現在の位置

保険料の納め方

年金受給額等によって、「特別徴収」と「普通徴収」の2通りに分かれます。
保険料の徴収事務は、高槻市が行ないます。

特別徴収(年金天引き)

原則として、年額18万円以上の年金受給者は、毎年度4月から年6回の年金支給の際、その年金から直接お支払いいただきます。

仮徴収

 

1期

2期

3期

4月

6月

8月

 

この間は、前年度2月の徴収額と同額になります。

1回あたりの徴収額が平均的になるように平成29年度から新たに、6月・8月の仮徴収額の変更を実施します。

本徴収

 

4期

5期

6期

10月

12月

2月

 

確定した年間保険料から仮徴収額を差し引いて、3回に分けて支払います。
 

特別徴収(年金天引き)を口座振替に変更できます

保険料を特別徴収(年金天引き)で納めることになっている方で、口座振替でのお支払いを希望する方は、 高槻市の窓口(7-2番窓口)でお申出いただき、認められた場合は、 口座振替による納付が可能になります。

この場合、「支払方法変更申出書」の提出時期により、特別徴収を中止できる月が異なりますので、ご了承ください。

また、後期高齢者医療保険料を支払った方については、所得税および個人住民税の社会保険料控除の適用が受けられます。

保険料を年金から直接納められた場合は年金受給者本人が、社会保険料控除の適用を受けますが、配偶者や世帯主の口座振替により支払う場合は、その口座から保険料を納付した配偶者や世帯主が社会保険料控除の適用を受けます。

これにより、世帯全体でみたときの所得税・個人住民税の負担が変わる場合がありますので、ご注意ください。

注釈:後期高齢者医療保険料と介護保険料との合算額が年金受給額の2分の1を超える場合は、普通徴収となります。
また、特別徴収の対象となる方でも、年度中で所得の更正があり保険料額が変更されたときなど、事情により普通徴収になる場合があります。

普通徴収(納付書などで納入)

 

1期

2期

3期

4期

5期

6期

7期

8期

9期

7月

8月

9月

10月

11月

12月

1月

2月

3月

 

特別徴収の対象とならない方は、毎年7月から翌年3月までの9期の納期に、納付書や口座振替などで保険料を納めていただきます。

確定した年間保険料を9回に分けて支払います。

注:6月までの間に資格を喪失された方は、別途その期間の保険料に相当する納付書を送付いたします。

保険料に関する問合先

国民健康保険課 資格チーム 市役所本館1階7-1番窓口
電話 072-674-7075
国民健康保険課 徴収チーム 市役所本館1階7-2番窓口
電話 072-674-7076

お問い合わせ先
高槻市 健康福祉部 医療給付課 医療助成チーム(9-1番窓口)
高槻市役所 本館1階
電話番号:072-674-7178
お問い合わせフォーム(パソコン・スマートフォン用
※フォームでのお問い合わせは回答までに日数をいただく場合があります。
お急ぎの場合は必ずお電話でお問い合わせください。

ページの先頭へもどる