現在の位置

入院時の食事代

入院したときは、食費の標準負担額を負担していただきます。
低所得(非課税世帯)の方は、負担額の減額が受けられます。

食費の標準負担額(所得区分別)

現役並み所得者

負担額(1食当たり)…460円(平成30年4月から)

指定難病患者(注1) 負担額(1食当たり)…260円

一般

負担額(1食当たり)…460円(平成30年4月から)

指定難病患者(注1) 負担額(1食当たり)…260円

低所得2 90日以内の入院(過去12ヶ月の入院日数)

負担額(1食当たり)…210円

低所得2 90日を超える入院(過去12ヶ月の入院日数)

負担額(1食当たり)…160円(注2)

低所得1

負担額(1食当たり)…100円

注1:平成28年3月31日において、1年以上継続して精神病棟に入院していた者であって、引き続き医療機関に入院する者についても経過措置として、対象となります。

注2:減額の適用を医療機関で受けるには、申請が必要です。

 

 

療養病床に入院したとき

療養病床に入院した場合は、食費と居住費の一部を負担していただきます。 

※入院医療の必要性が高い状態が維持する患者(難病の方は除く)については、入院時の食事代と居住費(1日当たり200円)の負担となります。

 

現役並み所得者、一般

1食当たりの食費…460円(420円)(注1) 
1日当たりの居住費…370円

低所得2

1食当たりの食費…210円   
1日当たりの居住費…370円

低所得1

1食当たりの食費…130円   
1日当たりの居住費…370円

低所得かつ老齢福祉年金受給者

1食当たりの食費…100円   
1日当たりの居住費…0円

注1:管理栄養士または栄養士により栄養管理が行なわれているなどの場合460円それ以外は420円

 

 

低所得2・1について

低所得2・1の判定は、下記に基づいています。

低所得2

住民税非課税世帯に属する被保険者

低所得1

・住民税非課税世帯のうち、世帯全員の各所得が0円となる方。
ただし、公的年金等控除額は80万円として計算。
・住民税非課税世帯に属する老齢福祉年金を受給している被保険者

注釈:低所得2・1の判定については、毎年8月1日現在で、世帯全員の所得と課税状況により定期判定を行ないます。
定期判定以外でも、世帯構成の変更や所得更正などにより、判定が変更になる場合があります。
この判定の際に対象となる所得は、4月から7月までは前年度、8月から翌年3月までは当該年度の所得を用います。

注釈:入院の際に低所得2・1の適用を受けるためには、医療機関の窓口で「後期高齢者医療限度額適用・標準負担額減額認定証」を提示いただく必要があります。

 

お問い合わせ先
高槻市 健康福祉部 医療給付課 医療助成チーム(9-1番窓口)
高槻市役所 本館1階
電話番号:072-674-7178
お問い合わせフォーム(パソコン・スマートフォン用
※フォームでのお問い合わせは回答までに日数をいただく場合があります。
お急ぎの場合は必ずお電話でお問い合わせください。

ページの先頭へもどる