現在の位置

障がい者虐待を防止しましょう

障がい者虐待を防止しましょう

平成24年10月1日より、「障害者虐待の防止、障害者の養護者に対する支援等に関する法律」(障害者虐待防止法)が施行されました。

虐待は、どこにでも起こる可能性があると思いますか?思いませんか?あなたがストレスがたまっているときに、あなたの隣にいる障がい者が話しかけてきたり、大きな声を上げたり、泣いたり行動障がいが激しくなったりしたとき、傷つけようと自覚していなくても、結果的に無視したりすることはありませんか。また、障がい者の周囲にいる人たちも、「あれくらい大したことがないわ。」「仕方がない。」として見て見ぬフリをしてしまうことはありませんか。

障がい者を虐待から守るため、また養護者を支援し、障がい者の権利擁護を守るためにこの法律が作られました。『障がいのある人もない人も、ともに安心して暮らせる共生のまち 高槻』を作っていくために、早期発見早期予防をし、この機会をきっかけに些細なことが虐待の芽になることについて市民一人ひとりが考えていただければと思います。

障がい者虐待とは

「障害者虐待防止法」では、障がい者虐待を3類型に分類しています。

1.養護者による障がい者虐待

2.障がい者福祉施設従事者等による障がい者虐待

3.使用者による障がい者虐待

※使用者とは、障がい者を雇用する事業主又は事業の経営担当者その他その事業の労働者に関する事項について事業主のために行為をする者とされ、部長や課長等の形式にとらわれることなく、実質的に一定の権限を与えられている者を指します。

 

虐待を見かけたら通報をお願いします。次のような行為が虐待です。

~虐待をしている側、障がい者本人の自覚は問いません。

 

  • 身体的虐待・・・身体に外傷が生じるおそれのある暴力、正当な理由のない拘束
  • 性的虐待・・・わいせつな行為をすること、させること
  • 心理的虐待・・・著しい暴言や拒絶的な対応、不当な差別的言動など著しい心理的外傷を与える言動
  • 介護や世話の放棄・放任・・・衰弱させるような減食、長時間の放置など養護を著しく怠ること
  • 経済的虐待・・・本人の同意なしに財産や年金、賃金を使ったり勝手に運用し、本人が希望する金銭の使用を理由なく制限すること

障がい者虐待の判断にあたってのポイント

虐待かどうかの判断が難しい場合であっても、まずはご連絡を!下記のポイントは厚生労働省が作成したマニュアルからの抜粋です。

 

  • 虐待をしているという自覚は問わない
  • 障がい者本人の自覚は問わない
  • 親や家族の意向が障がい者本人のニーズと異なる場合がある

相談窓口

養護者、障がい者福祉施設従事者等、雇用先での障がい者虐待に関する通報又は届出、障がい者虐待防止に関する相談は・・・

高槻市障がい者虐待防止センター(障がい福祉課内)

電話 072-674-7164・072-674-7171

FAX 072-674-7188 

 

雇用先での障がい者虐待に関する通報又は届出は・・・

大阪府障がい者権利擁護センター

電話・FAX 06-6944-6615

障がい者虐待防止関連情報(マニュアルなど)

外部サイトへ障がい者虐待防止のための取り組み(大阪府)

外部サイトへ障害者虐待の防止、障害者の養護者に対する支援等に関する法律(障害者虐待防止法)

お問い合わせ先
高槻市 健康福祉部 福祉事務所 障がい福祉課
高槻市役所 本館1階
電話番号:072-674-7164
FAX番号:072-674-7188
お問い合わせフォーム(パソコン・スマートフォン用
お問い合わせフォーム(携帯電話用
※フォームでのお問い合わせは回答までに日数をいただきます。
お急ぎの場合は必ずお電話でお問い合わせください。

ページの先頭へもどる