現在の位置

デング熱の予防について

デング熱について

(1)概要

  • 蚊が媒介するウイルスによる疾患で、アジア、中南米、アフリカ等の世界の広範な地域で流行しています。
  • 発熱、頭痛、筋肉痛や皮膚の発疹等が症状として現れますが、症状は1週間程度で回復します。
  • 予後は比較的良好な感染症です。
  • ヒト(患者)―蚊―ヒトという経路で感染するため、ヒトからヒトに直接感染することはありません。また、感染しても発症しないことも多くみられます。

(2)予防法

  • 国内では、ヒトスジシマカがデング熱を媒介する可能性があるので、蚊との接触を避け、刺されないようにすることが重要です。
  • 皮膚が露出しないように、長袖シャツ、長ズボンを着用し、裸足でのサンダル履きを避けます。虫よけのスプレー等の利用は効果的です。

 

お問い合わせ先
高槻市 健康福祉部 保健所 保健予防課
住所:〒569-0052 高槻市城東町5-7  地図
電話番号:072-661-9332
ファクス番号:072-661-1800
お問い合わせフォーム(パソコン・スマートフォン用
※内容によっては回答までに日数をいただく場合があります。

ページの先頭へもどる