現在の位置

麻薬について

麻薬の特徴

がんの疼痛緩和に使用。依存性、耐性を引き起こすことから製造、流通は法律で厳しく規制されています。
ヘロインなどのあへん系麻薬は、皮膚が鳥肌立ち、全身の強烈な痛みと痙攣におそわれます(退薬症状)。大量に摂取すると死に至ることもあります。
ヘロインは、「ペー」、「チャイナホワイト」、「ジャンク」などの隠語で呼ばれている場合があります。

麻薬の精製

けし」から採取される「あへん」に含まれる「モルヒネ」を抽出して、科学的合成により作られたものが「ヘロイン」です。

けしの仲間(ケシ属植物)は、春から夏にかけて色あざやかで美しい大きな花を咲かせるものが多く、ガーデニングや切り花用の植物として人気があります。しかし、けしの仲間には、法律で栽培が禁止されているものがあります。これらは、外観の特徴から、園芸用のけしと区別できます。けしの仲間を正しく見分けましょう。

けしの見分け方

植えてはいけない「けし」

ケシ、アツミゲシ、ハカマオニゲシ

ケシ(ソムニフェルム種)

アツミゲシ(セティゲルム種)

ハカマオニゲシとオニゲシ

植えてもよい「けし」

オニゲシ、その他(主なもの)

ハカマオニゲシとオニゲシ

植えてもよいけし(主なもの)

お問い合わせ先
高槻市 健康福祉部 保健所 健康医療政策課
住所:〒569-0052 高槻市城東町5-7  地図
電話番号:072-661-9330
ファクス番号:072-661-1800
お問い合わせフォーム(パソコン・スマートフォン用
※内容によっては回答までに日数をいただく場合があります。

ページの先頭へもどる