現在の位置

C型肝炎特別措置法に基づく給付金の請求には、平成30年1月15日までに訴訟提起が必要です。

平成6年頃までに出産や手術での大量出血などの際に、血液から作られた医薬品(フィブリノゲン製剤・血液凝固第9因子製剤)が使用されたことによって、C型肝炎ウイルスに感染された方へのお知らせです。

C型肝炎特別措置法に基づく給付金とは?

特定のフィブリノゲン製剤や特定の血液凝固第9因子製剤の投与によってC型肝炎ウイルスに感染した方々が提起した「C型肝炎訴訟」の解決を図るため、「特定フィブリノゲン製剤及び特定血液凝固第9因子製剤によるC型肝炎感染被害者を救済するための給付金の支給に関する特別措置法」(C型肝炎特別措置法)が平成20年1月16日に施行されました。この法律に基づき、出産や手術での大量出血などの際に特定のフィブリノゲン製剤や特定の血液凝固第9因子製剤を投与されたことにより、C型肝炎ウイルスに感染した方(相続人を含む)に対して、症状に応じた給付金が支給されています。

給付金を受け取るには?

1.訴訟提起

C型肝炎特別措置法に基づく給付金の支給を受けるためには、請求期限である平成30年1月15日までに国を相手とした訴訟提起が必要です。

裁判では、以下の点について確認が行われます。

製剤投与の事実

血液から作られた医薬品(フィブリノゲン製剤・血液凝固第9因子製剤)が使用されたこと

因果関係

その医薬品が使用されたことによってC型肝炎ウイルスに感染したこと

症状

C型肝炎などの症状

このうち、「製剤投与の事実の確認」には、その医薬品が使用された当時の診療録(カルテ)あるいはこれに代わる証拠が必要になります。その当時の診療録(カルテ)やこれに代わる証拠を、出産や手術を受けた医療機関に請求する場合の資料を厚生労働省の研究班が作成しています。資料の請求等詳しくはこちらをご覧ください。

外部サイトへ長崎医療センター肝疾患相談支援センター「輸血・血液製剤投与を受けられた医療機関への診療録(カルテ)等開示請求に関する資料の請求について」

2.給付金の請求

裁判で事実関係が認められる旨の判決が確定または和解・調停が成立した場合に、独立行政法人医薬品医療機器総合機構に給付金の支給を請求してください。請求期限は、平成30年1月15日か、和解等が成立した日から1カ月以内のいずれか遅い日です

厚生労働省等のホームページ

外部サイトへ政府広報オンライン

外部サイトへ厚生労働省HP(出産や手術で大量出血した方等へ)

外部サイトへ厚生労働省HP(出産や手術での大量出血などの際のフィブリノゲン製剤・血液凝固第9因子製剤の投与によりC型肝炎ウイルスに感染された方々へ)

厚生労働省等の問い合わせ先

当該給付金の仕組み等に関してご不明な点がございましたら、厚生労働省又は独立行政法人医薬品医療機器総合機構(PMDA)までお問い合わせください。

機関名 電話番号 受付時間
厚生労働省フィブリノゲン製剤等に関する相談窓口 0120-509-002 9:30~18:00
独立行政法人医薬品医療機器総合機構(PMDA) 0120-780-400 9:00~17:00

(注意)土・日・祝日・年末年始を除く

肝炎ウイルス検査を受けていますか?

出産や手術での大量出血などの際に、血液から作られた医薬品(フィブリノゲン製剤・血液凝固第9因子製剤)が使用された方や身に覚えのある方で、まだ肝炎ウイルス検査を受けていない方は、まずは検査を受けましょう。

本市におけるC型肝炎ウイルス検査についてはこちらをご覧ください。

B型・C型肝炎ウイルス検査

肝炎ウイルス検診

本市におけるC型肝炎の相談窓口についてはこちらをご覧ください。

フィブリノゲン製剤を使用した可能性のある方へ

お問い合わせ先
高槻市 健康福祉部 保健所 健康医療政策課
住所:〒569-0052 高槻市城東町5-7  地図
電話番号:072-661-9330
FAX番号:072-661-1800
お問い合わせフォーム(パソコン・スマートフォン用
お問い合わせフォーム(携帯電話用
※フォームでのお問い合わせは回答までに日数をいただきます。
お急ぎの場合は必ずお電話でお問い合わせください。

ページの先頭へもどる