現在の位置

緊急事態宣言解除に伴う障がい者福祉センターの対応について

【令和3年9月29日更新】

 

緊急事態宣言が解除されるとともに、大阪府からは、感染防止対策を徹底するよう府民等への要請が示されたことを踏まえ、障がい者福祉センターでは、下記のとおり対応します。

新型コロナウイルス感染症予防のため、ご理解、ご協力をよろしくお願いします

 

閉館時間の変更

閉館時間を、令和3年10月1日(金曜日)から31日(日曜日)まで、午後9時(第1・3日曜日は通常どおり午後5時)とします。そのため、会議室等の利用は、午後8時45分までとします。(9月30日までは午後8時まで、会議室等の利用は、午後7時45分まで)

会議室・研修室の利用について

大阪府の要請にもありますとおり、感染防止対策を徹底するため、以下のルールを厳守いただきますようお願いします。

利用者の皆様に協力をお願いする内容

  1. 利用の際は、手指消毒・マスク着用をお願いします。
  2. 体温は、自宅で検温してきてください。検温されていない方や、37.5度以上もしくは平熱比1度以上超過の発熱がある方、体調不良(呼吸困難・強いだるさ・軽度であっても咳込み・咽頭痛・味覚障害・嗅覚障害等)の方は利用を控えてください。
  3. 万が一感染者が発生した場合の事後対応(保健所が行う濃厚接触者の調査等)をスムーズに行うため、利用者名簿を作成し、氏名・住所・連絡先・体温・体調等を記録します。会議室・研修室等を利用する前に、必ず1階事務室にお越しください。
  4. 人と人との距離を2メートル程度確保するため、会議室・研修室、送迎バス等の利用人数を制限しますので、厳守してください。また、送迎バスの車内での会話は控えてください。
  5. 会議室・研修室内等では、人同士が対面で行うものや、息があがる行為、器具等を消毒せずに使いまわす行為等、感染のリスクがある行為はおやめください。
  6. 廊下やエレベータホール、1階ロビーなどで、長時間の会話・滞在はご遠慮ください。
  7. 食事する際の感染リスクが高いとされているため、会議室での食事は禁止とし、調理実習室の使用も中止とします。
  8. 高唱を伴う利用(大声での発声、詩吟、歌唱など)を再開しますが、利用にあたっては、利用人数の制限等、感染拡大防止対策を徹底してください。

障がい者福祉センターの取組

  1. 机・イス・手すり等の消毒を行います。
  2. 窓・ドアの開放による自然換気と、空調機器による機械換気を行います。
  3. 人と人との距離を2メートル程度確保するため、会議室・研修室、送迎バス等の利用人数を制限します。
お問い合わせ先
高槻市 健康福祉部 福祉事務所 障がい福祉課 障がい者福祉センター
住所:高槻市城内町1-11 地図
電話番号:072-672-0267
ファクス番号:072-661-3508
お問い合わせフォーム(パソコン・スマートフォン用
※内容によっては回答までに日数をいただく場合があります。

ページの先頭へもどる