現在の位置

住民票所在地(住所地)以外での接種を希望する方へ

新型コロナワクチンの接種については、原則、住民票所在地(住所地)の市町村において接種することになっています。

ただし、単身赴任や出産のための里帰りなどのやむを得ない事情がある場合は、例外として、住民票所在地以外で接種することができます(住所地外接種)。

高槻市外に住民票のある方で、高槻市での接種を希望する方は、下記をご確認の上、事前に届出を行ってください。(一部届出が不要な場合があります。)

※高槻市に住民票のある方が、他の市町村で接種する場合の手続き等は、その市町村にお問い合わせください。 

住所地外接種の対象者

届出が必要な方

  • 出産のために里帰りをしている妊産婦の方(ただし、主治医の元で接種する場合は届出不要)
  • 単身赴任中の方
  • 遠隔地へ下宿している在学中の方
  • ドメスティック・バイオレンス、ストーカー行為の被害や児童虐待及びこれらに準ずる行為の被害を受けている、または受けた方
  • その他、やむを得ない事情があり住所地以外に居住している方
  • その他、市町村長がやむを得ない事情があると認める方

※かかりつけ医が高槻市にある(基礎疾患のある場合除く)、通勤通学先が高槻市であるなどは、やむを得ない事情とは認められません。

以下の方は届出が不要です。

  • 入院、入所をしている方
  • 通所による介護サービス事業所等で接種が行われる場合における当該サービスを利用する方
  • 基礎疾患をもち、主治医の下で接種をする方
  • コミュニケーションに支援を要する外国人や障がい者等で主治医の下で接種をする方
  • 副反応のリスクが高い等のため、体制の整った医療機関での接種を要する方
  • 市町村外の医療機関からの往診により在宅で接種を受ける方
  • 災害による被害にあった方
  • 勾留または留置されている方、受刑中の方
  • 国または都道府県等が設置する「大規模接種会場」で接種を受ける方(会場ごとの対象地域に居住している方に限ります)
  • 職域接種を受ける方
  • 住所地外接種をされる方で、市町村に対して申請を行うことが困難である方 

住所地外接種の申請方法

申請方法は、Web申請、郵送申請のいずれかとなります。

Web申請 ※即日交付

下記の厚生労働省のWebサイト「コロナワクチンナビ」より手続きをしてください。

外部サイトへ厚生労働省「コロナワクチンナビ」

郵送申請 ※10日程度で交付

下記の申請書をダウンロードし、必要事項を記入のうえ、住所地で発行済みの接種券の写し(コピー)を添付してご提出ください(郵送料は自己負担)。

提出先

郵便番号:569-0067

大阪府高槻市桃園町2番1号

高槻市新型コロナワクチンコールセンター

住所地外接種届(新型コロナウイルス感染症)(PDF:424.9KB)

届出後の流れ

住所地外接種届出済証の交付

  • Web申請の場合は、Web上で「住所地外接種届出済証」が交付されますので、印刷、もしくは、画面キャプチャーを取得してください。
  • 郵送申請の場合は、本市において内容の確認を行ったうえで、「住所地外接種届出済証」を交付いたします。

接種時の持ち物

交付された「住所地外接種届出済証」及び「住所地で発行済みの接種券」「本人確認書類(マイナンバーカード、運転免許証、健康保険証等)」「予診票(事前にご記入ください)」を持って、予約をした医療機関等で接種を受けてください。

市の予約システムでのオンライン予約はできません。

※住所地外接種の場合は、高槻市の接種券番号がないためオンライン予約はできません。集団接種を希望される場合は、ワクチンコールセンター(0120‐090‐555)にお電話ください。

関連リンク

新型コロナウイルス感染症ワクチン(トップページ)

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

ページの先頭へもどる