の結果が陽性であれば、除菌及び除菌確認検査が無料で受けられます。

 

Q.友達がピロリ菌に感染しています。一緒に遊んだら感染しますか?

A.通常の日常生活では人から人へ感染しません。感染していることがわかっても気にせず普通に生活してください。感染経路は諸説がありますが、日本では主に5歳までの免疫力が発達していない時期に親が食べものなどを口移しすることであると考えられており、子どもをもつ前に除菌すれば、次世代への感染を防ぐことができると言われています。

 

Q.除菌はどのように行うの?

A.通常は3種類の薬を朝夕2回、7日間服用するだけです。感染していた場合は、市の指定医療機関を受診していただきます。

 

お問い合わせ先
高槻市 健康福祉部 保健所 健康づくり推進課
住所:〒569-0067 高槻市桃園町4-15(水道部庁舎4階) 地図
電話番号:072-674-8800
FAX番号:072-674-1551
お問い合わせフォーム(パソコン・スマートフォン用
お問い合わせフォーム(携帯電話用
※フォームでのお問い合わせは回答までに日数をいただきます。
お急ぎの場合は必ずお電話でお問い合わせください。

ページの先頭へもどる