現在の位置

平成27年度第3回高槻市保健医療審議会

1.会議の名称

平成27年度第3回高槻市保健医療審議会

2.会議の開催状況

日時:平成27年11月16日(月) 14時00分~15時30分

場所:市役所本館3階 第2委員会室

公開の可否:可

傍聴者数:2人

出席委員:飯田委員、伊藤委員、川口委員、川端委員、久保委員、
     倉橋委員、中島委員、松尾委員、松中委員、丸山委員、
     美濃委員 (五十音順)

3.議題

1 食育推進計画について

2 データヘルス計画について

3 「第2次・健康たかつき21」の取組状況について

4 その他
   ・高槻市立総合保健福祉センター改修に向けた建物状況調査等について

  

4.配布資料

  • 第3回高槻市保健医療審議会 次第
  • 高槻市保健医療審議会 委員名簿 
  • 第3回高槻市保健医療審議会 配席図

<資料1-1> 本計画における主な変更点

<資料1-2> 第2次・健康たかつき21(追補版)(食育推進計画)(素案)

<資料1-3> 今後のスケジュール(予定)

<資料2-1> 高槻市国民健康保険データヘルス計画(素案)

<資料3-1> 「第2次・健康たかつき21」の取組状況について

<資料3-2> 行政の取組一覧

<資料3-3> 団体の取組一覧

5.担当課

健康福祉部 保健所 健康医療政策課

6.審議の内容

事務局

 定刻となりましたので、ただ今から第3回高槻市保健医療審議会を始めさせていただきます。委員の皆様方におかれましては、大変お忙しい中、ご出席いただきまして、誠にありがとうございます。

 はじめに、事務局職員の紹介及び資料確認をいたします。

「事務局職員紹介」

「資料確認」

 それでは、議事に入らせていただきます。以後の進行は会長にお任せいたします。よろしくお願いいたします。

 

会長

 会議が円滑に進むよう努めてまいりたいと考えております。委員の皆様方におかれましては、それぞれの立場から活発なご意見をいただきますよう最後までご協力の程よろしくお願いいたします。

 ただ今、ご出席いただいております委員の方は、17名中11名でございます。

 高槻市保健医療審議会規則第3条第2項の規定に基づき、過半数を超えておりますので、本会議は成立しておりますことをご報告いたします。

 

会長

 続いて、傍聴希望者の状況について、事務局から報告をお願いします。

 

事務局

 2名の方が傍聴を希望されております。

 

会長

 「高槻市保健医療審議会の会議の公開に関する要綱」に基づき傍聴を認めます。入室してください。

 

会長

 議題(1)の「食育推進計画について」に進めさせていただきます。

 事務局から説明をお願いします。

 

事務局

 議題(1)について説明

 

委員

 まず、資料1-1の本計画における主な変更点について、1ページの基本目標と施策の方向を見ると、新計画では基本目標が5つから3つに減るけれども、減るものの中でも健康に繋がるものはそれぞれ新計画に組み込んである。また、施策の方向は16項目から減っているものの、そのうち14項目は新計画に含まれており、前計画の「3 食文化を守り、育てる」の「3.地産地消・旬産旬消の推進」に関しては農林業振興ビジョンに含まれているとのこと。ところで、前計画の「3 食文化を守り、育てる」の「2.生産者と消費者との交流」についての記述がないが、この点はどのようにされるのかお聞かせ願いたい。

 

事務局

 前計画の「3 食文化を守り、育てる」の「2.生産者と消費者との交流」につきましても、農林業振興ビジョンで推進していただくように考えております。

 

委員

 分かりました。次に、資料1-1の2ページの数値目標の、「11朝食を家族と一緒に食べる市民の割合」、「12 夕食を家族と一緒に食べる市民の割合」、「13朝食又は夕食を家族と一緒に食べる「共食」の回数の増加」についてです。資料1-2の計画素案の18ページの「8.家族との共食の頻度(朝食)」が資料1-1の数値目標の「11朝食を家族と一緒に食べる市民の割合」に該当し、資料1-2の計画素案の18ページの「9.家族との共食の頻度(夕食)」が資料1-1の数値目標の「12夕食を家族と一緒に食べる市民の割合」に該当します。資料1-2の計画素案の18ページの「8.家族との共食の頻度(朝食)」では一般成人の約半分の方はほとんど毎日、家族と共食されていますが、一番家族との共食の頻度が少ないのは高校生で、全体に対する「ほとんど毎日食べる」の占める割合は低くなっています。特に気になった点は、資料1-1の数値目標の「13朝食又は夕食を家族と一緒に食べる「共食」の回数の増加」で、現状値では9.0回となっていますが、例えば資料1-2の計画素案の18ページの「8.家族との共食の頻度(朝食)」の一般成人の場合では、46.2%が「ほとんど毎日食べる」となっている。ということは、半数近くの方が、月30回朝食を家族と一緒に食べていることになる。資料1-2の計画素案の18ページの「9.家族との共食の頻度(夕食)」を見ると、明らかに朝食より家族と共食されている頻度は高くなっている。この中で、何度計算しても、資料1-1の数値目標の「13朝食又は夕食を家族と一緒に食べる「共食」の回数の増加」の平成27年度現状値の9.0回という数字が出てこない。個人的には9.0回よりもっと多いと思うのですが、どのような計算式で平成27年度現状値を出しているのですか。また、「朝食又は夕食」で項目を設定しているので、より分かりにくくなっていると思いますが、実際にこの数値目標を継続して設定していくのであれば、この項目の計算式についてもっと分かりやすい説明をしてもらわないと伝わりにくいと思います。具体的にどのような計算式で9.0回という現状値が出されているのかを教えてください。

 

事務局

 資料1-1の数値目標の「13朝食又は夕食を家族と一緒に食べる「共食」の回数の増加」における回数は、1週間の回数になっており、全て共食した場合は14回になります。実際には、「ほとんど毎日食べる」という方は6.5回、「週に4~5日食べる」という方は4.5回というように、それぞれ朝食・夕食で計算し、それを積み上げた数字が9回になっています。

 

委員

 それならば、少なくとも週に何回なのかという記述がないと分からない。私は、月単位でかつ、「週に4~5日食べる」という項目は少ない方の数値で計算していました。「13朝食又は夕食を家族と一緒に食べる「共食」の回数の増加」における回数はもう少し分かりやすく記述してください。

 

事務局

 分かりやすく記述させていただきます。

 

委員

 資料1-1の1ページの基本目標と施策の方向の中で「食楽ネットワークの充実」という記述がありますが、食楽ネットワークが実際にどういう状況なのかを教えていただきたい。

 

事務局

 食楽ネットワークについては、資料1-2の計画素案の45ページと62ページに記載があります。45ページの食育の代表的な取組の中に食育フェアがありますが、その食育フェアに出展していただく形で、食楽ネットワークの構成団体様にはご参画していただくとともに、高槻市の食育に関してご意見があれば随時頂いているところでございます。

 

委員

 もう1点よろしいでしょうか。資料1-2の計画素案の61ページに食楽ネットワークの丸い図がありますが、実際はここまで立ち上がっていないと考えていいのですか。それとも、計画素案に記載があるということは、このようなネットワークを立ち上げる予定ということでしょうか。

 

事務局

 食育に関するご意見を頂戴したり、イベントにご参画していただくような主体の集まりを食楽ネットワーク会議と言わせていただいているのですが、食楽ネットワークというのは会議体があるわけではなく、食に関連する団体がそれぞれの立場で役割を担っていただくことで、市全体として食育を盛り上げていくという意味において、食に関連する団体の主体的な集まりを食楽ネットワークと呼ばせていただいております。

 

委員

 それは、ある意味で絵に描いた餅ではないでしょうか。概念的なものであれば、概念図という形で記述をした方が良いと思いますので、検討していただければと思います。また、本来ならば、食楽ネットワーク会議という会議体があり、その構成団体が各自で取組を行いながらネットワークを広げていくというのがあるべき姿だと思いますが、単に理想を掲げているだけでは話にならないので、実際にネットワークを作っていかないと地産地消もできませんし、健康と市民と食育をどのように繋いでいくかということに関する取組も進んでいかないと思いますので、ネットワークづくりは大切だと思います。実際にネットワークを立ち上げていくならばしっかりやってほしいと思うので、質問させていただきました。今、お話したことは要望に留めておきます。

 

会長

 他にございませんか

 

委員

 先ほど委員からご質問のあった件と重なりますが、資料1-1の1ページの前計画の基本目標の「3食文化を守り、育てる」の1.「日本型食文化の継承」の内容は新計画の基本目標にも記述がありますが、2.「生産者と消費者との交流」3.「地産地消・旬産旬消の推進」については農林業振興ビジョンで推進するという説明であったと思いますが、それはそれで考え方は理解できるのですが、農業者を振興するというよりも資料1-2の計画素案の83ページの国の資料である日本人の長寿を支える「健康な食事」を構成している要因例の中の「食材」で、「旬の食材の利用」や「地域産物の利用」が記載されていますが、そのような方向から例えば資料1-2の34ページの5.伝統的食文化の継承のところで、農業者を振興するという視点ではなくて、本来的には地域で取れた旬のものを頂くことが食で言うところの健康の源であるという考えから、地域で取れた産物を消費者側から利用するという視点で考えれば、消費者の立場の記述ができるのではないかと考えますが、ここでは意見に留めておきます。

 

事務局

 委員のご意見は、国の食育推進基本計画にも地産地消・旬産旬消の部分は記載がされていますが、7年間の食育の推進の取組等も踏まえて今回アンケートをさせていただきました。アンケートの結果から見えてくる部分としては、一般成人についてはまだまだ食育の推進が必要であるという結果が出ておりましたので、その手段の1つとして、食育の目的をより明確化していきたいと考えております。食育と健康を考えて基本目標を再編する中で、地産地消・旬産旬消の部分については今回、農林業の振興という意味合いだけではないのですが、農林業振興ビジョンで推進していただくということでまとめさせていただいた次第です。

 

委員

 もう1点、資料1-2の58ページの3つめの3.学校給食への食材の提供について、小学校に地元産農産物を提供していると記述があるが、今は中学校でも給食を実施しており、中学校にも地元産農産物を提供していると思うのですがどうですか。

 

事務局

 中学校給食にも地元産農産物は入っていると思いますので、確認の上、修正させていただきます。

 

委員

 非常に良い食育推進計画ですし、作成されるのは大変だったと思います。質問ですが、この計画の中身を具体的に実行する上で、市民の間で年収数千万の方から年収100万~200万位の方まで、経済的レベルの差があると思いますが、この食育推進計画はどの位の経済的レベルの市民の方をターゲットとして考えられているのか、また、経済的レベルが低い方に対してこの計画を提示しても実効性が低いと思いますが、その点について市としてどのようにフォローしようと考えておられるのか、以上2点について質問させていただきます。

 

事務局

 計画の実効性につきまして、この食育推進計画につきましては経済レベルまで鑑みて実効性を突き詰めて策定しているものではなく、市民全般を対象としております。ただ、その中でも大人の傾向、子どもの傾向というものはございますので、そのような部分につきましては突き詰めて取り組んでいきたいと思っています。

 

会長

 他にございませんか。

 

全員

 なし

 

会長

 質問がないようですので、次の議題に移らせていただきます。議題(2)の「データヘルス計画について」に進めさせていただきます。事務局から説明をお願いします。

 

事務局

 議題(2)について説明

 

会長

 ただ今の説明についてご意見・ご質問等はありませんでしょうか。

 

委員

 非常に良くまとまった素晴らしい分析結果となっています。このように分析されて、この計画が進んだ場合、非常にハイグレードな医療行政になるだろうと感心しております。

 今回の分析結果の中で、大分類で1人当たり医療費が1位になっていた「精神および行動の障害」のところについて調べてみました。病院ではDPCと言って、一つの疾患に対する支払額が決まっており、入院日数が短くなっております。ただし、精神科は入院期間が長く、10年以上の人が8万人、5年以上の人が14万1500人となっており、19万人から25万人が毎日入院している状況で問題となっております。会計検査院が調べたデータでも、医療施設に入院されている患者さんが、退院後の行き先を調べていないなど退院後のことをあまり考えていないとのデータが出ています。精神科の病床数が削減されていく傾向の中、今後、国から何らかの方向性が示されるのではないかと思います。この他、透析、腎不全、糖尿病性腎症についても非常に詳しく分析されていました。総じて全体的に良くまとまっている計画であると思います。

 

会長

 他にございませんか。

 

委員

 素朴な質問ですが、データヘルスはビックデータだと思いますが、この分析で個人が特定され、例えば医療機関を何箇所も回っている方に指導するなど、このデータが利用されることはあるのでしょうか。

 

事務局

 現在でも、重複受診の方は医療給付課でわかりますので、対象の方に訪問やお電話をさせていただき、ご事情をお聞きしております。

 

委員

 薬は、重複服薬をした場合、副作用の問題などの注意が必要だと思います。しかし、病院を重複して受診するには理由があると思いますので気になっておりました。重複受診の取組は始めているのですね。

 

事務局

 実施しております。

 

委員

 わかりました。

 

委員

 素案の47ページと48ページに書かれている糖尿病に関して、患者一人当たりの医療費が500万を超えており、非常に大きい金額だと思います。

 全体を見た中では、特に2.型糖尿病から対策を図っていくのが良いと思います。食べ過ぎや運動不足などが影響するものであり、2.型の糖尿病についてなんとか手を打つべきだと思います。

 先月から私自身が取り組んでいることですが、1日に1万5千歩以上を歩いて食事も変えました。その結果、体重が10キロ、体脂肪が5%、ウエストが8センチ減りました。また、血圧も上が140から120に下がり、コレステロールや肝機能も著しく改善しました。今回、報告いただいた中では、積極的な働きかけができていないのは否めないと思います。私自身もなかなか妙案が浮かばないのですが、例えば、高槻市で言えば、バス停に歩くための消費カロリーの表示をしています。自分自身もスマホの歩数計機能を使っており、家に帰る時に1万5千歩に達してない場合は家の周りをパトロールがてらに回っています。1日に1万5千歩を歩くことは大変ですが、続けています。また、高槻市では健幸ポイントを始めましたが、例えばこれをスマホと連動させて、ウォーキングをされている方々については、子ども達の見守りも含めて登下校の時間帯にウォーキングをされた場合に健幸ポイントを2倍にするなどが可能だと思います。子どもの見守りを誰かにやってくださいと言っても難しいと思いますので、健幸ポイントを絡めるなど複合的な方法があると思います。参考までに、他の自治体では、犬の散歩を登下校の時間にお願いするなど子どもの見守りに役立てている自治体も出てきています。

 そのような形で疾病の重症化に至る前に、何らか手を打つなど積極的なことができないか、是非、皆さんと一緒に自分も考えたいと思います。それらを行うことで、医療費も抑えられますし、健康寿命も延びていきます。

 繰り返しになりますが、一番、力を入れるべきなのは、2.型糖尿病だと思います。重症化しないように、もっと積極的に取り組めるようにお願いします。他の委員がおっしゃられたように、せっかくリアルなデータが出ましたので、うまく活かしていくように是非お願いします。

 

事務局

 貴重なご意見をありがとうございました。

 是非、参考にさせていただきたいと思います。

 

委員

 本当によく解析されたデータで、感心して拝見致しました。福祉関係においても、いかにコストを低くして、最大の効果を上げるか、いかに少ない保険料で行うかが問題になると思います。

 今、高槻市の総合計画の数値目標があります。そこには、健康寿命の延伸、3大死因による死亡率の減少が掲げられています。これに対してどのような課題があり、どのような取組をするのかについて概念的なことは書かれていると思いますが、もう一歩踏み込んだ具体的な施策が少し欠けているのかなと思います。分析した結果、腎臓機能の問題にお金がかかるとか、ジェネリック後発医薬品に変更したらこれだけ削減できるというデータがここにある訳ですから、それらをもう一歩踏み込んで、具体的な方針を盛り込んだものにしていただいたら、より素晴らしいものになるのではないかと思います。

 

事務局

 貴重なご意見をありがとうございます。

 今、委員のおっしゃられたご意見のもう一歩踏み込んだ部分でございますが、今回、健康課題が分析によって抽出されました。そして、取り組むべき方向性について9つの取組を事務局として提案させていただきました。提案しました今後の取組について、事業の継続方法、新規事業の取組手法につきましては、医療関係者とともに連携して、さらに検討を深めていきたいと考えております。

 

会長

 ほかに何かございませんか。

 

委員

 がん検診受診率向上について、高槻市がワンコイン検診を無料化されましたが、受診率が上がったのかどうか聞かせてもらいたい。また、受診率の向上のため、保健施設を整備してほしいと言い続けて3年くらい経ちますが、現状はどうなっているのか、2点をお聞きしたいです。

 

事務局

 1点目のがん検診受診率ですが、9月1日から無料化の取組を始めて2か月半になります。各医療機関から受診のデータが順にまわって来ているタイミングですので、まだ具体的に受診率がいくら上がっているということは申し上げにくいのですが、無料化前に比べると受診票がまわってくる量は増えていますので、増加傾向であることは間違いございません。また、集団検診では、定員がほぼ埋まるような状況ですので、無料化の成果は出ているものと認識しています。来年度の保健医療審議会では、まとまった結果をお答えできるかと思っています。

 2点目の保健センターの改修ですが、本日の次第、その他の報告案件のところでご報告をさせていただく予定です。6月議会で改修調査について予算が措置され、入札が済み、契約締結の運びとなりましたので、後ほど改めてご報告をさせていただきたいと思います。

 

会長

 ほかに何かございませんか。

 

委員

 もう一つ、基本的なことですが、この計画について4ページで来年度からとなっていますが、このペースで策定して間に合うのでしょうか。パブリックコメントや、議会、審議会などペース的なものはいかがでしょうか。

 

事務局

 ご質問の計画策定のペースについて、まず、パブリックコメントは、国民健康保険加入者の計画ですので、実施する予定はございません。

 また、議会につきましては、12月議会で本計画の素案をお示しし、3月議会で素案の報告をさせていただく予定でございます。それまでに再び保健医療審議会で、この素案の修正点や変更点についてご報告し、ご審議いただきたいと思っております。具体的な保健事業の取組につきましては、来年度の上半期で取組手法を検討し、下半期から取組を実施する予定でございます。

 

会長

 他にございませんか。

 

全員

 なし

 

会長

 他に質問がないようですので、次の議題に移らせていただきます。議題(3)の「第2次・健康たかつき21の取組状況について」に進めさせていただきます。事務局から説明をお願いします。

 

事務局

 議題(3)について説明

 

会長

 ただ今の説明についてご意見・ご質問等はありませんでしょうか。

 

全員

 なし

 

会長

 質問がないようですので、議題4 その他に移らせていただきます。「高槻市立総合保健福祉センター改修に向けた建物状況調査等について」進めさせていただきます。事務局から説明をお願いします。

 

事務局

 議題(4)その他について説明

 

会長

 ただ今の説明についてご意見・ご質問等はありませんでしょうか。

 

全員

 なし

 

会長

 事務局からその他、報告事項等はございませんか。

 

事務局

 事務局から連絡事項ですが、次回の保健医療審議会につきましては、2月の上旬から中旬にかけて予定しておりますので、よろしくお願いします。


会長

 それでは、せっかくの機会ですので、委員の方からその他のご意見やご質問はありませんか。

 

全員

 なし

 

会長

 本日、各委員からいただきましたご意見の処理につきましては、会長にご一任いただいてもよろしいでしょうか。

 

<異議なしの声>

 

 

会長

 それでは、事務局と調整しながら、必要な対応をさせていただきます。

 これで、本日予定しておりました議題は全て終了しました。

 貴重なご意見、ありがとうございました。

 本日はご多忙の中、各委員の皆様、ご出席をいただきありがとうございました。

 これで平成27年度第3回保健医療審議会を閉会いたします。

 

お問い合わせ先
高槻市 健康福祉部 保健所 健康医療政策課
住所:〒569-0052 高槻市城東町5-7  地図
電話番号:072-661-9330
ファクス番号:072-661-1800
お問い合わせフォーム(パソコン・スマートフォン用
※内容によっては回答までに日数をいただく場合があります。

ページの先頭へもどる