高槻の食育推進サイト たかつき食育ネット

市民自ら健康づくりに取り組み、生涯にわたり健やかに暮らせる都市(まち)・たかつき

現在の位置

実りの秋!収穫の秋!

秋の味覚イラスト

天高く馬肥ゆる秋、食欲の季節が到来しましたね。高槻市内各地では、秋の味覚の収穫体験が実施されています。自分で採った食材の格別なおいしさ、自然の中で土に触れるおもしろさ、農作業の爽快感や達成感・・・・・いろんな魅力が詰まっている収穫体験。今回は2つの活動の様子をお伝えします。

学校学習田でモチ米を収穫

学校学習田の稲刈り体験の写真

「稲、硬いわ!」「足がはまった~」「クモ出た~!」と歓声とも悲鳴ともつかない声をあげながら、郡家小学校5年生がモチ米の稲刈りを体験しました。
高槻市内の小学校では総合的な学習として、農業や自然環境保全、食に対する理解を深めることを目的に、学校学習田の授業が行われています。

このうち、郡家小学校では地元実行組合にご協力いただき、一連の稲作について学習しています。

5月には苗の栽培を見学、6月はぬるぬるの田んぼに入って田植えに挑戦、7月には「農業っておもしろい」をテーマに農家の方から熱心なお話を伺いました。また、8月に朝1時間程しか咲かない稲の花を観察、9月は持ち寄った服を着せてかかし作り、そして10月7日、待ちに待った稲刈りの日を迎えました。

稲刈りの方法を教わる児童たちの写真

農家の方からノコギリ鎌の安全な使い方をよく教わってから、いざ稲刈りです。稲は太く育っていて硬く、ノコギリ鎌で1株刈るのも結構大変ですが、1月には一番の楽しみ「餅つき」が待っています。田んぼのぬかるみに足を取られ思い通りに動けませんし、稲が脚に当たってチクチクかゆいのですが、しっかり収穫しない訳にはいきません。昔ながらの手作業で、コンバインは使いません。稲の感触を自分たちなりに感じてもらいたいとの思いから、手刈りにこだわります。がんばって刈り取った稲を4株ずつ合わせて紐で束ねました。

足元があまりに悪かったため、今年は農家の方に稲の稲木掛けをお任せすることになり、稲木掛けの実演を見せてもらいました。1週間天日干しをした後、機械で脱穀・籾摺り・精米を行います。天日干しは茎の栄養が穂に降りてくるため、お米がよりおいしくなると言われています。

学校学習田のかかしの写真

「自分たちが植えた苗がこんなに立派な稲に育ってうれしい」、「いつもこんな力仕事をされている農家の方はすごいと思いました。」と児童たちは収穫の喜びとともに、農家の方のご苦労も実感していました。

地元実行組合の農家のみなさんは、農薬の使用をできるだけ抑えつつ病害虫や雑草の被害から稲を守り、水量の調節や施肥など、学校学習田をずっと管理してくださいました。農家のみなさんに感謝の気持ちを込めてお礼をし、稲刈りを無事に終えました。

秋の味覚狩り さつまいも掘り

さつまいも掘りをする園児の写真

みかん狩りや柿狩り、栗拾いなど秋の味覚狩りは、子どもも大人もワクワクしますね。市内各地ではさつまいも掘り園が、高槻市レジャー農業開発部会によって毎年9~11月に開園されます。
10月13日には、塚脇三丁目のさつまいも掘り園で高槻双葉幼稚園の年中児がさつまいも掘りを体験しました。
 

素手でさつまいもを掘る園児の写真

いも掘り遠足の絵本を事前に読んでやって来た園児たちは、掘るイメージも準備万端です。「大きい大きいおいもを掘るぞ!エイエイオー!」と声を合わせて気合十分。掘り起こす前から、「おいもの匂いがする!」「早く食べたいな」と待ちきれない様子でした。

固い土では簡単にはおいもは顔を出してくれません。引っこ抜きたくなる気持ちを封印し、おいもを傷つけないよう素手で慎重に掘り起こしました。

さつまいものイラスト

たくさん収穫できたので、各自おうちに持って帰り、スイートポテトや天ぷら、ふかしいもなどいろんなお料理にして食べたと翌日の幼稚園でうれしそうに報告し合っていたそうです。

稲穂のイラスト

実際に自分たちで稲や野菜などの食材を栽培したり、収穫したりすることは食育にもつながります。今回は、「実りの秋!収穫の秋!」と題して、市立小学校の学校学習田での稲刈りと市内のさつまいも掘りの様子を紹介しました。子どもたちの心の中にこれらの収穫体験が思い出として残り、自然の恵みと農家の方に感謝して、好き嫌い無くいろんな食材を食べて健やかに育っていってほしいものです。

記事作成:農林課(072-674-7402)

お問い合わせ先
高槻市 健康福祉部 保健所 健康づくり推進課
住所:〒569-0067 高槻市桃園町4-15(水道部庁舎4階) 地図
電話番号:072-674-8800
FAX番号:072-674-1551
お問い合わせフォーム(パソコン・スマートフォン用
※内容によっては回答までに日数をいただく場合があります。
はじめに

「食」って、とっても大切なこと。
食の大切さを考えよう!

目次
食育ブログ